カサブランカに愛を(時を越えた手紙/Windows)の最近のブログ記事

時を越えた手紙ことカサブランカに愛を のプレイもとうとうこれで最後です。

前回は1915年から1945年にタイムマシンで戻ろうとしたところ、機械の故障で更に30年前の1885年に飛ばされたところで終わりました。


この時代にはエルガー博士もいないし、ここからどうやって1945年に戻るんだ?
1985年に飛ばされたあと、リザ・ニコルスなる女性が介抱してくれたらしい。
1915年で世話になったケニー・ニコルスの母親でしょう。お腹大きいみたいですし。


やたらめったら心配性で「まだ休んでないと」、と外に出してくれません。
花をプレゼントして気を取られてるスキに屋外に脱出。



1885年の街を1945年に戻るべくいろいろ調べます。
・・・・・しかし60年前の住人からは60年後の2人がかなり風変わりに見られてるようです。


例えば2011年の60年前というと1951年(昭和26年)。
1951年で画像検索すると、まぁやはり今とは相当ファッション等違うわけで。
日本は戦後、ということを考慮しても相当な変化が伺えます。


街を一通り調べてみるもこれと言った収穫はなし。
しかし街の大通りを外れた別の場所に見覚えのある家が。

1945年にもあった一軒家


この家・・・・1945年にもあったぞ。
中には老婦人がいて時計をもらったはず。
中に入ります・・・・・っと奥の部屋にタイムマシンと思しき機械が!




これは一体・・・・???





どうやら歴史は彼女ら2人を必要としており、この老婦人は2人を元の世界に戻すために2013年からやってきたとのこと。


老婦人


2013年の世界では家ごとタイムワープできるようになっているらしく、いろいろと話し込んでいるうちにもとの1945年に帰還。


1945年に戻る


この老婦人が誰?とかいろいろありますがネタバレ要素になるので後で。




さて、無事に1945年に戻れたところで1915年のマーシャ(将来のエルガーの奥さん)の手紙を開封して読む。


この手紙の中身はこのゲームが伝えたかったこと全てと言いきってもいいかもしれません。
私はこの手紙の内容を抜粋した上で良さを伝える自信がないので、詳しくは書きませんが、少なくともマーシャにとってもは未来が決まっていることはよいことだったようです。

マーシャの手紙



あと、最後の最後にちょっとしたオチが・・・・ケニー・ニコルス再登場。
またすっかり忘れられてましたが元々行方不明(軍部にさらわれていた)だったメイ・エルガーもエルガー博士の死により無事解放。





ということで無事カサブランカに愛を(時を越えた手紙)クリア!
いやーいいゲームでした。
推理もの?と思わせつつ実はSF。そして最後はラブロマンス。
殺人事件は単なるこのゲームの一端にしかすぎないんです。


ゲーム自体はPC88時代のアドベンチャーなので多少難があった箇所もありましたが、それを補って余りある内容だったと思います。



プレイの感想はここで終了。
以下、老婦人・1945年への帰還に関するネタバレ

前回はエルガー博士殺人事件の真相が分かったところで終了しました。

もちろんいつまでも1915年にはいられないので、元の1945年に戻る必要があります。
30年前のエルガー博士は自らが作成したタイムマシンで1945年に行ってますので、これを使うことになると思われます。


ということで30年前のエルガー博士にしつこく聞き込み。
その結果、「書類」と「研究所の鍵」を入手。
書類はタイムマシンの研究理論でしょう。鍵は入れなかった研究所の奥の部屋の鍵。
これで1945年に帰れます。




ところで、1915年の最初でケニー・ニコルスという人物に会う場面の話をすっ飛ばしてましたが、彼は重要な人物です。


凶器のナイフを包んでいた新聞は彼の新聞社が発行していた新聞で、彼を懐柔しないと30年前のエルガー博士の研究所に行くことは出来ませんでした。

その懐柔に使用したアイテムが30年後(1945年)の雑誌。
それを見たケニーが大興奮。


「この雑誌の内容は凄い!これを予想で書いたとしたら君たちはジャーナリストの素質がある」



そりゃ当たり前だ。未来から持ってきた雑誌なんだから。

ケニーは主人公たち(ジェリーとロイ)と一緒に3人で新たな新聞社を作りたいと言い出した。
が1945年に戻らなくてはいけないのでお断り。
その代わり何年後になろうとも必ず戻ることを約束。

新聞社の名前を決めよう、となりジェリーとロイが決めていいことになったので・・・・・2人が勤めている新聞社の「デイリー・カサブランカ」を提案。
タイムマシンで過去に戻った結果自分たちが勤めることになる新聞社の成立に関わることになったわけです。

カサブランカに愛を:デイリー・カサブランカ成立


この写真は1945年のホテルにあったことを思い出し、何かしなくてはいけないのかな?とホテルや写真館にてコマンドを試してみるも空振り。


その代わりエルガー博士の元へ再度訪れた時にマーシャより手紙をもらう。
1945年に戻ったときに読んでください、とのこと。




その後コマンドいろいろ試してみるもそれ以上の進展は特になかったのでエルガー博士の研究所に向かい、タイムマシンの日付をセットして元の時代に戻る。



・・・・・・はずでした。

カサブランカに愛を:1885年


なんと機械の故障で更に30年前の1885年に!
エルガー博士もいないし、タイムマシンもないし、元の時代に戻れるのか?




次 回 に つ づ く (多分最終回)

前回は30年前にタイムワープし、30年前のエルガー博士の研究所で血のついたコートを見つけたところで終わりました。

昔の記憶だと30年前のエルガー博士が30年後のエルガー博士を殺したはず、なので30年前のエルガー博士を探すことにします。


聞き込み出来るところは多数あるものの、有力な情報が得られそうな場所はほとんど無し。
空き家が何件かあるのでその辺を重点的にさがしたところ、マーシャというメイ・エルガーそっくりの女性の家を発見。

時を越えた手紙:マーシャ



そこに30年前のエルガーがいました。
30年前のエルガーに彼の未来の娘のメイの日記を見せると自分が犯人であることを自白。
用はマーシャとエルガーは将来結婚するんですね。

時を越えた手紙:30年前のエルガー

30年前のエルガーが何故30年後のエルガーを殺害することになったか、そして30年後のエルガーが30年前のエルガーに託した手紙(まさに時を越えた手紙)の内容が明らかになります。
プレイ自体はそこでいったんストップ。




次 回 に つ づ く

以下エルガー博士殺人事件部分に関する大幅なネタバレなので見たくない人は飛ばしてください。

前回はいろいろ聞き込み中という状態で終了しました。
いわゆる足踏み状態。


エルガー博士のドイツ語の手紙が怪しいかな?というところ。
で、手紙を読める人をとりあえず探してみました。
が、ほとんどの人が「大統領でもぶん殴ってやらぁ!でもドイツ語だけは勘弁な!」という感じで手紙の中身は分からず。
唯一神父さんだけが断片的に読めるもののそこで終了。



足踏みは続きます。




・・・・・どうやらこのゲームではその場でやってはいけないこと・関係ないことは基本的に出来ないようになっているようなので、今までに集めてきた各種アイテムを街中の人に見せたり、渡したりしてみることにします。


ということでアイテム利用系のコマンド総当たりした結果、助手のレイノルズを酒で懐柔することに成功。機械(=タイムマシン)の中に入ろうとした時にレイノルズに止められたのが止められなくなりました。



ダイヤルを拾った新聞の日付に合わせていざ過去にタイムワープ!!!


時を越えた手紙:1916年6月15日


過去にやってきました。
ちなみにこの時のダイヤル入力をミスるとゲームオーバー。


30年前のこの街はだいぶ様相が違うようで、特に1946年当時廃屋だった場所が例の拾った新聞の新聞社のようです。
ここであーだこーだやることで裏手にある30年前のエルガー博士の研究所にいけるように。



エルガー博士はいないようですが、30年後のエルガー博士より拝借した鍵でおうちに侵入。


部屋の中をさがした結果、血のついたコートを発見。


時を越えた手紙:血のついたコート


ううむ、何らかの形で30年前のエルガー博士が30年後のエルガー博士殺人に関わってると思われ。
過去にチャレアベで見たおぼろげな記憶を思い出すとエルガー博士自身がエルガー博士を殺害してたような気がするが・・・・




次 回 に つ づ く

前回はエルガー博士が殺されたところで終わりました。


今回はこの殺人事件の証拠品集めに従事です。
だんだんこのゲームのすすめ方にもなれてきたので、情報やアイテムを効率よく入手できるようになってきました。

ただ、一見何も関係なさそうなところで重要なアイテムが落ちてたりするので、各シーンごとにコマンド試していかないといけないですね。


エルガー博士の家の裏口から湖に通じる道の途中で約30年前の新聞を発見。
その他エルガー博士の部屋に入れたことでコインやらドイツ語の手紙、小説などを入手。


その他釘抜きなどを入手し今までいけなかった廃屋にもいけるようになった。
今侵入できない場所は謎の機械(タイムマシン)の中だけ。


中に入ろうとすると助手のレイノルズが邪魔します。
まだ何か足らないものがあるのかな?


と、いうことでいろいろ聞き込み中。

時を越えた手紙:聞き込み中

謎の機械のダイアルはいじれるようで、これをいじってもいいのかもしれない。
が、やはりレイノルズに止められそう。
そもそもゲーム中の主人公達はこの謎の機械がなんであるかは分かっていない。
この辺を解決しないとダメかな?



手紙が怪しそうだがドイツ語でかかれているらしく読めない。
もしかしたらこの手紙を読める人がどこかにいて、それで謎の機械の詳細が分かるようになるのだろうか。



犯人がどこに逃げたかは相変わらずとして不明。




次 回 に つ づ く

ということで発掘したカサブランカに愛を(時を越えた手紙)のプレイを何かの合間にちょこちょこ進めています。


良くも悪くも昔のパソコン用アドベンチャーゲームで、とにかくヒントありません。
何してよいかまったく分からない状態。
コマンド選択式なのでコマンド試しまくればいいのですが次なにをすればよい?みたいなガイドやヒントみたいなものがありません。
今の同種のアドベンチャーゲームはゲームを進めるためヒントがゲーム中にきちんと用意されてるんですよねぇ。



ということでチャレンジ!アドベンチャーゲームで見た昔の記憶をたよりにとにかく頑張る。
ちなみに旧版のカサブランカに愛をの攻略はWeb探せば見つかりますが、時を越えた手紙はボリュームが増えていてそのまま使うことは不可能。参考にはなりますが。


今回その旧版の攻略も(なるべく)みないで進めようかと。
ついでにいうとヒントとズバリの攻略が同梱されていてそれ見ればサクサク進むのですがそれも(なるべく)みない。


旧版と違うのはマップが存在すること。従って今どこにいて現在侵入できないどころがどこにあるか把握出来る。これはだいぶ楽。





参考までにWikipediaにかかれているこのゲームの概要を転記します。

1945 年6月。シカゴの新聞社デイリー・カサブランカの女性記者、ジェリー・ランドルフのもとへ、行方不明になったハイスクール時代からの親友、メイ・エルガーから日記が送られてくる。

日記には、科学者である父親の研究のこと、その研究を狙った軍部から脅迫されていること。さらに、いつか自分に魔の手が及ぶかもしれないということが書かれていた。 同僚のロイ・スティーブンスとともに彼女の家へ向かったジェリーは、そこでメイの父、エルガー博士が何者かによって刺殺されているのを発見する。 博士の研究によって造られた謎の機械。研究室に向かっているだけで、出ていった形跡のない足跡。そして、絶命した博士のあまりにもおだやかな顔。

はたして殺人者を追いかけるジェリーたちを待ちうける運命とは......。



と、いうことで町の中いけるところをぐるぐるまわり、人々に話かけまくりの頑張ってなんとかこのゲームの重要アイテムである謎の機械(タイムマシン)までたどり着けました。

時を越えた手紙:謎の機械


この謎の機械を研究していたエルガー博士は殺されていました。
犯人の足跡は裏口の丘の上へと続いていましたが湖でぷっつり消えてます。
しかも入ってきた足跡はあるのに出てきた足跡はない。
つまり湖からやってきたことになる。

ちょうど上記Wikipediaにかかれている内容の部分まで進んだところです。




犯人はどこからやってきてどこへ消えたんでしょうか・・・・




次 回 に つ づ く

土日に部屋の中を探しまくってやっとみつけましたよカサブランカに愛を(時を越えた手紙)。

カサブランカに愛を(時を越えた手紙)


オリジナルは当時スタンダードだったコマンド手入力(アケル ドア とか)でしたが、Windows版はコマンド選択式。
というか、コンシューマ(3DO)に移植される際にコマンド選択式にかわった模様。


マウスでいちいち移動とかを選択しなくてはいけないので結構めんどくさい・・・・
この辺は矢印とかにも対応してほしかったが。





ちなみに画面はこんな感じ


カサブランカに愛を(時を越えた手紙)ゲーム画面


まだ序盤の序盤。
詰まることはないでしょうがコマンドを全部試していかないといけないので時間かかりそうです。
土日に集中してやるか、のんびりやるか。

ちなみに移植に当たってボリュームが増えており従来のカサブランカに愛の攻略はあまり役にたたない。

ゾークつながりで記憶のそこから発掘されました。
ゾークのようにやってみたいアドベンチャーゲームがもう一つあります。
カサブランカに愛を ~殺人者は時空を越えて(時を越えた手紙)というゲームです。
SF推理もの。


プレイしてませんがストーリーは大体把握しています。
というのもベーマガで連載されていチャレンジ!アドベンチャーゲームで見ちゃったから。


タイムマシンで現在、過去、現在と移動するのですが、タイムマシン、推理物、全体的な雰囲気がうまい具合にマッチしてた、と感じました。


で、肝心のストーリー、特に根幹をなす部分ですが・・・・・・・完全に忘れました。すっげぇいいストーリーだった覚えがあるんですが。
埋もれて行方不明のチャレアベもう一回見ればいい話ですが、実はWindows版(時を越えた手紙)を購入済です。



それほど時間がかかるゲームでもないし、やってみるのもいいと思いますが、




Windows版も埋もれて行方不明。






あああああああ。買ったのは間違いないんですがどこ行った~!!!

カレンダー

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ