ゾーク1 (PS1)の最近のブログ記事

ゾーク1(PS版)をプレイ:その5

ゾーク1プレイ中。
前回は泥棒を倒し、カナリヤで青い鳥を呼び寄せて黄銅のおもちゃを入手。
リビングルーム隠し扉のロックが外れて地下と地上の行き来がしやすくなったところで終了。


ちなみに今回で最後です。何とかクリアできました!



では、残りのアトランティスの部屋の先へと進みましょう。

zork1アトランティスの部屋の先

前回もお話ししたとおり、アトランティスの部屋の先はマップが切り替わって完全に未開のエリアです。
実際には地上エリアのマップの下半分を使用していますが、それでも新たなエリアであることには変わらない。



アトランティスの部屋から鏡の部屋を抜けて、すべり台の部屋に。

zork1みかげ石の壁で唱えよ

ここの南側の壁には「みかげ石の壁で唱えよ」という言葉が刻みつけられています。
なんでしょうね?




すべり台は下のほうにつながっているようです。
先に進むか、すべり台を滑るか。
・・・すべり台を選択。



zork1すべり台


・・・・っと、一番最初に地下へと降りたあの場所へと移動しました。
ああ、最初の登れないすべり台はこれだったのか。


すべり台の部屋があるエリアは結構奥にあるので、地上に戻るためのショートカットでしょうか。

ゾーク1(PS版)をプレイ:その4

ゾーク1プレイ中。
前回は幽霊を追い払い、死者の国で水晶の頭蓋骨を入手したところで終了。


地下帝国のマップもだいぶ埋まって来ました。
今の時点で残っているのは、オートマップ上でMAZEと書かれた迷宮部分と、貯水池の先。
渡れるはずの虹も残っていますが、大きいのは迷宮と貯水池の先ですね。

まずは貯水池の先に行ってみます。
そこでアトランティスの部屋で水晶のトライデントを入手。宝物です。


というかですね、宝物を地上の白い家にあるトロフィーケースに納めたいのですが、安易に地上に戻れないのですよ。



例の煙突から戻ってもいいんですが、

zork1煙突

煙突は黄銅のランプがないとダメなようで。たいまつ不可。
直火だと煙突登るときに自分に火が燃え移っちゃうんでしょうか。

黄銅のランプは電池が乏しいのであまり使いたくない。
とりあえず取得した宝物は煙突のあるアトリエに置いときましょう。
前回いい忘れてましたが、フリジット河を下る過程でエメラルドを発見しています。
これも宝物。

ゾーク1(PS版)をプレイ:その3

ゾーク1プレイ中。
前回はボートに乗り込んだものの、穴があいてしまったところで終了。

マニュアルにもボートは割れやすいから気をつけろ、と書いてあったなぁ。

別の場所でこのボートを直すために使うだろうと思われるアイテムを見つけましたが、どうも上手く使えなかったのでロードしてやりなおし。



こんどはボートを割らないように、原因と思われる妖精の剣を捨てる。
というか抜き身で持っているのか?>妖精の剣。
あるいは鞘も尖っているのか、そもそも魔法のボートが非常に割れやすいのか。

そんなことを考えつつ、残りの手持ちのアイテムだとドライバーも怪しそうなのでこれも捨てる。




今度は大丈夫でしょう。ボートに乗ります。
・・・・・無事乗れました。
「進水」します。

zork1ボート

目の前の河、フリジット河を下ります。
何か操作するたびに下流に流されていく。

マップを見ながら適当なところで上陸。
上陸出来る箇所は大きく2ヶ所、川の両岸のどちらか。
片方は元の地下迷宮につながっています。
もう片方は虹が見える滝、及び砂場




シャベルが落ちていたので砂場を掘ってみましょう。

zork1砂場

何回か掘ったら宝石のスカラベが出てきました。宝物です。

ゾーク1(PS版)をプレイ:その2

ゾーク1プレイ中。
前回は地下に突入したものの暗闇でグルーに食べられて死亡したところで終了。



セーブもしていなかったので再度やり直します。
卵取って家に侵入してランプ・妖精の剣・その他アイテム取って地下にゴー。

今度はこまめにセーブしなくては。
セーブはメニュー画面から行えます。
メニュー画面では各種環境設定や、現在のスコアの確認が出来ます。

zork1煙突

スコアの確認。やり始めた直後なのでスコアは低い。


さて、地下におりたところでまずはランプをつけます。
「黄銅のランプ/を/点ける」


前回も話したとおり、地下進入時に隠し扉ははロックされるのでそこから地上には戻れません。

ゾーク1(PS版)をプレイ

zork1


通販で購入したPS版ゾーク1が届きました。プレイします。
過去にプレイしたことはあるものの、ほとんどさわりしかやっていないので本格プレイは初めて。
楽しみです。わくわく。

ゾーク1ってなんじゃーい?という方はWikipediaをご参照ください。
テキストアドベンチャーですね。かまいたちの夜とかが近いです。
プレイに至った過程はこの記事を参照。

zork1マニュアル・マップ

マニュアル(下)、そしてマップ(上)が付属しています。
ゲームを進めていく過程でこのマップは便利なのですが、ゲーム中の全ての場所が記載されていると思われ結構なネタバレになります。
言い方変えればヒントとも。

なので、マップは詰まった時など必要に応じて見ることにします。
マニュアルにもアイテムの紹介や、いくつかヒントが書かれています。



オープニングムービーを見て、さぁプレイです!


zork1最初の画面


最初の画面。

ゾーク(Zork)っていうアドベンチャーゲームがありまして。
これ昔からすっごくやってみたいゲームなんですよ。
アドベンチャーのうちでもテキストアドベンチャーという文字のみで進行されるタイプです。
かまいたちの夜とかに近いといえば近い。
詳細はWikipediaを。


文字オンリーってのもまた魅力なんですが、コマンドの種類に幅があるのがまた魅力。

ゾークを知ったのは中学生くらいのころで、アドベンチャーといったらポートピア(FC)とかさんまの名探偵のようにコマンド選択式だと思ってましたから。
オリジナルの英語版ゾークはWikipediaにもあるとおり無料でダウンロード可能です。


始まりはこんな感じ。(ブラウザでプレイできるゾークより)


You are in an open field west of a big white house with a boarded
front door.
There is a small mailbox here.

> open mailbox

Opening the mailbox reveals:
A leaflet.

> take leaflet

Taken.

> read leaflet

Welcome to Zork (originally Dungeon)!

Dungeon is a game of adventure, danger, and low cunning. In it
you will explore some of the most amazing territory ever seen by mortal
man. Hardened adventurers have run screaming from the terrors contained
within.

In Dungeon, the intrepid explorer delves into the forgotten secrets
of a lost labyrinth deep in the bowels of the earth, searching for
vast treasures long hidden from prying eyes, treasures guarded by
fearsome monsters and diabolical traps!

No DECsystem should be without one!

Dungeon was created at the Programming Technology Division of the MIT
Laboratory for Computer Science by Tim Anderson, Marc Blank, Bruce
Daniels, and Dave Lebling. It was inspired by the Adventure game of
Crowther and Woods, and the Dungeons and Dragons game of Gygax
and Arneson. The original version was written in MDL (alias MUDDLE).
The current version was translated from MDL into FORTRAN IV by
a somewhat paranoid DEC engineer who prefers to remain anonymous,
and was later translated to C.

On-line information may be obtained with the commands HELP and INFO.

This version is a PHP web hack of the original Dungeon, which allows
you to LOGIN, SAVE, and RESTORE your game. You can see your fellow
players, but since they are running their own instance of the game
you can't do much other than SAY things to them.. or at least you will
be able to once that bit has been coded. It is a work in progress.

Have fun.

>


リアルタイム性もないし、自分のテンポで出来るし、そんな難しい文章でもないので訳しながらでもいいのですが、当時雑誌(ベーマガ)を見て驚いたのは日本語版(PC98版)。


PC98版をやるのは難しいとして他機種版で手はないか考えましたが、PS/SSにゾークが移植されているみたい。


PSだったらPS3で一応プレイ出来る。
一応テキストアドベンチャーらしいが文字入力がどうなってるかは不明。
続編のリターントゥゾークは激ムズらしい・・・・いわゆるシャドウゲイトと同じような死にゲーと聞いているが。
大した値段じゃないだろうし、買ってみようかな?



ちなみにiPhoneでもFrotzというテキストアドベンチャー専用アプリをダウンロードすることでプレイ可能。もちろん英語。

カレンダー

<   2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ