シムシティ(2013年版)の最近のブログ記事

シムシティ 都市の人口60万人到達

市役所完全アップグレード

相も変わらずシムシティをプレイしております。
テーマに沿った都市をいくつか作りましたが、そのうちの一つが「人口60万人」の都市。
市役所アップグレード最終段階の条件が人口60万人なので、それを達成するために作ってみました。

まず、我が地域「おでん」は以下のような発展を遂げています。

  • 最初の都市「こんにゃく」

土壌汚染で壊滅しかけるも何とか復帰。石油採掘中 現在18万人

  • 次の都市「牛すじ」

観光都市を目指すもカジノとか文化施設の使い方が適当で中途半端に 現在24万人

  • 3つ目の都市「もちきんちゃく」

原鉱採掘で合金やプロセッサー売りまくる貿易都市 「おでん」におけるシムオリオン供給源 現在28万人

  • 4つ目の都市「がんもどき」

人口60万人突破を目指す都市



これらの4つの都市共通の遺業としてソーラーファームが存在します。
60万人を目指す「がんもどき」はソーラーファームが出来上がった状態でスタートしました。
電気気にしなくていいのは楽です。



実際のプレイですが、序盤(~20万)は普通にプレイ、中盤(~40万)あたりから出来るだけ低所得高密度の建物を増やすように。
後半は(~60万)詰めて建物を建てるために道路の引き直しや、期待通りに発展しなかった建物の破壊、といった作業の繰り返し。

これはパズルをやっている感覚。
あっち壊してこっち建てて・・・


そんなこんなで60万人を突破し、65万人ぐらいになりました。


がんもどき60万人





そのときの都市の状態。

がんもどき60万人


他の地域も見える様に側面から。

がんもどき60万人


一番手前が「がんもどき」。
その奥が「もちきんちゃく」。
更に一番奥にソーラーファームが見えます。

右端に少し見えてるのが「牛すじ」。


もっとも、60万人都市は100万人都市への「通過点」とも言えますね。
実際100万人都市は実現可能なようで、ネットでも調べるといくつか情報が出てきます。
「がんもどき」は全ての地区を住宅地区にしてあるわけでもなく、加えてインフラの一部(上下水道など)はまだ都市内にあるので、この辺整理していけば100万人を目指せるかもしれません。




さて、シムシティのプレイはこれで一旦終了。
来週Bioshock Infiniteが国内リリースの予定ですので、そちらをプレイする予定です。


100万人都市含めネタはまだまだいろいろあるので、そのうちに、また。

誰もが小指を立てる店


新年度もシムシティ(2013年版)プレイ中。
しかしプレイすればするほど変な名前の建物が見つかりますね。

誰もが小指を立てる店・・・・・。
それがこの店のルールなのか、思わずそうせざるを得ない雰囲気なのか。



ほんと多いです、このテの名前の店。
圧倒的に多いのは商業地区。特に低密度。
あとは工業地区もちらほら。
逆に住宅地区ではこのようなネタっぽい名前はほとんど見られませんでした。



というこことで、再びシムシティプレイ中に見つけた「変な名前の建物」を紹介していきます。

ベーカリー「コネが必要」


相変わらずシムシティ(2013年版)プレイ中。
時々都市開発の手を止めて、都市の様子を観察しています。
最大までズームすると、住民たちのさまざまな動きが見れて楽しいです。

さて、各種建物の名前を見ていると、たま~に変な名前の建物を見かけます。
上記の ベーカリー「コネが必要」 とか。

入店に何らかのコネが必要な、一見さんお断りな店なんでしょうか。
そうだとしたら入店の敷居の高いパン屋だ。



ということで、シムシティプレイ中に見つけた「変な名前の建物」を紹介したいと思います。

我が都市「こんにゃく」

シムシティ、我が都市「こんにゃく」が土壌汚染と財政破綻で壊滅の危機に瀕しましたが、何とか再建出来ました。



事の起こりは、「この辺は細菌が多すぎる」という表示を見つけた時。
よくよく見てみるとそこらじゅうで「この辺は細菌が多すぎる」という表示がされ、市役所の前では細菌なんとかしろというデモが。


データマップの健康マップを確認した結果、どうも土壌汚染が元になっているのでは無いかと思われる。
土壌汚染が発生している区域で細菌が多すぎる、という表示が出るようだ。

この土壌汚染状態でも建物は建つのですが、「細菌多すぎ引っ越すわ」と言われすぐ廃墟に。 廃墟→取り壊し→建築→引越しで廃墟の繰り返しなので、細菌の原因である土壌汚染を何とかするしか無い。




そもそも土壌汚染を引き起こしている原因はなんでしょう?
この原因を特定し、対処する必要があります。
データマップや都市の状態とにらめっこした結果、今回は住民が出すゴミが原因でないかと。
ゴミ処理場は作っていたのですが、あるときから全くゴミを収集しなくなってしまったのですよ。

ゴミ収集車が全然働かない。ゴミ多すぎメッセージも至るところで見られます。
ゴミ処理場が満杯になってるわけじゃないです。
ゴミ収集車を他の都市に派遣している状態でゴミ処理場を取り壊して場所移動、とかしたのが悪かったのかもしれません。
そもそもゴミ収集車が足らず、都市全体のゴミを回収しきれてなかったのかもしれません。

ということで、ゴミの収集を正常化するべく他の都市へのゴミ収集車の派遣を取りやめ、数を増やす。
パーティでゴミいっぱい出るよチャレンジで回収しきれず残っていたゴミもあったのかもしれません。



さて、具体的な土壌汚染回復作業に着手します。ネットで情報探しつつ、いろいろ試してみる。
部分的再開発+効果のありそうな建物を建ててみるもなかなか効果が上がらず。

それを何度かためすうちに収入が足らなくなって財政破綻に!


赤字状態でお金(シムオリオン)がほぼゼロ。そして土壌汚染。
・・・・・「こんにゃく」壊滅の危機となりましたが、ひとまず財政破綻から脱却するべく、



  • 不要な建物の停止(貿易本部や大学等)
  • 債権発行
  • 他の都市のインフラ借用(警察車両・消防車両等)
  • 他の都市から予算援助



を実施。


もう1つの都市である「牛すじ」のインフラと予算は潤沢なので、「牛すじ」のインフラと予算の半分をこんにゃく復旧用に回す。
ただ、予算の援助(贈り物)はリアルタイムで反映されるわけではなく、実際送り込まれるまで30分ぐらいはかかったと思う。
そのため、つなぎの費用を捻出するために債権を発行。50,000+25,000の75,000。




予算の援助が反映されたあとで本格復旧。
財政破綻を何とか乗り切り、予算に気をつけながら更に試行錯誤+情報集めした結果、土壌汚染対策としては汚染地区を更地にして木を植えるのが一番効果的であることが判明。
ただ、汚染地区の木はすぐ枯れるので、根気よく木を植え続ける必要がある。
土壌汚染区域に木を植え続けていればそのうち土壌汚染は改善される。

更地にしたくない建物の場合でも、周りに木を植えることである程度の効果が出る。
今回大通り(道路)の一部が土壌汚染となっていたが、大通りの両脇に木を植えることで大通りを破壊することなく汚染を回復できた。

でも一番は一旦更地にすること。




ということで実際の効果のほどをどーぞ。
まず木を植える前。

植林前の土壌汚染状態

茶色い部分が土壌汚染地域。
左側の更地の部分に木を植える。





植林

木を植えた状態。
木を植える際にボタンを連打する必要はなく、移動しながらポン、ポン、ポンとゆっくりボタンを押せばOK。
上述の通り、汚染区域の木はすぐ枯れるので、根気よく植え続ける。




その結果、

植林後の土壌汚染状態

土壌汚染が減った!!!
この後。残っている箇所も更地+植林で順次回復させました。
時間はかなりかかりましたが。





しかし、土壌汚染よりも財政破綻のほうがキツかった。
もうひとつの都市がなかったら完全に壊滅してと思う。


複数の都市の連携は重要ですね。


ということで、「こんにゃく」、「牛すじ」に続く第3の都市を作成開始。
こんどは「もちきんちゃく」。

「もちきんちゃく」は「こんにゃく」でやろうとして頓挫した鉱山都市にする予定。

新作シムシティは時間泥棒

シムシティ

新作シムシティプレイ中です。
発売直後サーバが不安定だった新作シムシティですが、この週末にはほぼトラブル無しで快適プレイでした。
上記は今作ってる都市。都市の詳細は後述。



当初サーバの不安定さに注目されてしまった新作シムシティですが、プレイしてみるとぐいぐいプレイに引きこまれます。
シムシティとしての基本は変わっていませんが、出来ることが増えているのが大きいです。
複数都市を作れるのと、それらの都市を特化出来るのが大きいかもしれませんね。
ベッドタウンとか、観光都市とか、商業都市とか。
シムシティ4でも都市間の接続はありましたがそれがもっと強化された感じ。
いじりだすとあっちこっち面倒みてあげないといけないので結構操作が忙しいです。

お金欲しい時は放置。
赤字になることはあまりないです。
区画整理で一度に都市の3分の1ぐらいを作りなおした時に赤字になりました。
都市の3分の1を更地にして、その分人口も減ってしまったため。
まぁこれは当たり前か。


マップは少々狭い(スーファミ版シムシティと同じぐらいに感じました)ですが、上述の通り複数都市の連携が重視されているので、物足りなかったら別の都市を作れば良いかと。
というか複数の都市を作った方が断然に面白いです。



そんなこんなで新作シムシティはかなりの時間泥棒ですね。
気がつくと2,3時間あっという間に経ってしまいます。
当初サーバが不安定だった、なんて完全に忘れてしまいました。




さて、私が最初に作った都市は以下の通り。

こんにゃくシティ1

こんにゃくシティ2

地域名:おでん
都市名:こんにゃく




・・・・・都市の名前どうしようかと悩んだ結果、おでんの具になりました。

上記は都市作り始めの時。
ここからこんにゃく少しづつ発展させていきました。
・・・・字面だけみると意味不明だな・・・・>こんにゃく発展




そこそこ発展させたところでおとなりを作成。

牛すじシティ

都市名:牛すじ

牛すじは観光都市にする予定。






牛すじとこんにゃくを行ったり来たりしていたある日、こんにゃくで災害が発生!


こんにゃくに隕石


隕石落下!
高層ビルに隕石直撃で崩壊。
その他いたるところで建物崩壊・火災発生するも、なんとか乗り切る。

その他あーだこーだいじった結果がこの記事一番最初の画像です。
夜景は見ていて非常にきれい。
この時点での人口はこんにゃく75,000人、牛すじ30,000人ぐらい。



設置したことがない施設や機能はまだまだあるので、いろいろ試していきたいと思います。

プレイの時間配分考えないと曲作りが停滞する~w

3月7日の新作シムシティの発売まであと1ヶ月ちょっと。

普通に店頭で買おう、と思ってましたが特典考えるとAmazon.co.jpで予約注文するかOriginのデジタルデラックス版買うかのどちらかかな~、と。



とりあえず当初より案内されていた「ヒーロー&悪党セット」は欲しい。
これは初回特典なのでおそらく店頭売りのパッケージにもついてくるような気がする。

ただ、Amazon.co.jpだと上記に加えて「フランスの都市セット」がついてくる。
さっと見た限りだとパッケージ版の値段はどこで買ってもほとんど変わらないので、そう考えるとパッケージ版が欲しければAmazon.co.jpで買うのが良さそう。

ただ、各種店舗のポイントを使用すればお安く購入できるので、それはそれで店舗買いのメリットかもしれない。


パッケージ版にこだわらなければOriginでデジタルデラックス版が一番。
上記2つの特典に加え、

  • イギリスの都市セット
  • ドイツの都市セット
  • ミステリーアイテム


の3つの特典が追加。
要は全部入り。
これらが欲しければデジタルデラックス版を買うしか。




ということでパッケージ派の私はAmazon.co.jpでそろそろ予約しなくては、と思った次第です。
EAはダウンロード版オンリーの限定版が多いような気がします。
パッケージ版でも同種の限定版を出してくれると嬉しいのですが。


SteamやOriginなどによるPCゲームのダウンロード販売もだいぶ定着した感がありますね。
PCのパッケージ販売もどんどん減っていくんでしょうね。

パッケージはボックスアートや、説明書を眺めるのが楽しいんですよ。

ネタ元:doope!


日本語公式サイトも出来ており、既に予約も始まっている模様。
2013年発売だからまだ1年もあるのにもう予約開始とは。


シムシティ4をプレイしたときにはとにかくスペック不足で悩まされました。
街が大きくなると処理しきれなくなって、ロード出来なくなるときもしばしば。
グラフィックの問題ではなく、CPUやメモリだと思われ。
オブジェクト多いし。


PCを新調した際はシムシティ4プレイしてベンチマーク代わりにしたことも。



まだ1年先なので何とも言えませんが、この最新作の「SimCity」に合わせてPCをパワーアップする、ということは検討しておいた方がよさそうです。



限定版についてくる「シムシティ ヒーロー&悪党セット」が気になる・・・・
シムシティの守護者Maxisマン VS 悪の科学者Dr.ブーとその手下、らしい>ヒーロー&悪党

Maxisマン見たいわー。
全身タイツで胸にMaxisって書いてあるのかなー。

カレンダー

<   2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ