Air Conflicts: Pacific Carriersの最近のブログ記事

Air Conflicts: Pacific Carriers 零戦

Air Conflicts: Pacific Carriersの日本側キャンペーンをクリアしました。

キャンペーンは赤城で5つ、瑞鶴で5つの戦域(map)があり、1つの戦域で3~4のミッションがある。
ので都合ミッションは40ぐらい。
アメリカ側も同じぐらいのミッション数だとすると、結構な数のミッションがありますね。

当初不明だった点もプレイが進む過程で解決。
以下、判明した点。

  • オートエイムは難易度を最高(ACE)にすると無くなる
  • 対艦ミッションは瑞鶴キャンペーンに多い
  • 瑞鶴キャンペーン後半は敵機大量に飛来、対空砲火は激烈
  • 予想通り彗星、天山は使えた。爆撃機扱いで屠龍が出てきた
  • 空母搭載の対空砲を使って敵機を撃墜するミッションがあった
  • サバイバルモードは上記の空母搭載の対空砲を使うミッション

対艦ミッション+大量敵機+激烈対空砲火な瑞鶴のキャンペーンはかなり歯ごたえありました。
難易度最高にしていたせいもあるかもしれませんが。


敵艦は輪形陣組んでますし、回避動作もしてきます。
鈍足の雷撃機だと近づくだけでも一苦労。




以下、何枚かスクリーンショット。

Air Conflicts: Pacific Carriersをプレイ

先日海外から注文したPC版Air Conflicts: Pacific Carriersが届いたのでプレイ中。

内容を紹介したいと思います。
今のところプレイは日本軍側。

まず全体的なゲームの雰囲気を。


ゲームの内容は太平洋戦争を舞台としたフライトアクション。
これはトレーラームービーや、パッケージの雰囲気の通り。

ゲームモードは史実に沿ったキャンペーンモードと任意の敵と戦闘が出来るインスタントバトル、そしてチュートリアルのトレーニングモード。
サバイバルモードってのもありますがまだ未プレイ。
自軍の空母を守りぬく内容らしい。

使用できるのは基本的に艦載機で、戦闘機・艦爆・艦攻とひととおり選択可能。
日本軍側であれば零戦、九九式艦爆、九七式艦攻が選択出来た。
確認はしていませんが、彗星や天山も使えるとか。

兵装もある程度変えることが出来る。
雷装・爆装(800kg, 250kg, 60kg)など。

グラフィックは最近のゲームなのでそれなりにきれい。
日本軍を選択すれば戦闘中やミッション説明などのボイスは日本語。




次にキャンペーンやミッションの内容を。

カレンダー

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ