Law of the West 西部の掟をプレイ

Law of the West 西部の掟

Law of the West 西部の掟をプレイしました。
ちょこっとアクション要素もある西部劇アドベンチャー。
海外ではコモドール64やAppleIIなんかで発売されていたようです。
以前少しプレイしていましたね。



今回はこのゲームをクリアしてやる!と思ったのですが・・・・明確なクリアというものがない。
まずは11人全員との会話を終わらせること。このゲームはちょっとしたことで銃撃戦になってしまいます。
被弾1発はOK。2発でゲームオーバー。
ドクターとの会話に成功すれば3発までOKですが銃撃戦にならないことが一番。

もし銃撃戦になってしまったら被弾する前に素早く射撃する。相手の1発目は外れる模様。2発目で被弾。




これで11人全員と会話(あるいは銃撃戦)を完了させてもタイトル画面に戻るだけで特に何もなし。
そこでもう一つの目標がスコアとなるわけです。





Law of the West 西部の掟

やたら軽快な音楽が耳に残るスコア画面。
高得点を取るには適切な会話を実施することが重要。
銃撃戦などもってのほか。





Law of the West 西部の掟

上手く情報を聞き出したりすればスペシャルボーナス5万点。
また会話中に時々現れる敵を始末することも必要。もたもたしていると会話相手が撃たれてしまう。



それから隠れボーナスの取得。




Law of the West 西部の掟

背景を銃撃していると$マークが出現します。これを再度銃撃すれば1万点。


この辺を組み合わせれば1人につき7万点ほどが期待できます。
そこでスコアの目標を50万点としました。
まだ完全に会話を把握しているわけではない&何度かプレイして今のところ最高得点が30万点ほどだったので。

なお、攻略動画などは見ないでプレイ。覚えゲーなので頑張れば何とかなる。






・・・ゲームは順調に進みます。
スペシャルは取れたり取れなかったり。事前のプレイでもすべてのスペシャルが取れたわけではない。
$マークはほぼ確実に取得。




Law of the West 西部の掟

6人目のウィリー終了時点で28万点。ちょうどここが折り返し。
スコアも目標の半分来ているので50万点いけるでしょう。



案の定9人目メキシカル・キッド終了時点で41万点。
10人目エイプリルで7万点出しておけば安心して最後11人目に挑めます。


ですが。



Law of the West 西部の掟

Law of the West 西部の掟

ここで痛恨の会話選択ミス。本当はダンスパーティーに誘わなくてはいけない。
ロマンチックを語っている場合ではないのだ。

最初の選択を間違えたようだ。
プレイ中はメモ等取っていません。一度選んだ選択肢なら覚えられるでしょとか思ったらこのザマですよ!



スペシャルを取れず43万2千点。最後でスペシャル取得が必須になった・・・



Law of the West 西部の掟

副シェリフを装います。
このルートで1度スペシャルが取れたのでそれの再現を狙う。
覚えていることを望む。




Law of the West 西部の掟

シェリフは銀行にいますよ。
君の後ろに銀行あるでしょ。

シラを切り通します。




Law of the West 西部の掟

ここは「副シェリフのバッチが無かった」でよかったはず・・・




Law of the West 西部の掟

副シェリフで押し通しました!
相手は画面左方向へと去っていく。だから銀行は後ろですよ~。




最終結果!

Law of the West 西部の掟

無事スペシャルが取れて最終スコアは50万8千点。
なんとか50万点を超えられました。
よく見ると11人目のスコア画面にはGAME OVERと表示されてますね。
ここで終わりということを示しているのかも。




プレイが終わり改めて調べてみると、ファミコンに移植されるに当たってスコア周りの内容が変更されてたようです。
少なくともコモドール64版では最終結果画面が存在して、そこでどのような行動を取ったのかなどが分かる模様。
スコア配分も違う。

ファミコン移植にあたってアレンジを加えたのかもしれませんが結果画面は欲しかったですね。
それぞれで何点取れたとか簡単なものでいいので。

THE 登山RPG

THE 登山RPG ~銀嶺の覇者~ をプレイ&クリアしました。
プレイステーションのSIMPLE1500シリーズ Vol.92。

登山RPGとはいったいなんでしょう・・・?
かいつまんで説明するとしたら、


「山」をダンジョンに置き換えたような感じのRPGで
さまざまな困難に打ち勝ちながら(=戦闘)経験値をためてレベルを上げ
目標である山頂を目指すゲーム


だと思ってます。少なくとも私は。

ただですね、このゲームは戦闘パートのインパクトが大きいんですよ。
・・・・登山というシチュエーションで何と戦うのか?


厳しい大自然と戦います。
比喩表現じゃなく。





THE 登山RPG

このように突風が「敵」として襲ってくるのです。
他にも落石・滑落・高山病とかが襲ってきます。

中にはイエティとか雪女といったモンスターっぽいのもいます。
でも「大自然が襲ってくる」というインパクトにはかなわないかと・・・
この辺はバカゲーテイストを感じますね。



登山状況は以下のような感じ。



THE 登山RPG

パーティは移動先を指定するとそこにまっすぐ進んでいきます。
敵はシンボルエンカウント方式。見ての通り大量に湧きます。避けるのは結構難しい。

左端のバーはスピリットゲージ。つまり精神力。
このゲージが減ると戦闘が出来なくなるし、移動速度も低下する。



ボスは2種類。中ボスとボスがいます。



THE 登山RPG

中ボスは守り神。山を3分の2ほど登ると出現。
「守り神を倒しちゃっていいのかな・・・」というのはこのゲームをプレイした全員が思うはず。




THE 登山RPG

そして山頂がボスとなっています。これは富士山。
富士山は最初の山で、世界各地6つの山を登ることになります。
もちろん最後はエベレスト!


山頂を倒せばその山を制覇したこととなりランクが表示されます。


THE 登山RPG

ランクはかかった費用で計算される模様。
下山はありません。




この調子で世界の山々すべてを制覇すればクリアです。
登山という内容と成長要素はマッチすると思いますが、それをRPGで表現するというのは斬新。


ただ・・・成長しても特に新しい技を覚えるとか、装備が増えるといった要素はありません。ステータス上昇のみ。
そのため基本的には移動と戦闘の繰り返しとなってしまいます。これが残念なところ。
成長に伴うステータス以外の変化があれば登山の戦略も色々考えられたと思うのですが・・・


そもそもシンプルシリーズということを忘れてはいけません。それを考えれば十分に遊べると思います。
クリアにかかった時間は9時間程度。



攻略を書いておきます。


  • プレイ方針

複数のパーティを育成すること。私の場合は4パーティを育成。
要所要所でテントを張って拠点にする。テントは体力回復・スピリットゲージ回復・逃げるを選んだ時の逃げ先。
一つの山につき3レベルぐらいは上げること。
ただし最初だけは5レベルぐらい上げたほうがいいかもしれない。富士山の次のアンデスで急に敵が強くなる。
最後のエベレストはレベル20程度でクリア出来た。

登山失敗は費用をすべて使い切るか、ギブアップを選んだ時。
普通にやれば費用を使い切ることは起きないと思うが、使いすぎるとクリアランクが下がってしまう。
すべての山でクリアランクA以上でないとエピローグに到達できない。



  • パーティ編成

パーティはアタッカー・クライマー・シェルパ・ナースそれぞれ1人づつが基本。
やたらメンバーがいるが特に変わりはないと思う。

アタッカーは攻撃力重視で攻撃のメイン。特殊技の「岩壁昇竜」は大ダメージを期待できる。
アタッカーがいないと山頂攻略が出来ない。
クライマーは素早さ重視。アタッカーほどの攻撃力はないが素早いせいか攻撃が当たりやすい。
クライマーがいると移動速度が上がる。動作がいちいちかっこいい。
シェルパはHPと防御力重視。シェルパがいないとテント設営ができない。
ナースは回復役。攻撃はしない。

パーティは前衛と後衛に分かれている。
アタッカーとクライマーを前衛、シェルパとナースを後衛にするのがスタンダードかと。
ただしアタッカーかクライマーを後衛にすると敵全体対象の特殊技が使える。
それを考慮するとアタッカーとシェルパを前衛、クライマーとナースを後衛にするのもあり。
アタッカーは「岩壁昇竜」で大ダメージ与えるほうが良いような気がするのでクライマーを後衛に。

後衛クライマーの特殊技は「カラビナックス」。カラビナを手裏剣のようにして投擲。これまた動作がかっこいい。
ちなみに前衛クライマーの特殊技は「ダブルハーケン」。ハイジャンプしてハーケンをビームのように投げつける。

山頂攻略時にシェルパはずしてアタッカーx2を試してみましたがそれほど変化は無し。
むしろシェルパはHPがあるので一人生き残ることがしばしば。
生き残るつまり逃げることが出来るということであり、それを考えれば(前衛後衛の配置を除いて)編成を変える必要はないと思う。



  • 戦闘

戦闘はオート。どの敵を狙うか/アイテム使用/逃げるの指示が可能。
狙う指示をしないと攻撃が分散する。この指示は最重要。
逃げるはは全滅回避に使用する。全滅は遭難となり救出作業が必要。これは一番避けたい。
アイテムは多用するとそれだけ費用取られるのでほどほどに。むしろアイテム使うぐらいだったら逃げたほうがよい。

戦闘中の状態異常は3種類。
青くなるのが能力値現象、黄色くなるのが麻痺(動けない)、ピンクになるのが混乱。敵味方共通。
複数人が麻痺・混乱になったら逃げるを検討すること。
状態異常はナースの特殊技「エアリリース」かアイテム「信号弾」、あるいは3ターン経過で自動回復する。
が、回復は運の要素も大きい。信号弾多用は費用がかさむ。そういった意味でも逃げるを推奨。
逆に敵が混乱や麻痺になればチャンス。ボスは状態異常にならない模様。



  • ボス戦

ボス戦(守り神含む)は複数パーティで挑むのが鉄板。
1パーティだけで倒すのは難しい。全滅する前に逃げて代わりに他のパーティがボスに挑む、を繰り返す。
後半の山頂は体力たっぷりなうえに全体状態異常も使ってくる。根気よくプレイ。4パーティあればそつなくまわせるはず。
スピリットゲージ減少による強制戦闘離脱にも注意。

この際山頂付近に敵が湧きすぎることがある。
その場合は別のパーティをベースキャンプ付近に待機させる(テントを張る)。
すると敵がある程度分散する。レベル1のパーティで問題なし。
敵を引き付けるのが目的なので戦闘になれば即逃げる。





攻略は以上。

終始作業感が強いゲームではありますが、山にちなんだ敵や多彩な特殊技は楽しるかと。
特殊技は演出も凝ってる感じがします。

お気に入りは後半の守り神の特殊技「バリスティックスノウ」。
ミサイル打ち込んでくるんですよこれ。



THE 登山RPG

無駄にかっこええ!!

初めての敵に出会ったときはどんな特殊技を出してくるのかが楽しみだったりします。

週末に影の伝説 メインテーマ リメイクをアップロードしておきました。
曲置き場からどーぞ。

音源の変更が主たる内容です。
元はMIDI。それを少し手直しして公開してたのがいままでのもの。
今回は音源変更とそれに伴うバランス調整を実行しています。


ベンチャーズ風アレンジも慣れてきました。またチャレンジするでしょうね。
なんといっても作って聴いてノリノリウキウキになれるのが最高です!

次の曲の予定です。
影の伝説 メインテーマのリメイクとなります。

過去に一度簡単な修正をしています。
その時とは異なり今回は大きく見直しを行いました。

とはいえアレンジのテイストは変わらずベンチャーズ風です。


いつもどおり週末公開予定です。
今しばらくお待ちください。

Total Studio 2 MAXを購入しました

IK MultimediaでTotal Studio 2 MAXのセールを実施中。4/30まで。
「自宅で曲を作りましょう」ということで最大75%オフとなっています。

(ほぼ)全部入りのとってもお得なバンドルです。今回購入しました。

もともとIK Multimediaの製品はちょいちょい購入しているんです。
しかし抜けている製品も多々ある。それだけIK Multimediaが多数の製品をリリースしているとも言えますね。
今回Total Studio 2 MAXを購入したことでちょうどその辺の「抜けている製品」が補完されたかと。
最新の製品は対象外ですが私にとっては十分。



特に嬉しいのが使用頻度の高いAmplitubeシリーズの種類(ギア・モデル)が増えたこと。
T-Racksシリーズも同様。両社とも多数種類出ていますがそれらが一気に増えました。
よりどりみどりです。

初めて使うものの中ではSyntronikがよさそうな感じに思えます。
音そのもの・操作感ともにしっくりきます。これはSampleTankベースだからでしょう。
SampleTankは私が長年使っていた音源。操作を覚えているんだと思います。
そういやSampleMoogとかSampleTron、Sonic Synthなどがありました。




ただ、音源・エフェクトが一度たくさんに手に入るとインストールが大変ですね。
ダウンロード版を購入したのでなおさらです。
期間は半年(180日)有効になっていますのでゆっくりダウンロードが可能。

とはいえ・・・早く使いたいので頑張ってダウンロード&インストールしました。

やはり新しい買い物ってワクワクするじゃないですか!
それはソフトウェアもハードウェアも一緒ですよ!

Postal 4: No Regertsをプレイ

Postal4

昨年購入したPostal 4: No Regertsをプレイしました。

感想を一言で言うと「グラフィックがきれいなPostal2」。
Postal2のコンセプトである「日々のミッションをこなす上で何かに巻き込まれる」ってのはそれほど変わっていないように思えます。

もちろんミッション無視して暴れまくることも可能。
この辺もPostal2と変わらず。
操作感覚やインターフェイスも変わってないかと。





Postal4

「グラフィックがきれい」といってもそれはPostal2と比べてであって最近のゲームと比較しちゃいけない。
一部のオブジェクトはPostal2と似たりよったり。
上記も遠景や地面と比べて建物のモデリングがもうちょいという感じです。






あとバグも散見されます。一番よく見るのはオブジェクトの高さがあっていない状況。




Postal4

人が埋まってます。坂道が上手く処理できてないんですかね。
他にも草が空中に生えてたりしてました。

たまにポスタル・デュード本人も埋まっちゃうことがあります。
そうなると脱出不可でセーブデータ巻き戻すしか・・・・



・・・・まぁ、Postalシリーズなんでこの程度は朝飯前!
早期アクセスってこともありますしね。







簡単に攻略を書いておきます。現在は月曜日のみが実装されています。

最初にやることは職探し。
主人公ポスタル・デュードは住まいであるキャンピングカーを盗まれて文無しです。
ダンボールとサインペンを見つけて仕事がほしい旨を書き込み、住人にアピールしましょう。
何度かやれば職業斡旋所へ行くこととなります。
ミッション内容やマップなどは手持ちのスマホで確認可能です。

職業斡旋所で紹介される仕事は3つ。刑務所での刑務官、動物の保護、下水道管理。
どれから行なっても構いません。
それぞれのポイントは以下の通り。



  • 刑務所での刑務官


Postal4

やるべきことが音声(英語)で説明されます。字幕がほしいのですがまだ未実装。
非常に簡単にいえばいろいろな場所にある入力端末で数字を入力すればOKです。

最初は部屋の出口に入力端末があります。入力すべき数字は音声で案内されるので聞き逃さないように。
中央の監視塔(?)に登ると再度数字が音声案内されますので入力。この時点で囚人が開放。
その後3つのブロックで囚人の相手をしながら書かれている数字を入力。ただし表示されている場所と入力する場所は同じではないことに注意。

囚人開放前に3つのブロックへ行って数字確認してしまうのが安全だと思われます。




  • 動物の保護


Postal4

犬5匹と猫5匹を謎マシンに入れればよい。
猫は比較的簡単に捕まえられます。単純に近づけばOK。必要があればCatnipでおびき寄せてください。
犬はドッグフードを投げて謎マシンまでおびき寄せます。
一番簡単なミッションです。




  • 下水道管理


Postal4

やることは3つ。配管掃除と電球の入れ替え、排水装置(?)の稼働。
配管掃除は詰まっている場所でスコップ振り回せばOK。電球入れ替えで高さが足らなければ足場を作ってください。
排水装置は散らばっているパーツを集めます。何故かいるワニはこちらからちょっかい出さなければ無害の模様。

一つ一つはそれほど難しい内容ではありませんが移動が多くて大変。



最後にモーテルへいってベルを鳴らせば終了です。

これ以外に消防署の火事を消すというミッションが発生しました。
手持ちのホースを消火栓に繋いで消化すればOK。



完成までじっくりと待ちますよ!

弟切草:ピンクのしおり

弟切草

先日からプレイしているスーパーファミコン版弟切草ですが、ピンクのしおりになりました。
途中までは自力で攻略していましたが、やり直しになったときのタイムロスが大きかったので最終的には攻略ルートをネットで検索しました。
普通にやれば10回程度でピンクのしおりには到達しないでしょうね。その辺は先人たちの情報に感謝。



ピンクのしおりが出たあとはメタネタ・ギャグ選択肢がてんこ盛りになってました。
その前から少しづつネタ系選択肢は増えてましたし、予想だにしないエンディングもいくつかあったんです。
ですが、ピンクのしおりになって一気に増えた感があります。


例えば・・・


弟切草

表現が直球すぎる!



弟切草

「まだ知らないことになっているんだ」
「やり直し」
何度もプレイするからこそわかるメタネタ。




弟切草

弟切草

この選択肢は笑い転げました!!!
並んでうずくまるのもアレですが首までうずめるっていうのはどうなってんだよコレ!としか。

とにかく今までの雰囲気を覆すような選択肢ばかりでした。楽しい!




・・・まだまだ見ていないエンディングがあるのですが、キリがいいのでここでプレイを終了。
「興味あるのけどまだ未プレイのゲームをプレイ」という目的は達成することが出来たかと~。
弟切草は若干システムが古くプレイしづらい点もありますが、サウンドノベルシリーズの第一作として十分おススメ出来る作品です。
後発のプレイステーション版ならよりプレイしやすくなっていると思われますのでそちらも選択肢としてどーぞ。

Mount & Blade II: Bannerlord 購入

Mount & Blade II: Bannerlord

結局買いましたMount & Blade II: Bannerlord。
どうせいつか買うんだから早期アクセスのうちに買っておけばいいじゃない、という判断となりました。
開発元を応援したいというのもありますね~。



ただし、先日も述べた通り今プレイする暇がない。
とはいえせっかく買ったんですからちょっとだけプレイ。



Mount & Blade II: Bannerlord

プレイして一番に思ったのはグラフィック。非常にきれいになりました!
PS2がPS4に変わったぐらい変化した・・・と言ったら言い過ぎかな?
とにかくグラフィックの進化には驚きです。



ゲーム内容・プレイスタイルはそれほど変わっていないように思えました。
最初は割と地味に活動しないといけないんですよね。
Looter相手に小競り合いを繰り返してお金を稼ぐ。そしていつかは仕官する。




Mount & Blade II: Bannerlord

たまたま他勢力と一緒になり多数でLooterを追い回すの図。


騎馬戦闘が楽しいのでLooter相手にしているだけでもずっと遊んでられますがこの辺でいったん終了。
また時間があるときにじっくり楽しませて頂きます。

Mount & Blade II: Bannerlord

とうとうMount & Blade II: Bannerlordが早期アクセスでリリースされました!
これは買うしかない・・・・のですがちょっと今はプレイする暇がない。

今買うか後で買うかの違いなのでとりあえず買っておいてもいいのですが。
数日悩むことにします。


ライブ配信を見ましたがグラフィックは十分に強化されていますね。
操作感やゲームの雰囲気もさほど変わらないように思えます。もっともまだ未プレイなので見た目だけの感想。

Mount & Blade:War Bandでは「新鮮お野菜帝国」という独立国家を作成して遊んでました
「新鮮お野菜帝国」、再び活躍させたいなぁ・・・

初代Postalが無料になってました

Postal1

ふとPostal関連の情報調べてたら初代Postalが無料になってました。SteamあるいはGOG.comで入手可能。
去年末に無料になったようです。
ゲーム内容は人を選ぶと思うのでそのつもりで。詳細はWikipediaを参照。
操作性などが今風に改善されてました。WASDで移動・マウスによるAIM。

初代Postalは1997年発売なんで20年以上経ってます。
今でも続編(Postal4)出てますし、映画化もされたし、ある意味息の長いコンテンツです。


上記のEvery POSTAL (But That One) Collection は1と2、それから映画版のセット。
3はいろいろあって無かったことにされました・・・そもそもRunning With Scissors社開発じゃない。
私は嫌いじゃないんですけどねぇ>Postal 3




そもそも何の情報調べてたか、ってそのPostal4の情報ですよ。早期アクセスタイトルになっています。
開発は継続的に行われているようなので期待してよさそう。

昨年買ったんですけどまだ未プレイなんですよ。早くプレイしなくちゃ。
まだプレイ出来る範囲は少ない模様。
それでも最新のPostalはどんなふうになっているのか知りたいです。


完成を待ってますよ!

カレンダー

<   2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ