ライブ・ア・ライブ(SFC)の最近のブログ記事

ライブ・ア・ライブをプレイ中。
前回7つのシナリオすべてクリアしたのでいよいよ中世編です。

中世編のストーリーは「非」王道なRPG。主人公はオルステッド。
途中までは王道な展開だったんですよ。それがあっという間に転げ落ちていく。
「勇者」として期待されたかと思えば一転「魔王」と呼ばれ、親友ストレイボウには恨みつらみを激白され、助けるはずだった姫は自害してしまう。

最終的には全てに絶望したオルステッドが魔王を名乗って終了。
ええ?!......おいおいこれで終わり!?とお口あんぐりな感じ。
壮絶すぎる。が、なるべくしてなったともいえる。



そんな中世編で好きなキャラは僧侶ウラヌス。過去にハッシュとともに魔王を倒した人物。
彼は人間嫌いになったハッシュや魔王と呼ばれたオルステッドに対して人を信じることの大切さを説く。
特にお気に入りがハッシュへの説得シーン。

ウラヌスがハッシュの弱さを感じ諭す。


ライブ・ア・ライブ ライブ・ア・ライブ


ライブ・ア・ライブ ライブ・ア・ライブ


ライブ・ア・ライブ ライブ・ア・ライブ



ウラヌスが「人を信じる」ことを貫いたからこそ皆を動かした。
しかしオルステッドにはちと影響が大きかったのかもしれません。
加えてプレイヤーへの影響も、ですかね。少なくとも私はそうでした。


ちなみに戦闘能力もそこそこ高いウラヌス。
回復技は当然として、全体攻撃の「ゴッドボイス」に反撃技の「神の御加護」。
サポートタイプのキャラクターとしてとても優秀。
そんなウラヌスがいるからこそハッシュは安心して攻撃に専念できる。そんな関係だったのかも。



そして目的でもあったストレイボウのセリフも見ることができました。
中世編最後、上記で述べた通りストレイボウの憎しみが爆発。

ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブ


オルステッドを超えてやる。
永遠の2番手に甘んじない。
今こそ変えるとき。

それが「あの世で 俺にわび続けろ オルステッドーーーーッ!!!!」だと感じましたねぇ。





......最終編。

今までのシナリオの中から主人公を選択。
中世編の世界で他の仲間を探して「魔王」と化したオルステッドと戦い、この物語に決着をつけます。
私が選んだのは心山拳師範。功夫編の主人公です。

ライブ・ア・ライブ



他の仲間は以下の通り。

  • 高原 日勝
  • アキラ
  • サンダウン・キッド



ライブ・ア・ライブ


シナリオの思い入れとキャラの好み、戦闘での使い勝手でこのメンバーとなりました。
このまま突入しても返り討ちなのでレベルを上げる。隠しダンジョンで必要な装備を入手。 全員のレベルが20ぐらいになったところでラスボス戦。


高原以外HPはそれほど高くない。
したがってダメージとステータス異常の管理を徹底。アイテムも多用して細かく回復する。
逆にHPの高い高原は積極的に前に出て攻撃を受け、他の3人への被害を食い止める。
心山拳師範の旋牙連山拳とサンダウン・キッドのハリケンショットがこちらの主たるダメージソース。

レベル上げと装備の充実が功を奏したのか、それほど苦労することなく撃破することができました。
セントアリシアはすべて高原が受けてくれた(石化体制もつエリアルシリーズ装備済み)。



「魔王」ことオルステッドに情けをかけてその場を去る。
これで終わりと思いきや最後にもう一度各シナリオの主人公がそれぞれのボスと戦う。
7シナリオ連続バトル。RPGでボスラッシュになるとは思っていなかった!!

この連続バトルが終わればようやく終了でエンディングとなります。
ちなみに最終編での行動でエンディングが変化するマルチエンディング。
今回見たのは一番良いエンディングです。他のエンディングもほぼ見ました。
劇終。




......システムもストーリーも普通のRPGとは違うゲームでした。
ストレイボウの「あの世で俺に詫び続けろオルステッドーーー!」はプレイしたことで理解が深まりました。
各ストーリーの衝撃度合いは特筆すべき。中世編・最終編については言うまでもなし。

私の「心に刻まれた」ゲームになったと思います>ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブをプレイ中。
前回は現代編、幕末編、原始編とプレイしました。
今回続きをプレイします。

しかし各シナリオがどれも良い!どのシナリオも個性的でプレイするたびに驚きや発見があります。
短いが故に凝縮されているのかもしれません。



さて、原始編終了後4つ目として選んだのがSF編。

ライブ・ア・ライブ


サスペンスな「2001年宇宙の旅」ですね。
宇宙船という閉鎖空間で次々起きる不可解な出来事。次々増える犠牲者。
推理ものといっても差し支えないかと。
人間関係に焦点を当てたちょっと重めのストーリーでした。





5つ目は功夫編。



ライブ・ア・ライブ


なるほど3人の弟子を育てて後継者を選ぶのか......
ええ!?おいおいおいおい......ほんとかよ......

こんな展開は全く予想できなかった。
感情移入度が増す。老師の怒りがよく分かるぞ!


最後は敵本拠地に乗り込んでバトル!


ライブ・ア・ライブ


ボスの部下を順番に倒していくという少年誌のような展開。
今のところ一番のお気に入りですね>功夫編
なお、選んだ弟子はユン・ジョウ。王道。





6つ目、近未来編。


ライブ・ア・ライブ


前の2つと比べると比較的普通のRPGですかね。
戦闘とイベントを繰り返してボスのもとへと向かう。


それにしても近未来編はキャラが立ってる。
無法松の登場シーンなんて、ハーレーで登場し「何だ てめぇ!」と言われて、


ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブ


「通りすがりの・・・・たい焼き屋サンよ!」
熱い!
いろんな意味で印象に残るキャラクターでした。





そして最後に残った西部編。


ライブ・ア・ライブ


ワナを仕掛け街を襲うギャングの数を減らすのがこのシナリオのメイン。
初回は最後にまとめてワナを仕掛けようとして失敗。ギャングの数を全く減らせず。
そのまま戦闘(ボス戦)に突入し奮闘するも最終的に回復アイテムが無くなって負け。


2回目は最後にまとめず適宜ワナ設置。

ライブ・ア・ライブ

ライブ・ア・ライブ

ワナとして仕掛けたダイナマイトが炸裂。
他のワナと合わせてそこそこギャングの数は減らせた模様。
ボスも無事撃破。

最後ちょっとしたドラマがあって終了。
西部劇のあるある要素を一度に楽しめた感じです。





こうして7つのシナリオが終了。
いよいよ中世編が選択できるように。

ライブ・ア・ライブ


やっと例のセリフが見れます。楽しみです。

ライブ・ア・ライブをプレイ

ライブ・ア・ライブ


ライブ・ア・ライブのプレイを開始しました。
以前から気になっていたゲームだったんですよライブ・ア・ライブ。
特に楽しみなのが以下の3点。

  • オムニバスRPG
    それぞれ個々の物語。ロマサガのフリーシナリオとも違うってことで興味があります

  • MEGALOMANIAが聴きたい
    ボス戦曲である「MEGALOMANIA」。これが聴きたかったんです

  • 中世編のあの名セリフをこの目でみたい
    有名な例のセリフです。断片的にしか知らないので是非ともみたい



プレイに際しては必要に応じて攻略情報を見ます。
主に後半詰まってきたら見る、という感じで。


最初に始めたのは現代編。


ライブ・ア・ライブ


キャラがいいですねぇ。みな一癖も二癖もありそうです。
現代編は戦闘しかありません。なので「MEGALOMANIA」を聴くのも早いだろうという考えです。




ライブ・ア・ライブ


マックス・モーガン。ただ倒すだけなら遠距離から攻撃を繰り返せばいいのですが敵の技を受けないと自分の技に出来ません。
......彼の技は強力でどうも攻めあぐねましたねぇ。一番最後の相手になりました。
遠距離からギリギリまで削ったのち敵の攻撃を受けて技を覚える。あと一発喰らったらアウト!というところで最後の一撃を与えて撃破。

その後急展開ののちボス戦に突入。「MEGALOMANIA」を聴くこと出来ました。
この時は「なるほどこんな曲なのね......」という感じでした。が、そのあとのシナリオを重ねるたびに印象深い曲になっていきます。




続いて選んだのが幕末編。
とにかく斬ればいいのかとプレイしていたら83人斬りと中途半端な数に。何人か逃してしまったようです。


そしてここで隠しボスの存在を知る。


ライブ・ア・ライブ


ムラマサを守る魔神竜之介。
無茶苦茶く強い。何度も挑戦したのちようやく倒せました。
ここで流れるのも「MEGALOMANIA」。
緊張感あふれる戦いの中何度も聴いたので特別な曲という思いが強くなっていきます。
なお「岩間さま」も撃破しております。こっちも苦労しましたが。



シナリオ3つめは原始編。



ライブ・ア・ライブ


セリフらしいセリフがない......がなんとなくわかる。サイレント映画みたいな感じで面白い。
ここの隠しボス「キングマンモー」もとんでもない強さでした。幕末編で装備もレベルも中途半端だったのでそれなりに鍛えて挑んだのに即返り討ちにされる。
最終的には倒すことが出来たもののほとんど運。
そんなんですから「MEGALOMANIA」が流れると自然と身構えるように。



現時点ではここまでです。
隠しボスを倒す必要はないのかもしれませんが、ここまで来たら他のシナリオでも挑戦するしかないでしょうね~。




その2 へつづく

カレンダー

<   2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
leSYN情報発信所EXTRA
作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ