プレイステーション3の最近のブログ記事

PS3 初期型 20GBを購入

PS3 初期型 20GB

PS3 初期型 20GBを購入しました。
理由としては「PS2のゲームがプレイ出来る初期型」が欲しかったため。

PS2のプレイ環境は十分整えてあるので何か不足しているわけではありません。
単純にPS3初期型だとどのような感じになるのか知りたかったからです。



ということでPS2のソフトを試してみました。
プレイしたのはバックヤードレスリング2とバーンアウト ドミネーター。
特に画質比較とかするつもりは無いので画像はPS3で動作させたもののみ。


PS3 初期型 20GB
PS3 初期型 20GB


PS3 初期型 20GB
PS3 初期型 20GB

特に問題なし。ふつーに遊べます。当たり前といえば当たり前か。

画質比較はしていないといいつつも、やはりPS2よりきれいに見えると思います。
あとはメモリーカードが仮想メモリーカードとなって管理しやすくなりました。
HDMIになったことで配線も簡単に。


プレイして気づいたのは熱の問題。PS3初期型はかなり熱を持つんですねぇ。
安定動作が見込めるならこのまま初期型PS3でPS2を遊びたい。上述のメリットは地味に大きいです。

本体もそれなりの大きさがありますし、きちんと設置場所を考えないと。

Deadliest Warrior: Ancient Combat

先日Fairytale Fightsというゲームをプレイした話をしましたが、その際もう1本ゲームを買ってたんですよ。
それが「Deadliest Warrior: Ancient Combat」。
もともとは海外のTV番組で、

バイキングとサムライが戦ったらどっちが強いの?

みたいな架空の闘いをシミュレーションしたもの。それをゲームにしたのがこれ。
番組内では戦士たちが使用する武器について実験・考察したり、識者からの意見を参考にしたりして闘いを再現。
最終的にどちらが勝者かを判定します。

これは燃えるね!そういう妄想するよ!
こういったコンセプトのゲームやコミックは国内でもたくさんありますし海外も考えることは同じなんだなぁ、と。


Wikipediaを見ると番組は3シーズン分製作されたようで、そのうちの1シーズン目はDVD化されています。英語のみ日本語なし。
シーズン2とシーズン3は現在ストリーミングのみで提供。
シーズンが進むに連れて対決のムチャクチャ度が上がっているのでシーズン1しかDVDが無いのが悔やまれます。


と、本編も興味津々ですが今回はゲームの話です。

Deadliest Warriorのゲームはいくつか種類があって

  • Deadliest Warrior: The Game
    TVシリーズをモチーフとした武器格闘
  • Deadliest Warrior: Legends
    上記の続編。キャラを過去の英雄に変えたもの
  • Chivalry: Deadliest Warrior
    Chivalryの拡張パック



となっています。

購入した「Deadliest Warrior: Ancient Combat」はDeadliest Warrior: The GameとDeadliest Warrior: Legendsを2つセットにしてDLCを追加したいわゆるコンプリートエディションみたいなもの。
Deadliest Warrior: The GameもDeadliest Warrior: Legendsも基本的なシステムは一緒です。
違いについては後述。



海外もの武器格闘ということで当然四肢断裂などのゴア表現があります。
従って今回も画像はゴア表現入りなのでそのつもりでー。

Fairytale Fights

先日Fairytale Fightsというゲームを買いました。ジャンルはアクション・プラットフォーマー。
2009年にPS3/Xbox360で発売されたソフトなのでちょいと前のゲームです。
気になっていたソフトなのですがなんやかんやで買わずじまいでしたが、最近たまたまPS3版を見かけたので買ってしまいました。

内容は赤ずきん、白雪姫、(ジャックと豆の木の)ジャック、(裸の王様の)王様ら4人の童話の主人公が失ってしまった「童話の主人公としての名声」を取り戻す、というもの。
操作可能出来るのも当然その4人です。


最大の特徴は血みどろスプラッター・ゴア表現上等で血の雨が降るゲーム、ということ。
カートゥーンのような2等身キャラクターが斧などの物騒な武器を片手に「文字通り」敵を真っ二つにしていきます。
いや〜これぞ洋ゲーという感じです。そりゃ当時気になっていたわけですよ。
とっくの等にプレイしていておかしくないはずなんですが、今の今まで未プレイでした。


詳しいゲーム内容やプレイした感想を以下に述べます。
カートゥーン風ですがゴア表現ありのスクリーンショットを使用しますのでそのつもりで。

GW中は出かけたり、家の掃除したり、ファミコンなどレトロゲームのの整理をしたりしていました。
そんな中プレイしていたゲームが初代アサシンクリード(PS3版)。

初代は過去にPC版をプレイ済み。
では何故もう一度やるのか?

理由は2つ。

  • PC版は英語版だったため、ストーリーを完全に把握し切れていない
  • 「アサシン無双」プレイがしたい


PC版をプレイした時のストーリー把握度合いはいいとこ50%というところか。
あらすじレベルでの理解はしているものの、細かい部分は追いきれていない。
これを日本語版でやり直すことで補おう、というつもり。


しかしこの理由はどちらかというとおまけみたいなもの。
本当にやりたかったのは「アサシン無双」プレイ。




当時からステルスアクションしなくても普通に強いって言われてたんですよ。
特に相手の攻撃に合わせて実行する「カウンター」がえらい強力。
カウンター取れれば大体一撃で相手を殺せる。カウンターを繰り返せばあっという間に死体の山。



アサシン無双

こんな感じ。倒れているのは全部敵(衛兵)。8割はカウンターでしとめたかと。

とはいえ常にアサシン無双ができるわけでもなく、ある程度はステルスアクションが必要。
ただ正面切って暴れてもいい、という選択肢があることは攻略(?)の幅が広がったかな、と。
要は堂々と表から入ってアサシン無双してもいいわけで。

そんなもんだからこのゲームの印象的な武器であるアサシンブレードの利用頻度が・・・・低い。


・・・・情緒もへったくりもないですな。
いやでもこれはこれで面白いんですよ。

ドラゴンズクラウンプレイ中

ドラゴンズクラウンをプレイ中。とりあえず1周しました。

うちはPS3/Xbox360があまり稼働しません。
マルチタイトルでPC版があるならそっちをプレイしちゃうからですね。

ですが、PS3/Xbox360でしか出ていないタイトルがあれば別。
今回購入したドラゴンズクラウンもそういうタイトルの一つです。


以前よりドラゴンズクラウンは気になっていましたが、存在を知った頃にはちょうどSaints Row IVをプレイしておりすぐにはプレイ出来ませんでした。
・・・そしてしばしドラゴンズクラウンのことを忘れる。
Tropico 4とかプレイしてましたし。


で、10月に入って急にドラゴンズクラウンの存在を思い出し、購入してプレイ中というわけです。




評価が分かれるゲームだ、と聞いていましたがプレイしてみるとなるほどと思いますね。
私は楽しめました。
ちなみに選んだのはウィザード。
私はこの手の職業が選べるRPGだとほぼ間違いなく魔術師を選びます。



私がこのゲームを楽しめた大きな理由は、各種オマージュを含むゲームの全体的な雰囲気や操作感を素直に受け入れられたことだと思います。

各種ベルトスクロールアクションはよくやってましたし、TRPGも知ってるしWizardryネタも分かる。
強力な武器などのアイテム収集、という意味ではDiabloその他各種ハック&スラッシュ系のゲームもプレイした。

このゲームを受け入れるための下地を既に経験済みだったのが大きいです。




ただ、1周クリアして思ったのは思ったよりステージのボリュームが少ないなぁ、と思ったこと。
1ステージのクリアが10分程度、というのはちょうど良かったので、1ステージを長くするより、バリエーションを増やしてくれると嬉しいですね。

また、操作が単純であり、ステージが短いことも相まって作業プレイ度合いが高いように感じる人もいるかもしれません。
サッと潜ってサッと終わらせる、と考えればOKなんですが。
実際Wizardryでは最下層まで潜ってボス倒して戻ってくる、レアアイテム発掘作業ってのはよくやりましたし。
レベルがもっと上がっていろんなスキル・アイテムの組み合わせが出来るようになればまた違うのかもしれません。




ともわれ、1周クリアしてもまだ2週はあるようなので、まだまだプレイを頑張りたいと思います。
カプコンのベルトスクロールアクションのD&Dシリーズをやってた人にはおすすめできますね。
そもそも本作のディレクターがD&Dの開発に関わっていたとのことですし。
ワレニカゴー!!!

今週PS3は結局買いませんでした

秋葉原でさんざ悩んだ結果PS3は買いませんでした。
今新型発表で旧タイプ安くなっていていい時期だとは思いますが。

NaughtyBearがUSでフルプライス($49.99)なんで日本で買うときには6000円以上してちょいと高い。
PS3置くスペースも相変わらず確保していない。
ソフトのラインナップ見るとやはりXbox360とかぶるタイトルが多すぎる。



ということで保留です。
もう買っちゃえばいいじゃない!とかなり悩みましたが、今のところNaughtyBearのためだけに買うっていうのがやはりコストパフォーマンス的に良くないんですよねぇ。
ただボーナスも入りましたし来週は3連休(まとまった休みがあればそれなりにいじれる)だし、そのとき買うと思います。
・・・・・思います。


・・・・そんな今の心境をたとえるなら↓こんな感じかなぁ。



PS3は買う・・・・・・!
買うが・・・
今回 まだ その時と場所の
指定まではしていない

そのことを
どうか諸君らも
思い出していただきたい

つまり・・・・
私がその気になれば
PS3の購入は
10年後 20年後ということも
可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!



ちなみに約10年前に発売されたのがPS2(2000年)。
約20年前に発売されたのはスーファミ(1990年)。
5年前にPS3が発売されたことを考慮すれば更に1世代下がるので、10年後に買えば今PS1を買う気分、20年後に買えばファミコンを買う気分です。
いや~そのころには本体もソフトも安くなってておトクだ・・・・・・・・そうじゃない!!!



そういえば据え置き型のコンシューマ機は進化が停滞気味ですね。
今までの周期で言えばそろそろ代替わりですが(以前は約5年周期)、据え置き→携帯型への移行が起きているようにも思えます。

PS3買うかどうかちょいと悩み中

先日「気になる!」と話したゲームのNaughty Bear

非常に残念なことに評価は散々です。
海外レビュー灰スコア 『Naughty Bear』 [Game*spark]



たしかにゲームプレイ動画をyoutubeなどで見るとちょっと内容が薄いように見えます。
ただ、あくまで「見える」だけであって実際にプレイしてみないとなんともいえませんが。


ただそのプレイするためにPS3を購入しないと始まらない、というのが躊躇させる大きな理由になっています。
※Xbox360版は日本の本体では動かない。




PS3自体は他にも魅力的なコンテンツありますし、新型発表されて旧型の値段下がる可能性もありますし、買ってもいいとは思いますが、買う最大の求心力であったNaughty Bearががっかり雰囲気なので悩み中なのです。


SeriousSam Second Encounterはクリアしたので何かしら新しいゲームはプレイしたいところ。
ちょっと考えますか。



まぁなんだかんだ言ってNaughty BearとPS3を買ってしまってもいいんですが、過去にやはり評判がイマイチなゲーム買ったらやっぱりイマイチだったという同じ失敗一度しているので。
でもやってみないことには本当に評判どおりなのかは判断出来ないんですよねぇ。
私にとっては面白かった、という可能性はあるわけで。ああ、悩む・・・・


ちなみにデモ版は存在してません。
デモででいいのでプレイ出来ればある程度判断出来るんですけど。

今非常に気になっていてやりたいゲームの一つにNaughty Bearってゲームがあるんですよ。
トレーラームービーが各種映画のパロディ、ゲームそのものはぬいぐるみくまの復讐話という感じで非常に興味のそそるタイトル。

もともと発売日は6月の上旬でしたが6/29に移動しました。つまりもうすぐ。
Xbox360とPS3で出ます。
Xbox360版を買おうと思っていたのですが、どうもXbox360版は日本の本体で動かないらしい。



ダメだ・・・・プレイできない・・・・。




北米版Xbox360買おうと思っていろいろ調べてましたが、



「PS3はゲームのリージョン制限ないらしいよ」
 From Wikipedia



ということが判明。確かにNaughty BearのPS3版は日本の本体でもプレイ可能。
PS3買えばBlu-rayも見られるし、PS3オンリータイトルも遊べるし北米版Xbox360買うよりよっぽど効果的なのでは?


PS3購入の可能性が高まってきました。
少し調べて、よさそうだったら買うかも。

ただ今一番の問題は置き場所。部屋片付けを加速するしか。

カレンダー

<   2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ