Monty on the run クリア

Monty on the run

Monty on the run をクリアしました!
上記がクリア時の画面。イギリスを脱出してフランス行きの船に乗り込んでいるシーンです。
「Bon Voyage Monsieur Le Monty」はフランス語で「良い旅を モンティさん」の意味。

しかしここに行き着くまでがまぁ苦難の道のりでして。
とにかく難しいゲームです。

その難しさを私なりに分解しみたのが以下の通り。

  1. トライ&エラー
  2. ランダム要素
  3. Drive Sir Clive's C5
  4. Monty Freedom Kit



それぞれ説明します。





 1. トライ&エラー



いわゆる「初見殺し」が多い!
例えば乗ったら落下するリフトとか。

Monty on the run

一番上まで行った後に落下して地上に激突。当然ミス扱い。
リフトあったら「何だろうこれ?」と乗っちゃうじゃないですか~!

そういったトラップが様々なところに存在します。
最初いろいろ引っかかってからはかなり用心して進むようになりました。


また移動で画面が切り替わった瞬間にすぐ移動しないと敵にぶつかりミス、というケースもよくあります。
※Monty on the runは画面切り替え式でスクロールはしない
かと思うと切り替え後敵が安全な位置に移動するまで待つ必要がある場合も。

トラップ・敵の配置・動き。ひたすら覚えるしかありません。





 2. ランダム要素



Montyを押しつぶす通称「Crusher」。
土管みたいのが上下に移動してMontyの行く手を邪魔します。

Monty on the run

こいつの動きがランダムっぽい感じです。一定間隔で動いているわけでは無いように思えます。
上下の動きも早くてミスする可能性が非常に高いです。
いくつか通過必須の箇所があるのである程度タイミングを見つつつ祈りながら通過。

上記は通過必須箇所の一つ。
この2連続Crusherを抜けた次の画面にもCrusherが。



Monty on the run

このCrusherがかなりの速さで上下するんですよ......
上記2連続Crusherも含めこの辺りは1ミスもやむなしか。



もう一つのランダム要素がワープ。

Monty on the run

Montyの左にある「柱」みたいなのがワープ。色が変化しますが特定の色のときでないと通過できません。
この色の変化間隔と変化する色がランダムっぽいです。どの色で通過できるかは場所によって違います。
ここの場合は緑。

目的の色になるまでひたすら待つときもあればすぐ突入できるときも。辛抱強く待つ。
焦ると想定外のワープに......たいていワープ先は面倒なこと(Crusher通過とか)になってます。


場所によってはショートカットとしてあえてワープするときもありますね。





 3. Drive Sir Clive's C5



Monty on the run

Drive Sir Clive's C5。それはMonty on the runにおける最大の難所。

Sinclair C5(Sinclairが開発したペダル付きバッテリー駆動3輪車)に乗って高速移動しつつ障害物をかわさなければいけないのですがタイミングが取りづらいです。
注意しなきゃいけないのは以下の3つ。

  • 慣性ありで速度可変の高速移動
    気をつけていても想定外の動きをします。余裕を持った操作が必要です

  • 画面切り替えなので先が読みづらい
    画面スクロールしないので切り替え後を想定しながら操作する必要があります
    切り替え前にジャンプ開始するとか、一旦止まって位置調整するとか

  • ミスを誘う絶妙な配置
    障害物の配置が似ているようで微妙に異なる。したがってジャンプのタイミングも微妙にずらす必要があります
    何となくの感覚でジャンプしてしまうとミスにつながります



ランダム要素がないのが唯一の良いところです。タイミングを覚えこめば攻略できます。
それでも相当難しいのは間違いないです。





 4. Monty Freedom Kit



タイトル画面でMonty Freedom Kitが選択できます。
左右で選択。下で決定。

Monty on the run

ここで正しい選択をしないとエリア途中で先に進めなくなってしまいます。
当然クリアはできません。

正解(上記画像が相当)は以下の通り。

  • 02 Jet Pack
  • 04 Rope
  • 12 Passport
  • 13 Gas Mask
  • 16 Barrel


とはいえ、この情報は探せばすぐ出てきますしTheC64 MINIであればゲーム選択時の説明文に書かれています。
その意味では他の内容に比べれば良いほうです......入力ミスさえしなければ!(1回ミスした)


ちなみにPassportを忘れるとフランス行きの船に乗れません。

Monty on the run

意訳:
あなたは税関を「こっそりと」通過しようとしたために捕まってしまいました
パスポートが無いためこれまでの得点はすべて没収されました

最後の最後でクリアならずとなるので悲しいことに......






他にも細かい注意点がありますが上記4つが難しさのポイントと感じました。
逆に言えばこれらに注意すればクリア出来る。
最初にプレイしたときは「私にクリアできるのかこのゲーム?」と頭を抱えましたが何とかできちゃうもんです。
THE C64 miniもあるのでチャレンジはしやすくなっていると思います。

興味があれば是非プレイをどーぞ!

週末にファイナルファンタジーV エクスデスメドレー リメイクをアップロードしました。
曲置き場からどーぞ。

曲の順番は以下の通り。

  • 決戦
  • 覇王エクスデス
  • 最後の戦い


実質ラストバトルメドレーです。

今回のリメイクで「各パートを際立たされること(特にギターとドラム)」と「演奏パートの見直し」を行いました。
例えばメロディパートは適宜シンセに変更して変化をつけています。
ただしもともとのアレンジコンセプトはそのままです。
ギターとドラム中心アレンジとか決戦リズムパートの変更などが該当しますね。

次の曲の予定です。
ファイナルファンタジーV エクスデスメドレーのリメイクとなります。

例によって音源の入れ替えとバランスの見直しを実施しています。
メドレーなのでちょっと時間がかかっちゃいましたね。


いつもどおり週末公開予定です。
今しばらくお待ちください。

Cubase 11を導入したい

昨年リリースされたCubase 11
既に購入済み(アップデート)なのですがまだ旧バージョン(Cubase 9)のままです。
これは単純にまだ曲作成中だから。

10をスキップしたので相当変わっていると思うんですよね。早く使いたいなぁ。
まずは今作っている曲を完成させなければ。
曲作成が終わればCubase 11導入です。


ちなみに前回のアップデートの際もこの時期に似たようなこと言ってました
その時は年明け1曲目作ったあとにインストールするのを忘れてしまい導入が遅くなってます。
今回は忘れないようにしないとー。

液晶モニタを買い換えたい

私は24インチ液晶モニタを2つ使っています。EIZOのS2410WとBENQのFP241W。
メインはS2410Wなのですがそろそろ限界の予感です。

いや全くもって普通に使えるのですが、下から覗くように見ると一部の色変化が激しいです。
ちょうど制御基板があるあたり。熱ですかねぇ~。
昨年はグラフィックボードHDDの想定外の故障で慌ててしまったので今回はそうなる前に対処しておきたいです。


画面サイズは24インチのままにするとして問題は解像度。
WUXGA(1920x1200)です。フルHD(1920x1080)ではありません。

フルHDなら選択肢豊富ですがWUXGAは結構限られます。
曲作りでウィンドウいっぱい開くので出来るだけ解像度は高いほうがいいと思ってます。
なので120ピクセルでも大きいほうがいい!

解像度だけを考えれば4Kを選ぶという選択肢もありますがそうなると画面サイズが大きくなってしまいます。
27インチとか。しかし2つのモニタサイズがあっていないのはちと困る。
そうなると2つ購入となりますが場所的に難しい。そもそも1つだけ買ったとしても配置には苦労しそうです。



もろもろ考慮すると24インチでWUXGAですね。現行と変わらず。
予算との兼ね合いもありますがなるべく早くモニタを交換してしまおうと思います。
そもそもモデルが古いからHDMIがないんです。DVI変換で利用中ですがこの辺も買い替えで使いやすくなることを期待。

1/35 40/43M ズリーニィIIを作る

40/43M ズリーニィII

ブロンコモデル 1/35 40/43M ズリーニィIIの作成を開始しました。

このキットはだいぶ前に買ったのですがずっと放置状態。
パーツ分けが結構細かくてですねぇ......手を付けずじまいでした。


しかしこのままだといつまでたっても作らない。
ならばやるか!ということで今回作成を開始しました。
最近模型ネタやってなかったってのもありますね。ちょうどいい機会です。



現在は砲部分を作成中です。

40/43M ズリーニィII

のんびりいきます。

大神 絶景版クリア

大神 絶景版

大神 絶景版をクリアしました。
感想はひとこと「大満足」。

最初こそシステムを覚えるのに手間取りましたがそのあとはぐいぐいっとのめりこみましたね~。
日本の昔話や神話をうまくミックスしたストーリー及び世界観。
どこかで見たことあるキャラクター達。素晴らしい音楽。
ニヤリとさせられる演出......いや、演出というか元ネタそれか!的な。
八犬士イベントのボスなんて最たるものですし、ラスボス倒した時もカプコンらしい演出が。


個人的には終盤で伏線が一気に回収されるのが最高ですね。
いろいろスッキリしました。ウシワカの存在とか、イッスンの役割とか、そもそも物語の始まりとか。

そしてラストからスタッフロールまでは釘付けでしたね。
特にスタッフロールが終わった後が一番びっくりしました。
そのあとオープニングを見直したのはいうまでもなし。



難易度はそれほど難しくなくやりこみ要素もある。万人におすすめできるゲームだと思います。
プレイしたことない方は是非是非どーぞ!

THEC64 Miniを購入

THEC64 Mini

THEC64 Miniを購入しました。
理由はMonty on the runをプレイするため。


......何となくとTHEC64 Miniの情報見ていたら収録ゲームの中にMonty on the runがあるのを発見。
お?!ということは!THEC64 Mini買えばMonty on the runプレイできるじゃないですか!
ということで購入。

いや~よく考えれば収録されていても当然のゲームですよねMonty on the run。


モノはこんな感じ。

THEC64 Mini

大きなコントローラが目を引きます。
その他接続用のケーブル類やマニュアルが付属。


ファミコンカセットと大きさ比較してみます。

THEC64 Mini

ファミコンカセット2つ分ぐらい?

接続は他のミニシリーズと同じようにHDMI出力+USBMicroでの給電。
給電とは別にUSBコネクタが用意されており、そこに先ほどのコントローラを接続できます。
その他USBメモリ経由でファームウェアのアップデートなども可能。
プレイ前にファームウェアをアップデートしておきました。




THEC64 Mini

ゲーム選択画面。
今回はMonty on the runの話ばっかりですが他にもゲームは収録されています。



さっそくMonty on the runをプレイしましょう。

THEC64 Mini

おお、とうとうあこがれのMonty on the runがプレイできるぜぇ......もうドキドキが止まりません!



THEC64 Mini

ですが、プレイ過程でいくつか課題が出てきました。



  • 曲のスピードが速い。おそらくゲームスピードも速い

これはPALとNTSCの違いだと思われます(たぶん)。
Youtubeなどでよく見ていたMonty on the runはPAL版なんでしょうね。

ファームウェアを最新にするとTHEC64 Mini自体をPALかNTSCにするか選べます。
本体をPALにすればスピード変わるか?と思いましたが特に変化なし。
そもそも画面出力先のTVが50Hzに対応していないのでこれが根本原因かもしれない。
これは諦めます。何度かやっていたらスピードには慣れてきた。



  • 付属コントローラが操作しづらい

これは予想していました。あれはちょっと操作しづらいでしょうね。
調べてみるとPS3のコントローラが接続できるとのこと。
手持ちのPS3コントローラを接続してプレイしたところ操作感はかなり向上しました
ただし挙動が怪しいときあり。またボタン配置が出来ません。



  • Monty on the run自体が難しい

もっとお気楽にプレイできるゲームかと思いましたが......なかなかの難易度です。
Montyのジャンプ力はだいたい1キャラ分。

THEC64 Mini

ポット(?)をジャンプで避ける。

敵をジャンプするには縦も横もギリギリ。
加えて敵の移動速度が速いのでタイミングをよく考えないとすぐミスになります。
そもそも配置がいやらしい。そしてマップが広い。




そんな感じで課題はありますが大きく支障があるものではないですね。
引き続きMonty on the runのプレイを続行中。
......今のところゲームオーバーの画面を何度も見るはめにはなってますけど。



THEC64 Mini

Monty on the runは何度もプレイして覚える系のゲームだと思います。
敵の動きや配置、地形などを覚えて先に進めていく感じです。
上記画面(ゲーム開始から2画面目)も何度もプレイしてそこそこ安定して超えられるようになりました。
最初はここでミスを連発してたんですよ。



THEC64 Mini

先は長いが何とかしてクリアしてやるぞ!

サントラ紹介:The Vagrant OST

The Vagrant OST

The VagrantはメトロヴァニアタイプのアクションRPGです。

ヴァニラウェアを敬愛する開発者が作ったとのことで2Dのグラフィックはとってもきれい。
キャラクターもグリグリ動いて操作が楽しい。エンディングの分岐もあってかなり遊べるゲームですね。
スクリーンショットや動画見て興味があれば買っておいて損はないかと~。
私は2周しました。
1週目はノーマルエンディング。2週目はトゥルーエンディング(ただし攻略サイト利用)。


で、そのThe Vagrantのサントラが「The Vagrant OST」。
当然BGMも良いものがそろっているわけでして。

わたしのおすすめは「Fight the General」と「Secret Workshop」。
Fight the Generalは2つあるボス戦曲のうちの1つ。
スピード感のあるロック調の曲でいかにもボス戦!って感じの曲です。
Secret Workshopはマグヌスの工房エリアで流れる曲。
4つ打ちのリズムが気持ちいいです。「魔術師の工房(実験室?)」という雰囲気にもマッチしています。



アルバムはbandcampで購入可能。価格は$7です。
他のダウンロードサイトでも購入可能だと思われます。




収録曲


1. Ancient Ruins
2. Memorial
3. Brocley Village
4. Boss Fight
5. Ancient Battlefield
6. Bloodlines
7. Catacombs
8. Main Theme
9. Halindle Mountain
10. Fight the General
11. Respite
12. The Great Bear Spirit
13. Soulreaper
14. Esgonian Keep
15. Plains of Seurdor
16. Flashback
17. Esgonian Tower
18. Fire!
19. Secret Workshop
20. Gadfly Forest
21. The Void
22. Wheatawn City

PCゲーム

ちょっと昔の「PCゲーム」がプレイしたくなりました。2000年ぐらいのPCゲームです。

以前ここに書いたPCゲームの箱を並べた話(PCゲームの一部を整理)を見てたら当時のことを思い出したんです。
あの頃はPCゲームの発売日調べて、更にショップ(主にOVERTOP/メッセサンオー)の入荷予定を調べた上で買いに行きましたねぇ。


もちろんSteamやGOG.comでプレイできるものもありますが未配信のものも多い。
更に言うと当時の日本語版となるとますます難しい。
手持ちのソフトをWindows10の環境にインストールするとしても古いので結構工夫が必要です。

一番やりたいのはTom Clancy's Rainbow Six: Rogue Spear。
Need For SpeedのUndergroundシリーズもやりたいですね。
アリスインナイトメアも久しぶりにやってみたい。



持っていないもので是非配信してほしいのはLemmings。
どうせだったらシリーズまとめて出してほしいです。
3D LemmingsとかLemmings Revolutionとかも!

あと手に入ればやってみたい!と思うのがPCのReturn to Zork 日本語版。
日本語版なので配信はまずないでしょう。当時ものを探すしかない。
Return to Zorkはプレイステーション版をクリアしていますが、PC版で且つ日本語版がやりたいんですよ。
GOG.comのDOS版Return to Zork英語版がとてもプレイしやすかったのでPC版を試してみたいんです。
マウス操作はプレイしやすかったですね。

カレンダー

<   2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
leSYN情報発信所EXTRA
作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ