1/35 SU-85Mを作る

SU-85M

昨年買ったキットを作ろう!ということでサイバーホビー(ドラゴン)のSU-85Mを作ります。
このキットはセールで購入。セールと聞くと思わず買っちゃうというか・・・ハイそういう経緯です。

SU-85Mは車体がSU-100で砲がSU-85。後継のSU-100の砲生産が追いつかずSU-85の砲を搭載したものらしいです。
Wikipediaより
車長用キューボラの有無がSU-85との一番分かりやすい違いですね。
あとは前面装甲の厚みが違うそうな。




さて、このキットですが調べてみるといくつか手を加えてあげた方がいいみたいです。
ですが今回はサクサク作業したいのでそれほどこだわらずに作ってみようかと。
とりあえず長すぎる防盾は修正確定。他の部分は様子見ながら。



SU-85M

現在は車台下部を作成中。ぜんぜん面白くない絵面です。

仮で車台上部をつけてみましょう。



SU-85M

ああ、なんかそれっぽい格好に。

「ストリートファイター2で1コインクリアがしたい」の続き。

スト2

無事春麗で1コインクリア出来ました!
上記画像のとおりベガに勝利!


ただし、前回とは条件が変わっています。
変えた条件はひとつ。

  • 「空中投げにこだわる」 のをやめた


いやー前回やりたかった空中投げ出来たからいいかな〜、っと・・・・
あと狙いにいって返り討ち、途中で負けちゃうときもあったので。

とはいえ実施できるときは実施。ダメージも地上投げより幾分大きいですし。




またゲーメストのスト2増刊を見てCPU戦の情報を収集。


スト2

当時買ったときはもうダッシュ全盛期。なのでこの増刊はファンアイテム・読み物として買ったんですわ。
ここに来て役に立つ時が来るとは。


増刊号で得られた内容は以下の通り。

  • 百烈キックパターンの利用


ジャンプ小キック無いし中キックで飛び込んで百烈キックで削る。ヒットする場合もある。
それなりに連打力が必要なのでベガ戦での利用は見送ったが他の相手では利用。

  • サガット戦での空中投げ(通称なわとび)


一度ダウンさせて起き上がるときに飛び越すようにジャンプする。
するとあさっての方向にタイガーアッパーカットを出すのでそこを空中投げ。これを繰り返す。
もっともこれをやらなくてもタイガーショット先読みジャンプからの3段でじゅうぶん勝ててた。
しかしタイガーアッパーカットを確実に空中投げできるということでやってみた。決まるとポイポイ空中投げできるのでまさになわとび。

ほぼ同じことをガイル戦でやってた。

  • 対ベガ戦


ジャンプ中キック・小キック中心に空中戦を仕掛ける。
画面端での斜めジャンプ中キックは従来からやっていたとおり。場合によっては空中投げ。
地上ではダブルニープレスその他をしっかりガードし不要なダメージを受けないようにする。
地上戦でが難しい分空中戦で補う。





これら得られた内容を活用して再度挑戦。
数回プレイした後、無事1コインクリア達成と相成りました。

最終的には「プレッシャーに負けない」ことが大きかったです。
具体的には負けそうになっても落ち着いて操作をしパターンを崩さない。
超反応するCPUに対してやぶれかぶれはあまり効かない。四天王に関しては特にそう思います。





スト2

スト2

スト2

スト2

見た人ほとんどが「それは無理!」と突っ込むだろう春麗のエンディング。
エンディング後はスタッフロール。




スト2

久しぶりにエンディング&スタッフロールが見れて感無量。満足です。

Jazz Arrange Version: Final Fantasy IV

Jazz Arrange Version: Final Fantasy IV はSean Schafianski氏によるファイナルファンタジーIVのジャズアレンジアルバムです。

比較的落ち着いたテンポの曲が多く、アレンジの良さと相まって心安らぐアルバムとなっています。
バーやホテルとかで流れていそうな感じ、ラウンジ・ミュージックっぽい感じがしますね。
集中力を高めたいときに聴くと効果がありそうです。


私のおすすめはTheme of Love(愛のテーマ)とRydia(リディアのテーマ)。是非連続で。
サックスがムーディに愛のテーマを奏でます。ひたすら浸れます。あれこれ物思いにふけることができます。
程よく想像をめぐらしたぐらいでちょうど曲は終わり次のRydia(リディアのテーマ)でリセット。
きらびやかなピアノの音色が心地よいです。

またKing Giott's Castle(キング・ジオットの城)もおすすめですね。



アルバムはbandcampで購入可能。
$10となっています。
確認していませんが他のダウンロードサイトでも購入可能な箇所はあるでしょう。



収録曲

1. Prelude
2. Main Theme of Final Fantasy IV
3. Theme of Love
4. Rydia
5. Airship
6. Troian Beauty
7. Samba de Chocobo!
8. Tower of Bab-il
9. King Giott's Castle
10. Illusionary World
11. Lunar Whale
12. The Lunarians

何をしてもいいRPG:Kenshiをプレイ

Kenshi

オープンワールドタイプのRPGであるKenshiをプレイしています。昨年Steamで購入。
荒廃した世界が舞台。北斗の拳っぽい雰囲気があります。
ストーリーはありません。何をしてもいいのですが当面は荒野を生きぬくことが目的となるでしょう。
コンセプト的にはアートディンクのルナティックドーンに似ていると思いますね。



このゲームで操作するキャラクターは一般人。特別強いわけではありません。


何も考えずマップをうろちょろしていたらと突然10人ぐらいの野盗に襲われます。
何も出来ずにボコボコにされます。食べ物盗られます。昏睡状態で荒野に放置されます。
そのうち自力で意識を取り戻します。普通のRPG感覚で敵と戦っちゃいけないことを学ぶ。

それが私の最初のプレイでした。手加減無し。
以前プレイしたDarkest DungeonもハードなRPGでしたが、こちらも別な意味でハードなRPGです。





その後仲間を集め、能力値を上げ、装備を揃える。
ある程度は強くなりました。それが一番上の画面。
見栄え重視でズームアップしていますが普段はもっとズームアウトしています。


Kenshi

これは長距離移動でだいぶズームアウトしていますね。
操作もマウスで移動先や目的を指定するタイプ。






今は野盗にケンカ売って身ぐるみ剥ぎ取り金を稼ぐ毎日です。

Kenshi

タコ殴り。同人数かそれ以下なら勝てます。
正直どっちが野盗だか分かりません・・・・


いつまでも野盗相手にしているわけには行きませんので、安定した強さになるまでいろいろ戦力増強する予定。

Out of the Woods

American McGee氏のカードゲーム「Out of the Woods」 が到着しました。
実際の到着は年末でした。ので買われた方は届いているでしょう。

私が出資したのはカードゲーム本体+おまけのスカーフですが、とても丁寧に作られています。
十分に満足できます。
手元に来るまでちょっと時間がかかりましたが待ったかいはあったと言えるでしょう。







Out of the Woods

カードケース開封&中身。
これ以外にサイン入りのメッセージカードと後述のMysteriousで使用できるディスカウントコードがついてました。
カードとケースはアート作品としても楽しめるかと思います。
ただし絵柄は人を選ぶでしょうね。原作よりの内容で描かれていますし。

このOut of the WoodsはAmerican McGee氏のグッズ販売サイトであるMysteriousにて購入可能です。
Kickstarter版との違いはスカーフその他の付属物だと思うのでカードゲーム/作品として楽しむ分には支障ないかと。





早くも次のクラウドキャンペーンの話が出ています
候補の一つとして「Aliceシリーズのタロット」があるとのこと。
参考としてDevilのイラストが公開されています。
Devilはバンビー。実に分かりやすい。



もちろんAlice Asylumにも期待。EAとの交渉は続いてる模様です。
待つのには慣れているので待ち続けますヨ。

スト2

ストリートファイター2で1コインクリアがしたい!


というのも、初代スト2のCPU戦を行ったんですがなかなか1コインクリア出来なくてですね。
よくよく考えたら当時も数回しか1コインクリアしてなかったような気がします。
それほど今一度1コインクリアを目指そう、ということでここ1ヶ月ほどCPU戦にあけくれてました。





使用したのはプレイステーションのカプコンジェネレーションシリーズ。

スト2


使用キャラは春麗。当時1コインクリアしたのが春麗だったから。

基本的な戦略は春麗3段(ジャンプ大パンチ→立ち中パンチ→しゃがみ大キック)が中心。
3段目をしゃがみ中キックにしたり投げにしたりとその場に応じて変えます。
可能な限り有効なパターンにハメてしまいます。四天王もしかり。

更にクリアにあたって以下の条件を加えることとしました。

  • 空中投げにこだわる



春麗の特徴的な技のひとつが空中投げ。
範囲が広く吸い込むように投げることができます。



スト2

相手がジャンプしているときは当然として、空中に浮く必殺技も投げれる。
特に竜巻旋風脚・フライングバルセロナアタックは空中投げしたい。




竜巻旋風脚・フライングバルセロナアタックの空中投げが厳しいですね。
出してくれなかったり、出しても位置取りが悪かったり。

何回もチャレンジしました。
そして先日ようやく両方とも空中投げしつつベガまでいけたんですわ。


竜巻旋風脚

スト2

普段はバックジャンプから空中投げをするのですが、このときはいちかばちか前方ジャンプ中に実施して成功。
運が良かった。





フライングバルセロナアタック

スト2

間合いとタイミングを調整して投げる。





そんな感じ進んでましたがベガで敗北。


スト2

ベガだけいい感じの攻略パターンが作れてません。
画面端で斜めジャンプ中キックの繰り返しとジャンプ小キックをめくりぎみに出して着地と同時に投げってのがある程度効くのですが。
防御固めてると投げられますし。
このプレイのときはあと一歩でした。特に上述の空中投げ2つがきれいに決まっただけに悔しい。

・・・・あまりにも悔しかったので思わずコンティニュー。





スト2

心機一転ザンギエフのエンディングを見よう!




スト2

ボディプレス連発+スクリューで勝ってしまった・・・・
いやいや負けると思ってたのに。




ということでエンディングだ!





スト2

スト2

スト2

スト2

スト2

スト2

スト2

スト2

スト2

スト2のエンディングの中でも屈指の面白いエンディングかと。



・・・・そんなこんなでまだ1コインクリア出来ていません。
上記のプレイが一番惜しかったんですよ~。

このチャレンジは続きます。
続・ストリートファイター2で1コインクリアがしたい

今年の目標2019

例年通り昨年の目標振り返り及び今年の目標設定を実施します。
昨年の目標は以下の通りでした。

  • 新作作成率を増やす
  • 「昨年と同じような」落ちついた曲を作成する



オプション項目

  • ヘッツァーを完成させる。加えて積んであるキットを消化する




結果は・・・・ヘクター'87以外は新作。落ち着いた曲は作成できず。
オプション目標のヘッツァーは無事完成。しかしながら積みを増やしてしまった。
どちらも1勝1敗。




それぞれ振り返ってみます。


  • 新作作成率を増やす

    6つ作成のうち5つ新作。一昨年の新作は半分だったので十分な結果を得られたと言っていいでしょう。
    ただ新作に強く固執する必要もないかなというところ。ここは次の話とも繋がります。




  • 「昨年と同じような」落ちついた曲を作成する

    出来ませんでした・・・
    実は曲/ゲームも決めて結構作成していたのですがどうもうまくない、と断念してます。
    具体的に作る曲・アレンジ・ゲームが決まっていても作れない時がある。難しいもんです。

    そういった意味でリメイクはやりやすいんです。上記の要素がある程度固まっていますので。



  • ヘッツァーを完成させる。加えて積んであるキットを消化する

    ヘッツァーは無事完成。長年積んでいたキットを無事完成することが出来て良かった。
    ・・・・・それで気を良くしたのか新たにキットを増やしちゃったんですよねぇ・・・まだあるのに・・・






これらを踏まえ、2019年の目標は以下の通りとしました。


  • 今年こそ落ちついた曲を作成する
  • 海外ゲームの購入&プレイを増やす



落ち着いた曲は何とか作りたい!
昨年作りかけのは一回忘れてもう一度模索。
海外ゲームに関しては年頭でも述べたとおり是非やりたいと思います。
一度「ほしいリスト」を整理しますか。



「出来たらいいなぁ」のオプション目標は以下の通り。

  • 積んであるキットを消化する


こちらもリベンジといきましょう。
そもそもそれほど多く増やしたわけじゃあないんです。
ただ私はゆっくり作るので減るのも遅い。明示的な目標にしてしまったほうがやりやすいはず。



そういえばWindows7も来年早々にサポート終了ですね。
うちにもまだ残っているのでアップグレードしないと。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は作成期間が長かったり短かったりで少し波のある曲作りになってしまいました。
今年はそのあたりを何かできればと思います。

また、海外ゲーム購入に少し力を入れたいと考えてます。NESとかSNESなどなど。
買うぞ買うぞと思って次回!とするのはよくあるパターン。
それだといつまでも買えないので今年は買っちまえとしたいですねぇ。

2018年 My ベストゲーム

今年も私の独断と偏見による2018年ベストゲームをご紹介。
今年プレイしたゲームの中から印象深かったゲームを3つ上げたいと思います。

なお、今年発売かどうかにはこだわっておらず、プレイしたのが今年(2018年)なのかが条件になっています。



 Slay the Spire (PC)


Slay the Spire


ローグライク+デッキ構築型カードゲーム。Steamで配信中。
相性のいいシステム同士が合体してリプレイ性の高い内容となっています。
現在(2018年12月)は早期アクセスですが2019年1月には完成となる予定。
サントラもおすすめです。




 アンゴルモア99 (PS1)


アンゴルモア99


UNO似のカードゲーム。PS1。ゲームアーカイブスでも配信中。
見てのとおり出てくるキャラクターが濃すぎる!
人外も豊富に登場。チュパカブラやカブト虫が相手として出てくるゲームってのはそうそう・・・いやこのゲーム以外見たこと無い。
見た目のインパクト大。それだけで十分楽しめる。
多人数でツッコみながらやれば更に楽しめるでしょう。




 Dark Castle (MD/Genesis)


Dark Castle


メガドライブの高難易度ゲーム。海外でのみ発売。
操作性の悪さやステージ目的の分かりにくさなどが原因で高難易度になっています。
ゲーム自体は歴史があって有名なゲームなんですけど移植があまり良くなかった模様。
初見は予想通りさっぱり分からずすぐ死ぬ。

ですがその後攻略法を調べなんとかゲームクリア。
コツ、というかポイントをおさえればサクサク進むようになります。
ゲームの流れを無視していきなりラスボス突入も出来ますし。




その他今年良かったと思うゲームはCuphead(PC)や夜廻(PC)、Wreckfest(PC)、Pit People(PC)などです。
こうしてみると早期アクセスのゲームによかったと思えるものが多い印象。
早期アクセスはメリットデメリットありますが、気になるんだったら買っちゃえ!ってことなんでしょうね。

Steamはホリデーセールですね。いつものようにウィッシュリストを消化してます。

で、最近知ったのですがPOSTAL The MovieがSteamで配信されてたんですよ。
映画版Postal。
いやぁ買ってしまいました。DVDとブルーレイ持ってるのに・・・。
DVDとブルーレイ買ったときの感想はこちら
ゲームそのままにヒドい内容(※褒め言葉)です。



ホリデーセールでPostalシリーズどれもお安くなっています。

Postal セール

いっぱいありますがおすすめはPostal2ですね。
POSTAL The Movieの原作でもあります。
2をプレイしてからPOSTAL The Movieを見ればより楽しめるはずです。

そもそもPostalって何?という場合はWikipediaを見てからご判断ください。
普通のゲームじゃあ、ないですね・・・・


Postal ReduxはPostal1のリメイク。
Postal IIIは訓練されたファン向け。
Paradise Lostは2のDLC。IIIの後にリリースされたDLC。

なお、上記POSTAL The Movieのお値段はレンタルの価格。
購入なら245円(セール価格)なので注意。
日本語字幕もありませんが2をプレイしていればだいたい分かるかと。

カレンダー

<   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ