ゲーム(PC)の最近のブログ記事

Darkest Dungeon

SteamのセールでDarkest Dungeonを購入。プレイを開始しました。
※さまざまな都合(主に費用的問題)にて当初買おうと思っていたものとは変更です・・・・

ローグライク且つターン制RPGと非常に興味引かれる内容ですね。
キャラの管理がかなり重要で、中でも戦闘中や探索中に増減する「ストレス」をどう管理するかがこのゲームの肝となっています。

・・・・そりゃそうだよなぁ。
現代社会で普通に仕事するだけでもそれなりのストレスが発生するっていうのに、死と隣り合わせのダンジョン探索でストレスが溜まらないはずが無い。
どんなバケモノが出てくるかわからないし、まともな睡眠や食事も取ることもままならないだろう。




そんなストレスが蓄積して一定値を超えると「苦悩」と呼ばれる特殊状態が追加されます。


Darkest Dungeon

ストレス受けすぎて目覚めてしまった人。


苦悩は悪いものだけではなく良いものがつくときもある。が、ほとんどは何らかの悪い影響を持つ内容ばかり。
あまりにもストレスが溜まってしまうととショック死してしまう。
いわゆるSAN値(正気度)みたいな感じです。値の減少じゃなくて増加という違いはありますが。
ゲーム中にはクトゥルフ神話には影響されたと思われる要素も散見されます。

上記苦悩とは別に「癖」という要素も存在。これも良いもの悪いものありダンジョンから戻ってきた時やイベントなどで付与される。
その他のステータス異常として「病気」という要素も存在。




ダンジョンで受けたストレスは酒場や教会などでの発散が必要。ストレス発散で苦悩も解消される。
ストレスや癖・レベルやスキル、武器防具などを管理しつつ金をため、レベルを上げて先に進む。

今は何度も痛い目にあってようやくプレイが安定してきたところです。
うかつな行動が最終的に死を招くケースもあるので慎重・先を見据えた行動が必要となります。
状況に応じたアイテムの準備も必要。
「備えよ常に」の精神でダンジョン探索しましょう。
もうちょっといけるだろ〜、とちょっと無茶したら予定外の事象が起きてパーティ大損害とかよくあること。

繰り返し作業もあり多少めんどくさい部分もありますが、その辺も含めウィザードリィなどオールドタイプのRPGが好きな人には合うと思います。




日本語対応Modが出ています。上記スクリーンショットは導入済みです。
苦悩・癖は日本語表示の方が圧倒的に分かりやすいですね。 ストーリーの把握がしやすくなるのは言わずもがな。

新作PCゲームのプレイ比率が減少

最近新作PCゲームのプレイ比率が落ちてきました。
理由は2つ。

  1. ファミコン・スーパーファミコン・メガドライブなどなどのレトロゲームプレイ比率が上がったこと
  2. 増加するSteamの積みゲーをプレイしていること




新作PCゲームのプレイがゼロになったわけではないです。今年出たOverwatchは結構プレイしました。
単純に遊ぶゲームの選択肢が増えたからだと思います。

稼働しているゲーム機が以前より増えたこと。
過去の名作掘り起こしに興味を持ったこと。
Bundle販売・eBayでの購入などソフトの入手先が広がったこと。


これらがレトロゲームプレイ比率やSteamでの積みゲー増加率を上げているのでしょう。
消化しきれない、という点もありますが、選択肢が多いのは喜ばしいことだと思いますね。



それは今まで知らなかったゲームに出会えるチャンスが広がることを意味していますから。
AD&D ヒルズファーだってきちんとやってみたら意外と楽しい。
今年じゅうに全職業クリアをめざすぞ。

Punch Clubクリア & ちょこっと攻略

Punch Club

Punch Clubクリア。2週しました。
というのも2週目のほうが楽だろうという考えがあったのと、エンディングに至るルートが2つあったため。
実際コツをつかんだ2週目のほうがサクサク進みました。



ただ・・・・・・・プレイの後半でダレました。ただでさえ作業度合いが高いゲームなのに後半はその度合いがさらに高まっている気がします。
いや、効率よく進める方法があるのかもしれませんが2週のプレイではそれを見出すことが出来ず。
また最後がいろんな意味で衝撃的。

そんなこともあり序盤から中盤が一番やってて面白かったですね。
イベントの密度と主人公の成長度合いがちょうどよかったです。


なかでもフラッフィー(飼い猫)イベントは熱い。
いろいろあってさらわれてしまうフラッフィー。
無事救助。

Punch Club



その時、突風が吹いてフラッフィーはビルの外に投げ出されてしまう。
主人公はとっさにフラッフィーの手をつかむ。


Punch Club

Punch Club

Punch Club

Punch Club


フラッフィー!!!!!!

このあとフラッフィーがどうなったかはストーリーの進め方で変わる。

攻略を少し載せておきます。
ネタバレしますのでそのつもりで。

Punch Club

格闘家育成シミュレーションのPunch Clubをプレイ中。
サマーセールでキュー閲覧中に見つけたゲームで、格闘家育成ゲームってのが気になるし75%オフの245円なので購入しました。
日本語対応済み。句読点が無かったたり文字が重なって読みづらい部分があったりするもプレイへの支障はなし。


ゲーム内容は上述の通り格闘家育成シミュレーション。
殺された父の敵を討つのが目的ですがストーリー派生はいくつかあるっぽい。
見た目アクションゲームっぽい感じがしますがアクション要素はゼロです。
上記のような試合のシーンも基本見てるだけ。


なので育成結果が試合に大きく影響します。その育成がまた地味な上に時間がかかるんですわ。
たとえばステータスは毎日一定量低下します。なので下がる分を考慮してトレーニングをしなければいけない。
また何をするにも金が必要。試合に出て勝てばファイトマネーはもらえますが序盤は雀の涙。
アルバイトしつつトレーニングとなりますがその割合も半々ぐらいになってしまいます。




Punch Club

ステータスは低下するのにほとんどトレーニング出来ない日があったりで、なんとももどかしいのです。

Steamサマーセール 2016

今年もSteamサマーセールの時期がやってきました。
積む一方で買うゲームが少なくなっているとはいえ、セールとなればやはり何かしら買ってしまうもの。

まずはリリース後購入をすっかり忘れていたPostal Reduxを購入しました。
初代POSTALのHDリマスター版。

それからDivinity: Dragon Commanderを購入。RTS+アクション+ストラテジーという複合ジャンルのゲーム。
このゲームはいつか買おうと思いつつずっとウィッシュリストに入っていました。このままだとそのままず〜とウィッシュリストに入りっぱなしになりそうだったのでウィッシュリスト消化も兼ねて購入。

すぐにはプレイしないでしょうけど、やりたい時にプレイ出来るようになってればそれでいいんです。



セールでの購入は各種サウンドトラック購入もおすすめです。
最近のインディーゲームだとだいたいサウンドトラックがDLCとして用意されています。

イチオシはCrypt of the NecroDancerのサウンドトラック。ゲームをプレイしているのであればマストバイ。
上記以外にもサウンドトラックは2つあります。両方ともアレンジアルバム。
なかでもCrypt of the NecroDancer Extended SoundtrackはFamilyJules7X氏によるギターアレンジバージョンがあるのでおすすめ。
もうひとつのCrypt of the NecroDancer's Extended Soundtrack 2は今年の4月にリリースされたアルバム。未聴だったので購入しました。

あとはGoat Simulatorのサウンドトラックもいいですよ〜。
独特の珍妙なサウンドはクセになります。

DOS版のAD&D ヒルズファー

DOS版AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファーというゲームがありまして。
過去にファミコン版をここで紹介しています。

このゲームの独特の雰囲気が私の好みなのですが、最近ファミコン版以外にもAmigaやCommodore64などの他機種版があることを知りました。
※英語WikipediaのHillsfarの項目参照

他機種版で一目見てわかる大きな特徴はグラフィック。
ファミコン版とは段違いの美麗さ。これは是非プレイしたい!でもプレイ環境準備のハードルも高い!


プレイを諦めかけていた頃、GOG.comのラインナップにDOS版Hillsfarがあることを発見。
FORGOTTEN REALMS: THE ARCHIVES - COLLECTION TWO というAD&Dゲームバンドルの中に入ってました。
GOG.comはちょうどサマーセール実施中。
上記バンドルは割引対象となっておりそのせいもあって巡り会えたとも言えます。
ちなみにこの記事書いてる時点でサマーセールは絶賛継続中です。日本時間6月22日 21時59分まで。




さっそくインストールしてプレイします。
GOG Galaxyというクライアントアプリが用意されてからインストールは非常に楽になりました。
上記画面はGOGで購入したDOS版Hillsfarの画面。DOSBOX上での動作。
オープニングからファミコン版とは大違いです。きれい。

Overwatch プレイ中

overwatch

Overwatch(PC版)をプレイしています。マルチプレイメインのFPSは久しぶりです。
ゲーム内容やプレイ感は他のサイトで詳しく説明されていると思いますので購入に関する話を。
今回パッケージ版買わなかったんですよ。

PC版はStandard Edition、Origins Edition、Collector's Editionと3つのバージョンが存在します
Collector's Editionはいわゆる限定パッケージ。フィギュアとかサントラとかが付く。
Standard Editionはゲーム本体のみ、Origins Editionは限定スキンと他のゲームで使えるインゲームアイテムが付く。

パッケージ版があるのはOrigins EditionとCollector's Edition。



今回は上述の通りパッケージ版買わず。
買ったのはStandard Edition。Standard Editionはダウンロード販売のみ。
というのも以下のようないきさつがありまして。

パッケージ版欲しいからOrigins Editionかな?
→でも限定スキンとかいらないかな?それにStandard Editionとの値段差が大きいな
※当初国内で輸入パッケージ版を買うと2倍弱の差だった
→これからパッケージ版減ってくるだろうし、ダウンロード版のStandard Editionを買ってみるか

でも、遊びはじめたらやはり限定スキンが欲しくなる。FPSですが以外と自キャラ見る機会多いのね。
やはりパッケージ版を買っておけばよかったかなぁ。後悔先に立たず。



ゲーム自体は非常に楽しいです。21人いるキャラごとに戦闘スタイルが違うため、それに合わせてプレイスタイルも変わります。
普段使ったこと無いキャラ使ったりすると新たな発見があったりしますし。他のプレイヤーの使い方を見て(場合によっては攻撃を受けて)そのキャラの魅力に気づく時もある。

チームワークも重要ですね。キャラの得手不得手を他のキャラで補う。
チームワークで上手く困難を乗りきれた時の一体感は最高。



長く楽しめそうです。

人造ゴリラ

Fallout4をインスティチュートルートにてクリア。
インスティチュートといえば人造ゴリラ。なんでゴリラなんだろう・・・・


プレイはミニッツメンルートより楽でした。2回目でゲームのコツを掴んだからでしょう。
水売りでキャップも稼いだし、武器も効率良くカスタマイズした。
PERKやS.P.E.C.I.A.L.についても同様。
パワーアーマーも積極的に使用。フュージョンコア余るし。
キャッスル防衛戦のようなやたら苦労するイベントが無かったというのもあるでしょう。


息子のショーンと協力して一つの目的を果たすことが出来た、という意味では良かったですね>インスティチュートルート
結果や過程はともかくとして。



さて、Fallout4のプレイは一旦終了。他のゲームをプレイする予定。
残り2つの勢力は後日プレイすることとします。
DLCも発表されてますし、まだまだ楽しめそうです。

Impossible Creatures というゲームが昔ありましてですね。2002年発売。ジャンルはRTS。

特徴は複数の動物の合成した自分好みのユニットを作ることができること。
頭がサイのゴリラとか、羽が生えたシャチとか、半分サソリのチーターとか。
カスタマイズの幅が広くヘンテコ動物がいっぱい作れるので、好きなゲームだったんですよ。

・・・・・・っと、いつの間にかSteamで販売されてるじゃないですか〜!!
知らなかったわー。
とりあえずウィッシュリストに追加。



このImpossible Creaturesに限らず、過去作品がSteamで販売されるようになるってことはわりとよくあること。
昔プレイしたゲームが現環境でプレイできるようになる、というのは嬉しいです。箱引っ張り出さなくても済みますし。

ただ、上記のようにたまたま見つける、ってことがほとんどで能動的に見つけるのは皆無なんですわ。
見つけようと思って見つかったことは皆無。



単純に検索すればいいのですが何せゲーム名を完全に覚えていなかったりもします。
うろ覚えだったり、画面や特徴「だけ」を覚えているってパターンも多い。
Impossible Creaturesはまさにそれです。動物を合成するRTSという感じで覚えてた。

タイトルを覚えててもSteamで扱っていない場合も。というかそっちのほうが多い。
Rainbow Six: Rogue Spearはいつか入手できるようにならないかと待ち望んでいる作品なのですが。


まめにチェックするしかないでしょうね。
200x年代のソフトは埋もれた作品多いと思います。これからもいろいろ出てくることに期待。

Fallout4

Fallout4をミニッツメンルートにてクリアしました。
上記は今回作成した自キャラ。

プレイ時間は30時間ほど。クリア時のレベルは25。Modは無しのいわゆるバニラ状態。
ミニッツメンルートを選んだのはミニッツメンイベントがそれなりに進んでいたため。
というか序盤は各種ミニッツメンイベントをメインクエストと勘違いしていた。



クリアに際して苦労したのはキャッスル防衛イベント(Defend The Castle)。
のほほんと気兼ねなしに始めたらあまりの敵の強さ・体力の多さに弾切れを起こす。

こりゃアカンとロードしなおして買えるだけの弾薬・グレネードを買い込む。
タレットも可能な限り設置。
今まで全く使用していなかったパワーアーマーも利用。
薬や各種回復素材も惜しみなく使う。



要はその時出来る全力を出しきったわけですわ。その甲斐あって防衛は成功。
他の戦闘と違って全方位から敵が攻めてくるのがキツイ。
常に歩き回って出来る限り被弾を避けつつ、狙った相手を集中攻撃。適宜グレネードを投げる。



しかしですね、そんなキャッスル防衛中に予定外の事象が起きたのですよ。

カレンダー

<   2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ