サーバ関連の最近のブログ記事

昨年10月にファイルサーバのOSバージョンアップとHDD交換を行なっています。

別に壊れたわけではなく、使い始めて3年ほど経過したので予防交換です。
ただ、費用や時間の都合で交換したのは2本あるHDDの1本だけ。もう1本は後日実施に。

で、その宿題状態となっていたHDD交換を先日実施しました。



作業は特に問題なし。コピーするだけですし。
とはいえ念の為いくつかファイルを選びコピー前後でMD5値を比較します。
結果は一致しましたのでコピーは成功していると思ってよいでしょう。

HDDは前回と同様Western DigitalのRedシリーズ6TBを選択しています。
6TB+6TBで総容量は12TBとなり、これでまたしばらくは安心して使えると思います。




・・・どの程度で予防交換するべきかちょっと計算しておこう。

24時間365日稼働なので1年間で8760時間稼働。
2年半で2万時間を超える。
3年半で3万時間を超える。


この辺で交換かなぁ。3万時間に特に意味はありません。何となくの指標です。
実際には省電力モードが働いたりして通電時間は実稼働時間より短い可能性があるでしょう。
加えてうちのファイルサーバは読み書きの頻度がそれほど高いわけではない。


そう考えると3年半利用しても十分耐えられると思いますし、それ以上使用することも可能でしょう。
が、ぶっ壊れた時のダメージ(主に精神的な)は大きいので壊れる前に交換したほうがよいと考えています。

ファイルサーバのCPUファンを交換

先日FreeNASを最新まで上げ、HDDも中途半端ながら増強した我が家のファイルサーバ。
な〜んかチリチリ音がすることに気が付きました。

最初はディスクの音かと思いましたがそうではない。ディスクの動作音より軽い音。
「チリチリチリチリ・・・・」という音が常に聞こえる状態です。


多分ファンだろう、とあたりをつけCPUファンを止めてみたらチリチリ音は停止しました。
何か引っかかったり、ホコリの付着状態の問題かな?と掃除してみましたが特に変わりなし。
ファンの回り始めは音がしなくてもしばらくするとチリチリ音が聞こえてしまいます。




CPUファンも3年以上休まず稼動してましたからねぇ。CPUクーラーごと交換してしまいましょう。
ちなみに他のファンは問題なし。

ということで交換用に購入したCPUクーラーがこちら。



MONOCHROME VALUE

MONOCHROME VALUE

サイズのMONOCHROME VALUE。安価なエントリーモデルです。1000円程度で買えます。
従って冷却性能や静音度合いは押して知るべし、であり期待は出来ません。


もちろんこれを選んだ理由があります。
以下の通り。

FreeNASをバージョンアップ + HDD交換

うちのファイルサーバはFreeNASで構築しています。
ふと気になってFreeNASのサイトみるとうちのFreeNASのバージョンがいい加減古くなってる。
現在8.3。2016年10月時点で最新は9.10。

メジャーバージョンだけを見ると1つしかあがっていないよう見えますが、実際には細かく9.1/9.2/9.3と出ています。
あんまり放置しすぎる後で苦労するので今回最新まで上げてしまうこととしました。


8.3から9.10に一気にバージョンアップするのは怖いので、少しきざむ。
8.3 > 9.1 > 9.3 > 9.10の順にバージョンアップ。
特に問題なし。無事9.10にバージョンアップできました。
そもそもsamba(CIFS)のみの利用で、プラグインや他の機能も一切使っていないのも上手くいった理由のひとつかもしれない。
単機能だからバージョンアップ後の確認も簡単だし。




これでめでたしめでたし・・・・・とは終わらなかった。
そもそもこのファイルサーバ導入したのいつごろだっけ?と調べてみたら3年以上前
HDDもそろそろ交換してあげないといけない。
SMART上でエラーは出ていないが、稼働時間は15,000時間を越えようとしているので変えておいたほうが無難だろう。


交換対象となるHDDは3TBが2本。どうせだったら容量の増加もしたい。
中途半端に増加しても面白くないので3TB2本を6TB2本とか。倍増。
メーカーはいつもどおりWestern Digitalにする。
せっかくだからNAS用のWD Redを選んでみよう。

6TBだと1本26,000円ぐらいだから・・・・2本で50,000円以上?




・・・・うん、そんなお金ない。
予算・容量・時間等々考慮した結果今回選んだのは以下のとおり。

  • WD Red 6TBを1本だけ買って片方だけ交換。もう片方は後日交換


そうと決まればさっさと購入してさっさと作業。
HDD入れ替えの単純作業です。コピーは仕掛ければ後は待つだけ。
時間は要しましたが(バックアップ取得も含め丸1日使った)作業は問題なし。





HDD交換という予定外の作業が発生しましたが結果オーライ。
もう片方のディスクについては予算が確保出来次第作業することにします。

ESXi 5.0 から 6.0にバージョンアップ

ESXi 6.0

自宅のESXi 5.0を6.0にバージョンアップしました。
昨年HDDを交換した際に「いい加減最新にバージョンアップしなくては・・・」と思ってましたが、ようやく実行。
今まではUSBメモリに新規インストールしていましたが、今回はCD-ROMからのバージョンアップを選択。
昔はddでUSBメモリに書き込むぐらいしか選択肢が無かったんですけどねぇ・・・・って相当前の話ですな。


CD-ROMからブートしてインストール先にUSBメモリを選択すると、既存のESXiからのバージョンアップ(Upgrade)を選べます。
Upgradeを実行してしばし待つ。しばらくすると上記の画面が出て作業完了。正味10分というところでしょうか。
バージョンアップ時に設定は引き継いでいます。
追加作業は6.0用のvSphere Clientをインストールしたのとライセンス投入ぐらい
すぐ使えました。


さて、バージョンアップによる変化は・・・・私の運用だと特になし。
HDDのSMART値が見れるようになったぐらい。
もともとSMART値を見るコマンドは用意されてましたがきちんと値が取れませんでした。
環境が悪いのかバージョンアップしてなかったのが悪いのか。

今回のバージョンアップでSMART値の取得が出来ることが確認できたので、これでHDDの調子が悪い時に確認できます。


HDD交換の時にすったもんだしたAFTの対応は結局不明(確認できず)。まー多分OKなんでしょう。

続:ESXiのHDDから異音?

ちょっと前にお話しした、

「HDDから異音するので交換したら交換後のHDDの音はもっとうるさかった」

ですが、その後音の軽減ができないかいろいろ試みました。
結果かなり小さくはなりましたが、やはり気になる時は気になる。
己を騙し騙し使用を継続していましたが、精神衛生上よくないので再度のHDD交換を決意。



再交換用に用意したのはWesiternDigitalのWD500AAKX。500GBのHDDです。非AFT。

もともとこのHDDは最初の交換時に候補に入れていたのですが、容量不足が懸念で躊躇してました。ゲストOS全部合計すると500GB近いので。
出来れば容量1TB以上且つ非AFTのものはないかと探していたところ、見つかったのが先日使用した「MD03ACA200」。
この時は「2TBだひゃっほーい」と喜んでいたんですけど。



なので、まずはコピーするゲストOSを厳選します。
過去のバックアップとか、今はまず使うことのない環境とかを捨てます。
これでなんとか300GBいかないぐらいまで圧縮。

これら厳選したゲストOSをコピー。
コピー完了後、ケースのふたをして、元の場所に設置して、スイッチオン!動作確認!
今度こそ静かになってくれ!



まず、動作自体はOK。
ゲストOS稼働させつつ、動作音を確認・・・・・・うむ、ほぼ無音。
念の為一旦ESXiを再起動させ、再度ゲストOS稼働。操作しながら音を確認。

大丈夫です。
MD03ACA200で発生していた「ガリガリ」といった激しめの音や、もともとの「カッ・・・カッ・・・」といった音も発生していません。
ただし、「ふお〜ん」「しゅわ〜ん」といった低周波の音が響きます。
ケースが共振して発生しているようで、重しを乗せたら低周波の音は聞こえなくなりました。



これで本来求めていた状態となりました。ほんと遠回りしたわ。

元を言えば、非AFTのHDDを求めるがゆえに選択肢を狭くしてしまったのが原因。
ESXiでもAFTのHDDでも問題なく動作することを確認するべきでしょうね。
必要があればESXiのバージョンアップもするか。

ESXiのHDDから異音?

私が使用しているさまざまサーバを仮想化してつっこんでいるESXi。
ふと「カッ・・・・カッ・・・・」と何やら好ましくない音が聞こえてるのに気が付いたんですよ。


それほど目立つ音では無いのですが、たしかに音がする。
音源を探るとどうもHDDから発生している模様。
しかも結構頻繁に起きる。1分待てば大体発生する。

これはHDDが壊れる予兆か?
先日スピーカーが壊れたと思ったら今度はHDDかよ!
※スピーカーはONKYOのGX-70HDを購入しました



ESXiが死亡するともろもろ全滅するので非常に好ましくない。
前回HDDを変更したのはいつだ?・・・・2010年12月に交換している模様。
となると3年半。
気温や湿度が変化するなら24時間稼働で3年半なので、何か起きてもおかしくないでしょう。

HDDを交換します。





・・・結論を先に言うと「HDD交換」はうまくいくも別の問題が発生しました。

サーバ内部のホコリを掃除

11月の末にファイルサーバの掃除をしなくては、という話をしましたが先週末に掃除を実施。
結果からいうと内部のホコリ払ってファンから発生するノイズは減少、快適になりました。



掃除を行うにあたってまずはファイルサーバを停止。
電源ケーブル等外して棚から下ろし、中の状態を確認します。


ファイルサーバ中身


そこそこホコリ溜まってますね・・・・
このPCを掃除するために用意した清掃道具は以下の3つ。

  • エアダスター
  • ブロアー(カメラの手入れ等で使う手動式のブロアー)
  • 適当な布・ティッシュ




この寒い時期だとエアダスターの連続使用がしづらいです。気化熱で缶が冷えてしまった時になかなか元に戻らないため。
今回は必要に応じて外で作業を行なっているのでなおさら。夏なら冷えても元に戻るのは早いのですが。
それでブロアーを用意しています。
適当な布・ティッシュはホコリの拭き取り用。

サーバのお掃除が必要

最近夜寝る時に常時稼動しているサーバのファンのノイズが目立つような気がするんですよ。
ふと気づくと「ふぃ〜ん」というファンの風切り音が耳に入っちゃって。

おそらく昨年新調したファイルサーバからじゃないかなぁ、と推測。
サーバ類は1年に一回くらい停止させて掃除するようにしているのですが、今年は時間が取れずやっていない。
出来るだけホコリなどを吸い込みにくい場所を考えて設置していますが、何せ常時稼働のPCなので少しづつファンにホコリが付着しちゃうんですよ。



ノイズもそうですが、ホコリの付着で送風機能そのものが落ちちゃうのも問題です。
冬場はともかく、熱くなる夏場にファンによる排熱が追いつかなくなればサーバ死んじゃいます。
実際前のESXiサーバは熱暴走でお亡くなりになってますからね。

・・・・っと、新しいESXiサーバも今年一年掃除していないということじゃないですか。
これは週末にでも掃除しなければ。


掃除はケースの蓋を開けてエアダスターでブシューっと。
溜まってるホコリをひと通り吹き飛ばしてあげます。



掃除してもどうにもアカン時もあるので、そういう場合はファン交換ですね。
精神衛生上を考えれば掃除ついでにファンも交換しちゃうのがベストとは思いますが。

新ファイルサーバのFreeNASは安定して動作しており、安心して使える状態。
大した設定は入っていませんが、念の為設定のバックアップを取得。

 

で、この取得した設定のバックアップをファイルサーバに保存・・・・するのは意味がない。
ファイルサーバの設定をファイルサーバそのものに保存しても、ねぇ。



使用頻度が低くで重要なデータは、別にHDD買って普段稼働させない状態で保存しておりそこに保存すればいいのですが、せっかくなので今回はGoogleDriveに保存。
ついでに他のソフトウェアの設定ファイルもバックアップとってGoogleDriveに。

 

やはりいつでもアクセス出来る、ってのは使い勝手いいですねぇ。
いくつかのデータはGoogleDriveに移しちゃってもいいかな。

 

もちろんiCloudでもSkydriveでも、Dropboxでも同じことが出来るでしょう。




GoogleDriveのデータが飛ぶ、という可能性はゼロではないものの、うちのHDDに入れておくよりは低いかと。

 

自宅のサーバとPC直結する必要があったのでクロスのLANケーブルが必要になりました。
NIC2枚刺しのテストで、2枚めのNICの簡易動作確認のために必要。


が、LANケーブル置き場を探すもクロスのLANケーブル見つからない!

 

頑張って探したら見つかったので何とかはなりましたが、そもそも最近クロスのLANケーブルを使わなくなったような気が。



AutoMDI/MDI-X(クロス・ストレートの自動切り替え)のスイッチがかなり浸透したからでしょうか。
アップリンクポート持つスイッチは昔からあります。
恒久的ではなく、ちょっと使いたいだけであればクロス・ストレート変換アダプタもある。
そもそもPCやサーバ同士の直結のシチュエーションがあまりないような。
ファイルのコピー時とかに使うかもしれませんが、そのぐらいか。

 

もちろん業務利用・企業での利用は別・・・・ですがそれも減ってるような気がするなぁ。

 



普通のご家庭では、利用はあまり無いかもしれませんね>クロスのLANケーブル

 

カレンダー

<   2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ