ネット閲覧用PCの最近のブログ記事

ネット閲覧用PCを新調

起動が遅くなってきていたネット閲覧用のPCを新調しました。


購入したパーツは以下の通り。

  • ASUS B85M-G
  • Intel Pentium G3420 (3.2Ghz)



あとOS(Windows7 Home 64bit)を購入しています。
メモリ、HDD、ケース、電源などは全て既存のものを使い回し。
なので非常にお安くすみました。
Haswellだからといって必ず対応電源にする必要は無いようです。
ついでに言うとケースは13年ものだー。


本当はメモリも買いたかったのですが、今時期はメモリ非常に高騰しているのでパス。
必要があれば後で追加します。現在4GB。


以前のCPUはPhenom II X4 900eなのでコア数だけを見ると減りました(4→2)。
コア数を維持するとなるとCore i3を選択でしたが、以前も述べたとおりPCの速度はそこそこでいいのでPentium Gを選択。
コストパフォーマンスをみればPentium Gで十分です。




さて、インストール後のパワーアップ度合いですが、一番の目的である起動速度は明らかに速くなりました。
以前はOS立ち上がっても5分ぐらい待たなくてはいけなかったのですが、今回はすぐ作業に入れます。
クリーンインストールで余計なアプリが無くなったから、というのもあると思いますが。

ただ、それ以外で速度向上を体感できる場所は無し。むしろ全体で見れば以前とあまり変わっていない気も。
Web見たり、サイト更新したりするのが主たる目的で、速度を体感できるような使い方をしてないからかもしれません。

まぁ、起動が遅いという一番の目的は達成されたので満足です。



もしこれ以上何か変更するとしたら、まずはHDDですかね。
さすがに500GBだと容量的に少々きつくなってきた・・・・・とはいえまだもうちょっとはいけるはずだ・・・
あとシーク音が激しいのが少々気になる所。

ネット閲覧用PCのパワーアップを予定

ネット閲覧用のPCの動作がもたついてきているのでそろそろパーツ入れ替えてパワーアップを予定。
何より起動が遅い。電源入れてトイレいって戻ってきてもまだ何かのプロセス起動しているからなぁ。
起動時に何かしらのエラーが出ていることもしばしば。



以前ネット閲覧用PCのパワーアップを行ったのは2010年の11月。3年前。
その時選んだ、つまり現在使用しているCPUはPhenom II X4 900eですね。

新しく組む際にHDDやメモリ、ケースと電源は使いまわすので、買い換えで必要なパーツはCPUとマザーボード。

ネット閲覧マシンは速さを追い求める必要は無いので、そこそこそれなりのパーツで組めばOK。
ミドルローぐらいのスペックに収まればいい。GPUも基本CPU内蔵のもので。
そうなるとAMDだったらAシリーズ、IntelだったらCore i3、もしくはCeleronやPentiumあたりでしょうか。


今現在持っている他のPCは全部Intel系なので、Intel系で揃えちゃった方がメンテが楽、という利点があります。
一方内蔵GPUの性能重視するならAMD系の方がいいと聞いています。




どちらを選ぶかはもうちょっと悩みそうです。
ですが、どちらを選んだとしても今より早くなるのは間違いないでしょう。

カレンダー

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ