ライブ・ア・ライブをプレイ中。
前回7つのシナリオすべてクリアしたのでいよいよ中世編です。

中世編のストーリーは「非」王道なRPG。主人公はオルステッド。
途中までは王道な展開だったんですよ。それがあっという間に転げ落ちていく。
「勇者」として期待されたかと思えば一転「魔王」と呼ばれ、親友ストレイボウには恨みつらみを激白され、助けるはずだった姫は自害してしまう。

最終的には全てに絶望したオルステッドが魔王を名乗って終了。
ええ?!......おいおいこれで終わり!?とお口あんぐりな感じ。
壮絶すぎる。が、なるべくしてなったともいえる。



そんな中世編で好きなキャラは僧侶ウラヌス。過去にハッシュとともに魔王を倒した人物。
彼は人間嫌いになったハッシュや魔王と呼ばれたオルステッドに対して人を信じることの大切さを説く。
特にお気に入りがハッシュへの説得シーン。

ウラヌスがハッシュの弱さを感じ諭す。


ライブ・ア・ライブ ライブ・ア・ライブ


ライブ・ア・ライブ ライブ・ア・ライブ


ライブ・ア・ライブ ライブ・ア・ライブ



ウラヌスが「人を信じる」ことを貫いたからこそ皆を動かした。
しかしオルステッドにはちと影響が大きかったのかもしれません。
加えてプレイヤーへの影響も、ですかね。少なくとも私はそうでした。


ちなみに戦闘能力もそこそこ高いウラヌス。
回復技は当然として、全体攻撃の「ゴッドボイス」に反撃技の「神の御加護」。
サポートタイプのキャラクターとしてとても優秀。
そんなウラヌスがいるからこそハッシュは安心して攻撃に専念できる。そんな関係だったのかも。



そして目的でもあったストレイボウのセリフも見ることができました。
中世編最後、上記で述べた通りストレイボウの憎しみが爆発。

ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブ


オルステッドを超えてやる。
永遠の2番手に甘んじない。
今こそ変えるとき。

それが「あの世で 俺にわび続けろ オルステッドーーーーッ!!!!」だと感じましたねぇ。





......最終編。

今までのシナリオの中から主人公を選択。
中世編の世界で他の仲間を探して「魔王」と化したオルステッドと戦い、この物語に決着をつけます。
私が選んだのは心山拳師範。功夫編の主人公です。

ライブ・ア・ライブ



他の仲間は以下の通り。

  • 高原 日勝
  • アキラ
  • サンダウン・キッド



ライブ・ア・ライブ


シナリオの思い入れとキャラの好み、戦闘での使い勝手でこのメンバーとなりました。
このまま突入しても返り討ちなのでレベルを上げる。隠しダンジョンで必要な装備を入手。 全員のレベルが20ぐらいになったところでラスボス戦。


高原以外HPはそれほど高くない。
したがってダメージとステータス異常の管理を徹底。アイテムも多用して細かく回復する。
逆にHPの高い高原は積極的に前に出て攻撃を受け、他の3人への被害を食い止める。
心山拳師範の旋牙連山拳とサンダウン・キッドのハリケンショットがこちらの主たるダメージソース。

レベル上げと装備の充実が功を奏したのか、それほど苦労することなく撃破することができました。
セントアリシアはすべて高原が受けてくれた(石化体制もつエリアルシリーズ装備済み)。



「魔王」ことオルステッドに情けをかけてその場を去る。
これで終わりと思いきや最後にもう一度各シナリオの主人公がそれぞれのボスと戦う。
7シナリオ連続バトル。RPGでボスラッシュになるとは思っていなかった!!

この連続バトルが終わればようやく終了でエンディングとなります。
ちなみに最終編での行動でエンディングが変化するマルチエンディング。
今回見たのは一番良いエンディングです。他のエンディングもほぼ見ました。
劇終。




......システムもストーリーも普通のRPGとは違うゲームでした。
ストレイボウの「あの世で俺に詫び続けろオルステッドーーー!」はプレイしたことで理解が深まりました。
各ストーリーの衝撃度合いは特筆すべき。中世編・最終編については言うまでもなし。

私の「心に刻まれた」ゲームになったと思います>ライブ・ア・ライブ

ネット閲覧用PCのパーツ総入れ替え

週末にネット閲覧用PCのパーツを総入れ替えして新調しました。
先日PCのパーツ総入れ替えが必要という話をしたのでさっそく実行という形です。

購入したのは以下のパーツ。

  • CPU
    Intel Core i3-10100
  • メモリ
    DDR4 PC4-25600 8GB 2枚
  • マザーボード
    ASUS PRIME B560M-A
  • HDD
    WD Blue 4TB
  • 電源
    XPG Core Reactor 650W


すべて通販で購入。

これとは別に手持ちのSSD 240GB(Sandisk Ultra II SSD)を使用しています。
ケースは既存のものを使いまわし。そういった意味では中身だけ全部入れ替えですかね。



PC組み立てはスムーズに、とはいきませんでした。
2つほど問題発生。ひとつは使いまわしたケース。
これ20年越えの古いケースなのですがそれだけに現行のものと合わない箇所がありまして。例えばマザーボード固定用のネジ穴位置が微妙にずれてます。
今まではそれを力業で固定していたのですが、固定はできたもののネジとネジ受けが一体化してしまいました......

強く締めすぎた。
......ネジ受けは外せるタイプなのでケースごと一体化したわけでは無いし、問題が発生した個所は1ヵ所なのでOKとしておきます。


もうひとつはWindows10のインストール。
ISO作ってDVDに焼いて起動して......なぜかSSD/HDDを認識しない。つまりインストール先がない。
BIOS上では認識しているがインストーラ上だと「無い」と言われる。
どうなっとんじゃい!といろいろ試行錯誤しましたが結論としてはインストールメディアをUSBメモリに変えたら解決。

DVDに焼いたときに失敗したのか、そもそもISO作成時に何かミスったのか。
同じ失敗は繰り返したくないので、次Windows10をインストールするときはUSBメモリを使うことにします。
USBメモリでのインストールはとても高速ということも分かりましたし。



インストール終了後は環境構築。アプリケーションのインストールや事前に取得したバックアップを戻すなど。
大体の環境構築が完了したところで作業完了。

ケースは変えた方がいいかもしれませんね~。
ネジ受けの件もそうですが、吸排気のファンもつけにくいし内部のベイも少なめとやはり使いづらさを感じます。
愛着のあるケースではありますが。

週末に時空戦記ムー ボス戦をアップロードしました。
曲置き場からどーぞ。

以前作成したものをベースに音源変更とバランス調整を行いました。
この曲(ボス戦)は冒頭イベントでも流れます。このイベントと曲の親和性も高い。
またボス戦自体頻繁にあるので聴く機会は多いかと~。


また今回は上記に加え「ごきんじょ冒険隊 ボス戦1」を少し手直ししてアップロードしました。
そちらもどうぞ。

次の曲予定:時空戦記ムー ボス戦

次の曲の予定です。
ゲームボーイのRPG「時空戦記ムー」よりボス戦になります。

以前おまけ的な形で公開していた時がありましたが今回手を入れた上で再公開としました。
アレンジはギター&ドラムで。


いつもどおり週末公開予定です。
今しばらくお待ちください。

ライブ・ア・ライブをプレイ中。
前回は現代編、幕末編、原始編とプレイしました。
今回続きをプレイします。

しかし各シナリオがどれも良い!どのシナリオも個性的でプレイするたびに驚きや発見があります。
短いが故に凝縮されているのかもしれません。



さて、原始編終了後4つ目として選んだのがSF編。

ライブ・ア・ライブ


サスペンスな「2001年宇宙の旅」ですね。
宇宙船という閉鎖空間で次々起きる不可解な出来事。次々増える犠牲者。
推理ものといっても差し支えないかと。
人間関係に焦点を当てたちょっと重めのストーリーでした。





5つ目は功夫編。



ライブ・ア・ライブ


なるほど3人の弟子を育てて後継者を選ぶのか......
ええ!?おいおいおいおい......ほんとかよ......

こんな展開は全く予想できなかった。
感情移入度が増す。老師の怒りがよく分かるぞ!


最後は敵本拠地に乗り込んでバトル!


ライブ・ア・ライブ


ボスの部下を順番に倒していくという少年誌のような展開。
今のところ一番のお気に入りですね>功夫編
なお、選んだ弟子はユン・ジョウ。王道。





6つ目、近未来編。


ライブ・ア・ライブ


前の2つと比べると比較的普通のRPGですかね。
戦闘とイベントを繰り返してボスのもとへと向かう。


それにしても近未来編はキャラが立ってる。
無法松の登場シーンなんて、ハーレーで登場し「何だ てめぇ!」と言われて、


ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブ


「通りすがりの・・・・たい焼き屋サンよ!」
熱い!
いろんな意味で印象に残るキャラクターでした。





そして最後に残った西部編。


ライブ・ア・ライブ


ワナを仕掛け街を襲うギャングの数を減らすのがこのシナリオのメイン。
初回は最後にまとめてワナを仕掛けようとして失敗。ギャングの数を全く減らせず。
そのまま戦闘(ボス戦)に突入し奮闘するも最終的に回復アイテムが無くなって負け。


2回目は最後にまとめず適宜ワナ設置。

ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブ

ワナとして仕掛けたダイナマイトが炸裂。
他のワナと合わせてそこそこギャングの数は減らせた模様。
ボスも無事撃破。

最後ちょっとしたドラマがあって終了。
西部劇のあるある要素を一度に楽しめた感じです。





こうして7つのシナリオが終了。
いよいよ中世編が選択できるように。

ライブ・ア・ライブ


やっと例のセリフが見れます。楽しみです。

昨年からいろいろPCのパーツ交換とメンテナンスを実施しております。
グラフィックボードが壊れて交換を余儀なくされたり、モニタを新しいものに変えたりなど。

そうなるとそろそろパーツ総入れ替えが必要かな~と思いまして。
例えばネット閲覧用PCは2013年に組んで今も利用中。HDDなど一部のパーツは取り替えました。
これをマザーボードごと交換して最新のものに。
その他パーツも見直しをしてリフレッシュしたほうがよいと思うんです。


ただ現環境で何か困っているわけでは無いのも事実。
バリバリ今も動いております。

......しかしいくつかのトラブルは「今困っていないから」でパーツの寿命来ちゃった感があります。
それを防ぐためにもやっておいたほうが良さそうな気がするんですよ。
まずは予算の確保からかな。

ズリーニィII制作中です。
前回は車台がだいたい出来ていて細かいパーツが残っているという状態でした。
それら残パーツを作ってしまいます。


ということで出来たのがこちら。


40/43M ズリーニィII

前回とあまり変わっていないように見えますが、シュルツェンステーが追加されています。
あとは前面の履帯ですね。接着はしておらず配置を見るための仮置きです。




シュルツェンは4枚すべて取り付けず2枚から3枚を取り付けます。
全部取り付けると足元と横面が全く見えなくなってしまいますから......

どのように取り付けるかはまだ決め切れていないので左右ともに3枚づつ作成。4枚1セットなのを切り離します。


40/43M ズリーニィII

一番前を除いた3枚です。
左右ともに3枚つけてみます。



40/43M ズリーニィII

うん......いいんじゃないでしょうか!
これでサーフェイサーを吹いちゃいましょう。



40/43M ズリーニィII

実は一つだけペリスコープが真後ろを向いています。
上記写真で一番手前、ハッチについてないほうのペリスコープです。
何とか切り離して正しい向きに直す。




その後基本色を塗装。
説明書には3色迷彩とダークグリーン単色の塗装例がありましたが、今回はダークグリーン単色を選択しました。
奥まったところなど色が届かない部分は事前に筆塗りしたうえで塗装。



40/43M ズリーニィII

40/43M ズリーニィII

転輪など他のパーツも塗装しました。


ちなみに履帯はまだ手付かず。
連結履帯になっていますがランナーから切って整形してはめ込んでいかないといけないので結構大変なので......
暇を見てゆっくりやります。

次回はデカール張りとフィルタリングなど色調調整の予定。




その5 へつづく

ライブ・ア・ライブをプレイ

ライブ・ア・ライブ


ライブ・ア・ライブのプレイを開始しました。
以前から気になっていたゲームだったんですよライブ・ア・ライブ。
特に楽しみなのが以下の3点。

  • オムニバスRPG
    それぞれ個々の物語。ロマサガのフリーシナリオとも違うってことで興味があります

  • MEGALOMANIAが聴きたい
    ボス戦曲である「MEGALOMANIA」。これが聴きたかったんです

  • 中世編のあの名セリフをこの目でみたい
    有名な例のセリフです。断片的にしか知らないので是非ともみたい



プレイに際しては必要に応じて攻略情報を見ます。
主に後半詰まってきたら見る、という感じで。


最初に始めたのは現代編。


ライブ・ア・ライブ


キャラがいいですねぇ。みな一癖も二癖もありそうです。
現代編は戦闘しかありません。なので「MEGALOMANIA」を聴くのも早いだろうという考えです。




ライブ・ア・ライブ


マックス・モーガン。ただ倒すだけなら遠距離から攻撃を繰り返せばいいのですが敵の技を受けないと自分の技に出来ません。
......彼の技は強力でどうも攻めあぐねましたねぇ。一番最後の相手になりました。
遠距離からギリギリまで削ったのち敵の攻撃を受けて技を覚える。あと一発喰らったらアウト!というところで最後の一撃を与えて撃破。

その後急展開ののちボス戦に突入。「MEGALOMANIA」を聴くこと出来ました。
この時は「なるほどこんな曲なのね......」という感じでした。が、そのあとのシナリオを重ねるたびに印象深い曲になっていきます。




続いて選んだのが幕末編。
とにかく斬ればいいのかとプレイしていたら83人斬りと中途半端な数に。何人か逃してしまったようです。


そしてここで隠しボスの存在を知る。


ライブ・ア・ライブ


ムラマサを守る魔神竜之介。
無茶苦茶く強い。何度も挑戦したのちようやく倒せました。
ここで流れるのも「MEGALOMANIA」。
緊張感あふれる戦いの中何度も聴いたので特別な曲という思いが強くなっていきます。
なお「岩間さま」も撃破しております。こっちも苦労しましたが。



シナリオ3つめは原始編。



ライブ・ア・ライブ


セリフらしいセリフがない......がなんとなくわかる。サイレント映画みたいな感じで面白い。
ここの隠しボス「キングマンモー」もとんでもない強さでした。幕末編で装備もレベルも中途半端だったのでそれなりに鍛えて挑んだのに即返り討ちにされる。
最終的には倒すことが出来たもののほとんど運。
そんなんですから「MEGALOMANIA」が流れると自然と身構えるように。



現時点ではここまでです。
隠しボスを倒す必要はないのかもしれませんが、ここまで来たら他のシナリオでも挑戦するしかないでしょうね~。




その2 へつづく

スーパーファミコンのコントローラー

思ったより短いんです。
スーパーファミコンのコントローラーケーブルが。


長さを図るとだいたい1m。
昔はテレビの近くでプレイしていたか、本体自体をテレビから離していたんですよねぇ。
こたつの上に置くとか。なので1mでも十分事足りてました。

しかし今の私のプレイ環境は本体をテレビの近くに固定。これはスーパーファミコンだけでなく他の本体も同様。
最近の本体はほぼ無線コントローラー。他の本体の有線コントローラーも十分な長さがあるのですが......
スーパーファミコンだけ長さが足らないんです。




これを解決する方法として考えたのが以下の2つ

  • 海外のコントローラーを使用する

海外のコントローラーはたいてい2m近くあります。
少なくともファミコン(NES)はそうなっていました。
AVファミコンとNESのコントローラーの端子は同じであり入れ替えて使用しています。

  • 延長ケーブルを使用する

スーパーファミコンのコントローラー用延長ケーブルはamazonなどで購入できます。
だいたい2m延長。
これを使えば標準コントローラはもちろん、スーパーファミコンマウスだって延長できますね。
マルチタップでも同じことが実現できるはず。





今回選んだのは後者です。
延長ケーブルを使用しました。
一番無難な選択肢かと。

購入した延長ケーブルがこちら。



スーパーファミコンのコントローラー

いたって普通の延長ケーブルです。
本体に差し込むとき若干硬いぐらいですかね。

これでコントローラーの長さは既存の1m+延長分が約2mで3mに。



スーパーファミコンのコントローラー

これだけ長ければ問題ないでしょう。
むしろケーブルもてあます勢いですがそれだけに好きな姿勢が取れます。
RPGなんかは楽な姿勢でプレイしたいですしこれでよさそうです。

SNES、北米版スーパーファミコンのカートリッジ形状は2種類存在するようです。
百聞は一見に如かず、以下をご覧ください。

北米版スーパーファミコンのカートリッジ形状

まずこちら。個人的にはこれがよく見る形状。
ソフトはTAZ-MANIAです。



北米版スーパーファミコンのカートリッジ形状

そしてこちら。
国内版や欧州版と同じようなカートリッジロックの「受け」部分があります。
ソフトはLemmings。


これが2種類あるSNESのカートリッジ形状の違い。
ロック対応カートリッジはあまり見ないような気がしますが......
実際ロック対応のものはあまり所持してません。




さて、何故2種類あるでしょうか?
調べたら答えはすぐに見つかりました。


英語版WikipediaのSuper Nintendo Entertainment System Game Pakの項目によると、初期のSNES本体にはカートリッジロックがあったようです。
そのためカートリッジもロック対応用の形状になっていたと。
しかしSNES本体のカートリッジロックは廃止。そして1993年ぐらいからカートリッジ形状の変更が始まったようです。

なので1993年より前に発売されたソフトであればロック対応のカートリッジである可能性がある、ということですね。
確かにLemmingsの発売は1992年3月(北米版)です。



なおSNES本体でカートリッジロックが廃止された理由については調べ切れてません。
一説にはロックされたまま抜こうとするしまうユーザが多かったためという話ですが......
電源入ったまま抜いてしまうということ?

カレンダー

<   2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
leSYN情報発信所EXTRA
作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ