Alice: Otherlandsの最近のブログ記事

引き続きAlice: Otherlandsの概要と感想。
今回は"A Night at the Opera"を。以前も話したとおりこちらのほうは会話少ないので分かりやすかったです。
"Leviathan"の感想はこちらをどーぞ。


例によって訳は意訳、間違いもあるかと思いますのであしからず。
自分なりの想像を入れていることも変わらずです。


"A Night at the Opera"を見るにあたって知っておいた方がよい知識は「ニーベルングの指環」
この話はワーグナーの「ニーベルングの指環」をモチーフとしていますので、内容をざっくり理解しておけばよいかと。
例によってWikipediaの内容でOK。

押さえておきたいのは以下の登場人物2人。

  • アルベリヒ

ニーベルング族の小人。ライン川の底に眠る黄金から世界を支配することが出来る指輪を作る

  • ヴォータン

ヴァルハラに住む神々の長(おさ)。北欧神話でいうオーディン。



ストーリーはアリスの独白から始まります。

Alice: Otherlands "Leviathan" 概要&感想

Alice: Otherlandsのストーリー把握がようやく出来たので感想を。
概要も合わせて書いておきます。
ただし訳は意訳、間違いもあるかと思いますのであしからず。
あと情報は少ないので足らない部分は自分なりの想像を入れています。

まずはCGアニメーションの"Leviathan"から。
"Leviathan"を見るにあたり、知っておいた方がよい知識としては以下のジュール・ヴェルヌ作品。




ざっと知っておくだけで良いです。Wikipediaの内容で十分。
また一番最後の部分は「二十世紀のパリ」という作品が関係しているかもしれません。
内容はまったくあってないのですが、少なくともその場面で提示された年は一致します。
また動画の冒頭に出てくる、

If providence has created the stars and the planets, man has called the cannonball into existence.

という文章はヴェルヌの「月世界旅行」の中の一節。
「天が『ほし(星)』を作ったので、人は『たま(弾)』を作りました」とかそんな感じでしょうか。
各種出版社から「月世界旅行」の日本語訳が出ているので、そちらを確認するのが一番よろしいかと。




上記文章が消えると星空を見えているジュール・ヴェルヌが登場します。月にいるようです。
アリスが声をかけます。

Alice: Otherlands 到着!

Alice Otherlands

Alice: OtherlandsのBlu-rayがこの週末に到着しました。



・・・・・・・・・・長かった!!!



一番最初にOtherlandsの話題が出たのが2013年4月
Kickstarterで出資を開始したのが同年8月
それから丸2年。ようやく手元に届きましたよ。
他の方も11月中には届くのではないでしょうか。


私はBlu-rayのみなのでかなり小さい箱で送られてきました。
Blu-rayは専用のスリーブ付で、そこにアメリカン・マギー氏のサインが書かれています。

Alice Otherlands

スリーブを外すとこんな感じ。というかスリーブのデザインとBlu-rayケースのデザインは同じです。
左側のスリーブは裏面。Blu-rayケースの裏面も同じデザイン。




さて、肝心の映像ですが当然ながら既に公開されている映像と同じ。
特に追加要素などはありません。更にいうとプレスしたものではなくBD-R。

正直これが望んでいたものなのか、というと疑問はあります。
しかし、今はこれが精一杯(あるいは限界)なのでしょう。そう思うことにします。
作品そのものはそれなりに興味深いです。ストーリー把握は少しづつ進んでいます。



更なる映像作品やゲーム続編は引き続き交渉中の模様。
だいぶ難航気味のようです。

やはりゲームとしてのAliceシリーズがみたいので、ここはゆっくり待ちます。
2作目のアリスマッドネスリターンズだってかなりの年月がかかりましたし忘れたころにリリースされるかもしれません。

週末の10/31にAlice: Otherlands がデジタルリリースされました
Youtubeなどでも動画が公開されてます。
CGアニメのほうがジュール・ヴェルヌの精神を冒険する"Leviathan"
ストップモーションアニメのほうがリヒャルト・ワーグナーの精神を冒険する"A Night at the Opera"

その他、アートワークやサウンドトラックなどもKickstarter上のリリース案内ページからダウンロードできるようです。



さて、大本命の動画ですが、当然日本語字幕は無し。英語字幕も無い。
セリフが少ない"A Night at the Opera" のほうはともかく、"Leviathan"はちとキツい。

また、動画の最後にKicksterter出資者一覧が載ってますが、あまりにも大量で自分の名前を探すが大変。



これらを解決する非常によい「モノ」があります。一緒にリリースされたアートブックです。


上記のリリース案内ページからアートブックのPDF版がダウンロード出来ます。
このアートブックに"Leviathan"と"A Night at the Opera"のセリフが書き出されているので、これを見れば何を言っているか確認できます。
そして出資者一覧もこのアートブックに書かれているので、まずはこちらで探してから動画で確認するのがよいかと。


このアートブックはOtherlandsの情報が満載。例えば"Leviathan"におけるアリスの衣装が解説されてます。
ジュール・ヴェルヌの各作品がモチーフになっているようです。
月世界旅行八十日間世界一周海底二万里地底旅行ですかね。
一方"A Night at the Opera"はストップモーションアニメで使用したフィギュアの詳細など。




とにかく、アートブックを見ることでかなりの情報を得ることが出来ます。
動画と一緒にアートブックを見て、足らない情報を補足することを強く推奨します。

動画そのものの感想はまた後日。そんなこんなでまだストーリーの確認している最中なもんで。

Alice: Otherlands 出荷まで秒読み

Alice: Otherlands のDVD/Blu-ray/Art bookなどもうすぐ出荷だよ、という案内が今週火曜日に届きました
ほぼ同時に「もうすぐ発送するけど住所はこれであってますか?」という確認メールも届きました。

これ以上の遅滞が発生しないとして、運が良ければ10月中、どんなに遅くとも11月中には手元に届くでしょう。



なお、動画やArt Bookのデジタル配信をオンライン上のさまざまな場所・形式で行う予定とのこと。
今までも断片的にこれらの情報は出ていましたが、改めて案内という形でしょうか。
デジタル配信でKickstarterに出資していない人でも入手出来るのかは不明。入手出来てもいいと思いますが。

※いまさらですが今回のAlice: Otherlands は短編アニメーションであってゲームではないです。念の為


Art Book付きのリワードを選択しなかったことを激しく後悔しているので、デジタル配信で入手できるのならば嬉しい。

Alice: Otherlandsのアニメーション作成が完了したようです。
KickStarterの最新のUpdateにはアニメーションの画像や、DVDの配送予定も記述されています。


ふーむ、こうして見るとアニメーション版アリスはゲーム中のアリスとだいぶ違う雰囲気ですねぇ。
荒々しさ・刺々しさが消えてるような。
誤解を恐れず言ってしまえばよくありげな安上がりのCGアニメっぽいというか。
※実際費用その他リソースは足りてなかったとは思います

ゲームと同じような、もっと眼力強めのキツイ感じでも良かったと思いますねぇ。
KickStarterのコメントやその他フォーラムでもこの見た目は賛否両論。

1作目の精神世界での戦い・2作目での現実世界での戦いに勝利した結果、顔から険しさが落ちたとも考えられます。
無理やり好意的に考えれば。




DVDやアートブックの配送予定は以下の通り:

  • DVDの作成(プレス作業やパッケージング)開始は6月末
  • アートブックの製本開始が7月中旬以降
  • 「全部うまくいけば」8月中旬には出資者に配送開始


上記はあくまで予定。DVDやアートブックの制作が遅れるなら、当然この予定は遅れるとのこと。
また配送や梱包は手作業なので、配送作業そのものもそれなりに時間かかるよ、とも述べています。




その他、McGeeのコメント等から分かったことは以下の通り:

  • DVD、といっているけどもちろんBlu-Ray版も作成する
  • CGアニメーション以外にストップモーションアニメもある
  • デジタル配信のやり方については現在検討中



秋口には入手できる、かな〜?
気長に待ちますわ。

Alice: OtherlandsのKickstarter、無事達成

イヤッホウ!!!!

ということでAlice: Otherlands(Alice短編映画)のKickstarterですが、無事資金調達目標の20万ドルを達成しました。

達成したのは日本時間で昨日日曜日の17時すぎでしたかねぇ。
期限の14時間前に達成。



ギリギリまで目標額に達成せずにやきもきしましたが、まずは一安心です。
リリースは2014年12月予定になっているので1年以上先ですね。


完成までのんびり待ちたいと思います。

OZ Action Adventure(仮称)ことOZombieのプロジェクトはキャンセルとなってしまいました。
そのかわりAlice映画化に関するKickstarterが開始

参照:American McGee氏が旧「OZombie」のKickstarterキャンペーン中止を発表、Alice映画化権の取得にシフト[doope!]



OZombieは残念ですが、迷走していた感も見受けられたのでキャンセルという選択は良かったのかもしれません。
目標金額到達もなんともいえない状態でしたしね。



で、Alice映画化の方。
Short Movieタグが付いているので、映画といっても短編映画ですね。
3Dアニメーションとのこと。
Kickstarterのプロジェクト名は「Alice: Otherlands」となっており、紹介されている内容は今まで公表されていたゲームとして出す予定のAlice: Otherlandsそのままです。

うーむ、EAとの交渉が上手くいっていないので、映像作品としてAlice: Otherlandsを出すつもりでしょうか?



いや、EAとの交渉は続けている模様。
※Kickstarterのコメント参照
とりあえず映像作品としてAlice: Otherlandsを出して、EAとの交渉がうまくいけばゲームとしても出す、ということでしょうかね。



出資は$10から。
実際の短編映画を入手できる権利は$25から、物理媒体(DVD)を入手できるのは$50からとなっています。
更に出資すれば画集もついてきます。
ブルーレイは予算の都合で無理みたい。




私は例によって物理媒体がほしいので$50出資ですね。
今度は上手くいきますように。

Alice: Otherlandsの動きが加速しています。


Kickstarter宣伝用のAliceコスプレ写真募集したり、Vorpal Bladeポスタープレゼント企画したり、いろいろあるのですが、中でも一番興味惹かれるのは7月に行う予定のKickstarter資金提供者向け特典「案」の内容、でしょうか。


特典「案」の内容は以下の通り。
情報は公式Facebookページから。


----------------------

$5 - Access to Access to the closed forums during development and beta with unique avatar
$10 - Backer Kit of wallpapers, avatars, etc.
$12 - Early Bird (15,000) Digital backer-only Alice dress
$15 - Full copy of Single Player Game, Digital backer-only Alice dress
$25 - Digital Soundtrack, Digital backer-only Mad Hatter's Hat, $10 currency
$35 - Poster (no larger than 8 x 12), Digital backer-only Omega Necklace
$50 - Early Bird (25,000) digital art book, $25 currency, Access to Beta - entitles you to an invitation to beta; this is a progressive process and not every player will receive an invitation at the same time
$55 - Digital art book, $25 currency, Access to Beta - entitles you to an invitation to beta; this is a progressive process and not every player will receive an invitation at the same time
$75 - Early Bird (10,000) T-shirt, Digital backer-only Queen of Hearts Crown
$80 - T-shirt, Digital backer-only Queen of Hearts Crown
$100 - Unique in-game weapon, $50 currency
$135 - Early Bird (5000) Canvas Poster
$150 - Canvas Poster
$225 - Limited Edition Box with physical game
$300 - Physical Art Book
$475 - Early Bird (1,000) Omega Necklace
$500 - Omega Necklace
$600 - Design an Ally for Alice (not required to be human)
$750 - Physical Vorpal Blade
$850 - Design an Alice "Personality" (Ex. I'm Alice's Sticky Red Anger of Tuesday Morning; I'm Alice's Masculine Blue Happiness of Winter Night (male))
$1500 - Skinned Tablet
$5000 - Dinner for one in SF (each additional person is an add-on of $500)
$10,000 - Trip to Shanghai

Add-ons:
Physical Art Book - $75
Limited Edition Physical Game - $75
Omega Necklace - $200


※上位の特典は下位の特典を含む


----------------------


$15の出資でシングルモードのゲームを得ることが可能。
私はパッケージが欲しいので、$225出すかLimited Edition Physical Game をAdd-onするか。
うう、Physical Art Bookも欲しいなぁ。



・・・・・と想像をふくらませるのはいいのですが、あくまで「EAとの交渉が上手くいくのならば」であり、このKickstarter特典案も含めAlice: Otherlandsがどうなるかはまだ分かりません。

コメントでも情報いただきましたが、Alice: Madness Returnsの続編/シリーズ三作目予定のAlice: Otherlands が検討されているようで。

参照記事:American McGee氏が「Alice: Otherland」の非公式な新アートワークを公開[doope.jp]



調べてみると、今年3月のGDCの時に、EAとAmerican McGee氏の間でAliceシリーズの続編について話しあう機会があった模様。
Alice: Otherlandsの内容は、前作発売時に話していた「アリスがロンドンの人々の心の中に入り込み、各人の不思議の国を冒険する」という内容と変わっていないようです。

参照記事:American McGee Discusses A Potential Final Return To Wonderland In Alice 3[GameSkinny]



KickStarterの利用も可能ならば行いたいみたい。
Akaneiroの時にKickStarterが上手くいったからでしょうか。





何はともあれ、EAとの交渉次第でしょうね。
この記事[PIXEL ENEMY]を見ると、American McGee氏は、


*If* we get to do a 3rd "Alice" game - which is still a very big if - ....
「もしも」我々がAliceシリーズ三作目を始められるならば(まだ本当に「もしも」だけど)・・・


と述べており、まだ始動に至っていない点を念押ししている状態です。
先日の非公式コンセプトアートも続編に対するユーザの反応を見ているんだと思います。

今のところAlice: Otherlandsが陽の目を見るかどうかは、分かりません。
AAAタイトルではないという話もありますし、American McGee氏はモバイルプラットフォームやオンライン接続に興味があるとも言っています。
Alice: Otherlandsは今までの2作とはまったく違ったゲームになるかもしれません。


ま、気長に待ちましょう。

カレンダー

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ