Brass 2: Mouth

Brass 2: MouthはMinibossesによるファミコン(NES)のアレンジアルバムです。
以前紹介したBrassの続編的存在。

このアルバムの特徴はアルバムの半分を占めるエキサイトバイクアレンジ。
単純にテンポを変えたものからうわこれエキサイトバイクだ!と後から分かるものまでさまざま。
なかでもゼルダの伝説地下のテーマとマッシュアップした「The Legend of Hallowbike」はおすすめ。
「?」と思った曲はたいていエキサイトバイクだと思っても過言ではないかも。


なので私のおすすめも「いろいろなエキサイトバイクアレンジ」となるのですが、それだと終始エキサイトバイク推しで終わってしまいます......


エキサイトバイク以外でおすすめは以下の通り。

  • Sports!!!
  • Kid Icarus



Sports!!!はR.C. Pro-Am/プロレス/コナミック アイスホッケー/ハイウェイスターのメドレー。
スポーツといっていいか疑問もありますがなかなか見ない選曲と構成。
Kid Icarusはパルテナの鏡メドレーです。



アルバムはbandcampで購入可能。PWYW(あなたが払いたい額を入れてね形式)となっています。
確認していませんが他のサイトでも聴けると思われます。




収録曲

1. Sports!!!
2. Tecmo Bowl
3. Vantam
4. Excitebike 9
5. The Legend of Zelda
6. The Legend of Hallowbike
7. Ghosts n Goblins
8. Excitebike 11
9. Aphexcitebike
10. La Moto Eccitato
11. Kid Icarus
12. Excitebike 17
13. Super Mario Bros 3
14. Goonies 2
15. Excitebike 20
16. Excitebike 14
17. Excitebike 13
18. It's not for sale, Francis

Apple Slashをプレイ&クリア

Apple Slash

先日のSteamウィンターセールで購入したApple Slashをプレイ&クリアしました。
ツインスティックシューターのアクションアドベンチャー。
プレイ自体は非常に短いです。1時間もあればクリアできます......が満足度は高いかと。



なんといっても剣さばきが気持ちいいです!

Apple Slash

ズバズバ切っていく感じ。敵は適度な硬さ・強さでストレスは感じません。
特殊技もいくつか用意されているので要所要所で使い分け。
立ち回りが重要です。飛び道具を撃つ敵には要注意!


短いゲームと分かってはいますが続きがプレイしたいですねぇ。感覚的には第1章-完-ってところで終わりですから。
でもいい感じで終わります。満足感の高いプレイでした。
物足りない方は「15分でクリア」や「ノーダメージクリア」などの実績を狙ってみるとよいかもしれません。

......あ、曲が気に入った方は是非サントラとのセットをどーぞ。

今年の目標2021

例年通り昨年の目標振り返り及び今年の目標設定を実施します。
昨年の目標は以下の通りでした。


  • 今年は(2020年)過去作のリメイク中心
  • 年間の曲制作数6曲以上



オプション項目

  • 昔クリアできなかったアクションあるいはシューティングをクリアする(新規に選んでもよい)



結果。
先月公開した ファイナルファンタジーIX バトル1以外はすべてリメイク。
しかし年間の作成数は5曲。6曲に達せず。
昔クリア出来なかったゲームのプレイとクリアはいくつか実行。
しかしアクションあるいはシューティングではない。

1勝1敗1引き分けというところですかね。




それぞれ振り返ってみます。


  • 今年は過去作のリメイク中心

    予定通り実行。
    昨年の目標設定時にリメイクしたい曲がいくつかある、と述べましたがだいたいその通り実行できたかなと。


  • 年間の曲制作数6曲以上

    リメイク4曲新曲1曲の全部で5曲。
    一昨年(2018年)が4曲だけだったので数を増やすくべくリメイクの数を増やしました。
    これはリメイクは比較的早く作れるから......のはずだったのですが、毎回それなりに手を入れてしまい結果時間がかかってしまいました。
    選曲やどんなアレンジをするかにも左右されますね。
    実際にはこのサイトで公開しなかった曲もあるのでそれを入れれば6曲オーバーしますが、それは、それだ。


  • 昔クリアできなかったアクションあるいはシューティングをクリアする(新規に選んでもよい)

    弟切草Law of the west 西部の掟をクリアしています。
    両方ともプレイ・クリアしてみたいと思っていたゲームですが、アクションやシューティングではないです。

    実はスターソルジャーのクリアにチャレンジしていました、が8面ぐらいで足踏み。
    ビッグスターブレインが思ったより硬い。4つの砲台に32発叩き込んだ後にコアに攻撃しないといけない。
    かといってゆっくりプレイしていると時間切れでステージ中間まで戻されてしまう。

    わざと被弾して正面2発後ろ1発の3方向にすると比較的早く倒せます。
    その場合5方向に戻すための作業がまた大変。
    更に被弾してバリア無くしたうえでパワーアップアイテムを取る。これが安定しなかった......
    まだまだ改善点が多く、道半ばという感じですね>スターソルジャー






これらを踏まえ、2021年の目標は以下の通りとしました。

  • サーフロック風アレンジの曲を作る


ファイナルファンタジーIX バトル1のサーフロック風アレンジに手ごたえを感じたので続投。
サーフロック風アレンジは今までも何度か作成してますのでいけるでしょう。
もしできるのであれば1曲だけでなく2曲!




「出来たらいいなぁ」のオプション目標は以下の通り。

  • 年間の曲制作数6曲以上
  • 昔クリアできなかったアクションあるいはシューティングをクリアする(新規に選んでもよい)



2つとももう一度トライします。
ただし曲数はその時の状態にもよりやってみないと何とも言えないのでオプション目標にしました。
ゲームのクリアについてはスターソルジャー以外も検討。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年はいろいろありましたが、活動を続けることが出来ました。
今年も引き続きさまざまな曲を作っていきたいと思います。

もちろん、他のこともやっていきます!
言い換えれば今年も「マイペースで私らしいものを」を目指しますよ!

2020年 ウィンターセール

Steamウィンターセール開催中です。
今回購入したものは以下の通り。



小粒なものを中心に購入。

Apple Slashはツインスティックシューター風剣振り回しアクション。
ズバズバ切りまくりで爽快感がありそうです。

Missile Command: Rechargedはミサイルコマンド現代版。アイテムもあればアップグレードもある!
それでいてセール価格が105円!今回一番おすすめしたいゲームです。

Workers & Resources: Soviet Republicはソ連スタイルの都市建設シミュレーションゲーム。
赤いシムシティということでよろしいでしょうか。まだ早期アクセスなので今後に期待できます。

Dungeon Warfareはタワーディフェンス。他のタワーディフェンスに比べると敵の数が多いように感じます。
2もありますがまずは1から。気に入ったら2も買おうかと。

Passpartoutはオータムセールで購入済み。曲が気に入ったので今回サントラを購入。
ゲーム自体もおすすめです。新進気鋭の絵描きとなってひたすら絵を描き売るゲーム。
買い手の評価を見ながら絵を描いていきます。絵心無くてもなんとかなりますですハイ。



あとはSwitchのセールも気になりますね。
こちらも気になるものがあれば購入の予定。

2020年 My ベストゲーム

今年も私の独断と偏見による2020年ベストゲームをご紹介。
今年プレイしたゲームの中から印象深かったゲームを3つ上げたいと思います。



 弟切草(SFC)


弟切草


サウンドノベルシリーズの一作目である弟切草をプレイ。ずっとプレイしたかったんですよ。
謎の洋館が舞台のホラーものということで「かまいたちの夜」とは違う恐怖を体験することが出来ました。
ピンクのしおりになってからはギャグ/ネタ系選択肢豊富に。
本来のシナリオとのギャップが激しくて、毎回変な選択肢が出るのが楽しみでしたね。





 Serious Sam4(PC)


Serious Sam4


撃ちまくりFPS「Serious Sam」シリーズの4作目。
ストーリー重視がどうなるかと思いましたが良い味付け具合。
Sam以外のキャラも単なる添え物ではなく、きちんと掘り下げられているように思えます。
私のお気に入りのJonesは早々に退場してしまったのでちょっと悲しい。
途中で出てきた別次元のサム(とノンナ)の活躍が気になります......DLCかあるいは次回作か。





 オクトパストラベラー(Switch)


オクトパストラベラー


フィニスの門・ガルデラ撃破に挑戦。
3回挑戦する羽目になりましたがその甲斐はありました。
なんと言っても曲が最高!素晴らしい曲でテンションは無駄に上がる!
曲を聞けば今でもその時の激闘が思い起こされます......特に全滅したシーンが。





その他、印象に残ったゲームは以下の通り。

  • 地球防衛軍5
    地球防衛軍は何度やっても飽きないです。EDF! EDF!
  • 登山RPG ~銀嶺の覇者~
    大自然と戦う......文字通りだった
  • DOOM3 BFG
    当時クリア出来ずじまいで心残りでした。クリア出来て良かった
  • キラーバス
    釣りゲームだけどすっごくホラーテイスト。特にBGM!


今年は例年以上に新作・旧作・ハードもさまざまだったように思えます。
気になるゲームが増えたんでしょうね。その分楽しみも増えるってことですよ!

週末にファイナルファンタジーIX バトル1をアップロードしました。
曲置き場からどーぞ。
なお、曲の紹介部分にアレンジを明記するようにしました。
この曲はもちろん他の曲も出来るだけ記述を追加しています。

アレンジはサーフロック風です。イントロ部分でそれはすぐ分かると思います。
全パートは入れられないので減らして特徴的な部分を残す形にしました。
サーフロック風アレンジは過去にもいくつか作成していますが、今回はいい感じのノリになったと思います。
聴いてて体を小刻みに揺らしたくなる曲、そんな風になったかと。

今年の曲制作はこれにて終了。サーフロック風はもう少し作ってみたいですね〜。
あとはまた来年に。

次の曲の予定です。
ファイナルファンタジーIX バトル1です。
アレンジはサーフロック風です。

今年は全曲を過去曲リメイクにしようと思ってました。
が、ふと思いついて冒頭だけ作ったこのアレンジ。
思った以上にいいノリ感が出まして。

......これは冒頭以外も作りたい!......じゃあこの曲作っちゃおう!

ということで制作に至りました。
数年前に「勢いを大事にしよう」とも言っていましたし。


いつもどおり週末公開予定です。
今しばらくお待ちください。

2020年ブラックフライデー

週末はブラックフライデーでした。


数年前からソフトウェア音源やエフェクト・プラグインのセールは前倒し気味ですね。
1週間前/2,3日前は当たり前。
メーカーによっては2週間ぐらい前から早だしセールっぽいのをやってたりします。

今回もあらかじめ欲しいものを決めて購入しましたが突発で買ったものもいくつか。
そんな一つがRC-20 Retro Colorです。レコードやVHSのようなレトロ感を与えるためのエフェクト・プラグイン。
デモを使ってみたら使いやすかったので購入。XLN Audio社の製品は総じて使いやすいと思います。


SteamではPasspartout: The Starving Artistを購入。
新進気鋭のアーティストとなってひたすら絵を描いて売るゲーム。
絵は実際にマウス等で描きます。適当にマウス動かしているだけでも何かそれっぽい感じに。
これか?あれか?と絵を描いているとあっという間に時間が経ってしまいます。
楽しい。

スイッチでも「パスパルトゥー:アーティストの描いた夢」としてリリースされています。
気になる方は是非どーぞ。

オクトパストラベラー

オクトパストラベラーの「フィニスの門」に再挑戦しました

結果:無事ガルデラ撃破!


無事前回のリベンジを果たすことが出来ました。よかったー。
再挑戦にあたって作戦を練り直しています。
それに合わせて準備のやり直しも実施。

ということで今回は作戦検討&準備編、ガルデラ再々挑戦編の2つでお送りします。





 作戦検討&準備編



まず前回の敗因を考えます。
細かいミスもありますが一番は「『黒呪帝ガルデラ』だけになったときに回復が間に合わなかったこと」だと考えています。
回復要員は薬師のプリムロゼでした。全体回復するとなれば奥義が必要で力不足だったのかもしれません。
加えてBP供給役も兼ねてましたのでやることが多かったのかも。


ということで第2パーティーのジョブを変更。

  • 変更前
    オルベリク(剣士/武芸家)
    ハンイット(狩人/剣士)
    プリムロゼ(踊子/薬師)
    トレサ(商人/ルーンマスター)

  • 変更後
    オルベリク(剣士/武芸家)
    ハンイット(狩人/薬師)
    プリムロゼ(踊子/神官)
    トレサ(商人/ルーンマスター)



プリムロゼを神官にして全体回復が出来るように。
ハンイットを薬師にしてBP供給と回復。

プリムロゼの役割を一部ハンイットに割り振った形です。
ハンイットは剣士だったので火力は低下しますがその分耐えられるになっているハズ。



更に以下を実行しました。

  • 装備の見直し

ジョブが変わったので装備を見直し。
特に全体回復役のプリムロゼは属防を上げます(=回復力が決まる)。
彼女の属防は800オーバーになりました。これによりBP3つ使えば5000は回復します。


  • 全回復のジャム入手

回復の安定化のために全回復のジャムを入手しておきます。
サブストーリー、宝箱、買い取り、盗むなどして回収。15個ほど用意しました。
必要に応じて使います。特に第2形態。


  • プリムロゼ・トレサ・アーフィン・テリオンのレベル上げ

メンバー間でのレベル差を少なくします。ダメ押しです。
全員レベル70以上となりました。

オクトパストラベラー

これで準備完了!






 ガルデラ再々挑戦編



さぁ3回目の挑戦スタート!
8ボスは例によってハンイット・オルベリク・オフィーリア・サイラスのパーティで対処。
特に問題なしです。もちろん休憩は随時挟みます。

続いてガルデラ第1形態・眼球戦。
パーティの配分は以下の通り。


オクトパストラベラー

作戦検討&準備編で話していた通りの配分。
第1形態は前回と同じメンバーでジョブも変えていません。
メイン火力はサイラス。ただしブレイクを積極的に狙いました。ブレイクしてしまえばその分攻撃を受けなくなるのでより安定します。
当然ブレイク中に攻撃は全力で叩き込む。



結果。

オクトパストラベラー

無事眼球撃破。



さて、ガルデラ第2形態。
ここからです。

トレサが拡散のルーン+緊急回避でほとんどの攻撃を回避。
プリムロゼはトレサの準備が整うまでの回復とサポートを担います。
ハンイットも同様。薬師の奥義でアイテム全体化してBP供給。
オルベリクは火力担当。ひたすら奥義を繰り出す。

オクトパストラベラー

前回より火力不足になのでその分「闇のオーラ(味方全体の良い効果を打ち消す)」を受けてしまいます。
ですが慌てず立て直し。
画面上部に表示される戦闘順番にも着目し、被害を最小限にしつつ立て直しを図ります。
この際プリムロゼの大回復魔法が役に立ちました。



「黒き兜・リブラック・呪眼の大剣」を倒していよいよ「黒呪帝ガルデラ」だけに。
いよいよ気を引き締めて掛からねば!



火力によるごり押しは出来ないのでブレイクを狙っていくしかない。
弱点は槍・短剣・弓・氷・光。



オクトパストラベラー

弱点に槍と弓が入っているので千本槍やどしゃぶり矢を使用。
それらがロックされてしまったらBP使ってプリムロゼとオルベリクが短剣で連続攻撃します。

第2形態では積極的に全回復のジャム(+奥義で全体化)を使いますのでBP切れはまず起きない。
1ターンでブレイクできなかったとしても2ターン目にはまずブレイクします。
場合によってはトレサが魔剣士バロガーの覇気を発動。弱点の氷と光による攻撃が入っています。




ブレイク後はオルベリクが奥義発動。

オクトパストラベラー

他のキャラは次のターンに備えますが必要に応じて攻撃。
長期戦は覚悟の上。
行動に無駄が無いよう注意しながら戦いを進めていきます。

神官プリムロゼによる全体回復がだいぶ効いているみたいです。
攻撃を受けても立て直しが早くて危ない場面は少ないように思えます。
しかし気を抜くわけにはいかない。
コマンドの選択は毎回考えつつ慎重を期して実施。




ブレイク3回目、いや4回目だったでしょうか......とうとうその時がやってきました。


オクトパストラベラー

オクトパストラベラー


ハンイットの「狩王女ドレファンドの猛追」にてガルデラ撃破!!!!!!

倒した~!!!






その後会話シーン。内容から察するにこれが真の意味での物語終幕でしょうね。
フィニスの門が閉じ、最後にシャットアウトリボンを入手して終了。


オクトパストラベラー


......ようやく終わりました。

ガルデラは強い。
しかし十分な準備と先を見通した立ち回りをすれば倒せます。

結構助けられたのが「ラストアクト」。25%の確立でターン終了後にもう一度行動。全員につけました。
完全に運任せなのであてにはできませんが結構助けられてます。これはつけててよかった。
全回復のジャムが多めに用意できたのも優位に進められた要因だと思います。


これで心残りなくサントラを楽しむことが出来ますよ。

カレンダー

<   2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ