figma改造アリス: マッドネス リターンズ/アリスさんの最近のブログ記事

アリスwith傘

昨年作成したfigma改造アリス: マッドネス リターンズ/アリスさんですが、傘を追加してみました。
傘は第1章 「マッドハッターの領域」の途中で入手するアイテム。
メナシングルインなどが投げる火の玉を弾き返すことが出来ます。

この傘はfigma 黒雪姫より拝借しました。
お手軽改造なので色の塗りなおしのみです。


実際のゲーム中の傘はレース柄の模様で、反対側が透けて見えます。
その他シャフト部分など、細かい部分も違います。

なのでゲーム中の傘の完全再現ではないですが、そこはお手軽改造なのでご容赦を。
ヴォーパルナイフ以外を持たせてみたかったんです。



画像はクリックすると大きくな画像になります。
以下同様。

・・・・上の写真取った時に背中のリボンがちょっと曲がってた。

自作アリス


週末に色塗り・足らないパーツの追加・最後の調整してfigma改造アリス: マッドネス リターンズ/アリスさん無事完成。
去年の9月から作り始めたので、なんだかんだで1年かかってしまいました。

figma 鶴屋さん文化祭Verをベースにパテ盛りとその他手持ちのパーツ組み合わせ。
ブーツのベルトは0.3mmプラ板、バックルは0.5のステンレス線、オメガペンダントの紐は細いワイヤー。


画像はクリックすると大きな画像になります。以下同様。

週末秋葉原にいったらDiamondSelect社のアメイジングスパイダーマンアクションフィギュアが売ってました。


DiamondSelect社のパッケージは結構大きいなぁ。
特に厚みが。リボルテックの箱の1.5倍はありそうだ。

なんだかんだで遅れているアリスのアクションフィギュアも同じパッケージだと思いますが、あれが4つ(アリス、トランプ兵、チェシャ猫、ヒステリアアリス)届くとなるとかなり場所取りそうです。
一部の噂では8月中旬発売という話もありますが>アリスアクションフィギュア





さて、作成中のfigma改造アリスさんですが、残っていたリボンやブーツのディテール追加していよいよ色塗りの段階まできました。




figma改造アリス

オメガペンダントまだ作ってませんがそれは後付けでいけるので一旦これでFix。
色塗りに入ります。
ブーツのベルト留め具も後付け予定。





figma改造アリス背面

背面。
figma台座だとジョイントが髪と干渉するので5mmプラ棒で延長パーツを作成。


次回は何も問題が無ければ完成ですね。
色もそれほどたくさん使わないですし。

落としてパーツポッキリや、紛失行方不明には気をつけなければ。
細かいパーツ多いので。

先日ちまちまつくってます、と話したfigma改造アリス: マッドネス リターンズ/アリスさんですが、現在こんな感じです。



figma改造アリス: マッドネス リターンズ/アリスさん



パーツとして足らないのはエプロンドレス背中のリボンと、靴のベルト。
その他の細かい部分の調整はやりだすと切りがないので、とりあえず上記2つに集中。
あとは各パーツの表面処理ですね。

暇なときを見計らってやっぱりちまちま続けていく予定。

Diamon Select Toysより発売予定のアリス:マッドネス リターンズのアクションフィギュアの詳細情報が出てきました。

ネタ元:Alice: Madness Returns Select Figures, Series 1 [Toy News International]
去年の12月には情報出てたみたいですね。

これによると、

  • シリーズ1はアリス、クローバーのカードガード、チェシャ猫
  • アリスはヴォーパルブレード、ペッパーミル、ホビーホースが付属
  • 7インチフィギュア
  • 発売は2012年夏予定
  • ヒステリアモードのアリスが先行で発売。発売予定は5/30


とのこと。

7インチというとNECAなどのフィギュアと同じ大きさですね。
アメトイだとよく見るサイズです。
18cmぐらい。1/8から1/9ぐらいでしょうか。


カードガードはいい感じ。
チェシャ猫は猫らしく四足歩行スタイルだが、例の座りポーズが出来るかが気になる。
そして我らがアリスさんは・・・・・・う、うーん、現物見るまでは何とも言えないわー。
雰囲気はよく出てます。あるいみ。







そういえば、昨年から暇見てちょこちょこ作っている自作のfigma改造アリスさんですが、現在はこんな感じ。

アリスさんフィギュア自作中



大まかな形は大体出来てきましたがまだ微調整は必要。
そのあとリボンとかエプロンとか、靴のベルトとか、パーツ類作っていかないといけないんですよね~。





ゆ~っくり作ってるのでいつできるのかまったく不明。
夏、本家が出るまでに完成すればラッキー。

不思議の国のアリスのエプロンドレス

アリスのフィギュアを暇なときにコツコツつくってますが、ハテ、あの衣装はどのような作りになっているのだろうとアート オブ アリス マッド ネス リターンズ見たり、ゲームでアリスをくるくる回してみたり、フィギュアを見たりしてました。


インターネットで調べるのもいいだろうと「エプロンドレス」で検索。
Wikipedia出てきましたね。不思議の国のアリスも事例で出てますね。

うーん、ちょっと情報が足らないですね。英語の説明・・・・・がない。



どうやら英語だとJumperとかいう夢もへったくりもない名前が相当しそうです。
上記英語Wikipediaによればイギリス英語だとPinafore(ピナフォー)。
Pinafore自体はエプロンドレスという意味も持つようですが、上記Wikipediaの説明見るかぎりではブラウスなどインナーに合わせるための服に見えます。

実際ピナフォーで検索するといわゆるアリスのエプロンドレスとはちと違うものが多い。



英語Wikipediaをもうちょっと漁ったらAlice in Wonderland dressというこれまたそのまんまの項目を発見。
あー、ここでも我々がエプロンと呼称している部分をPinaforeと言ってますね。
エプロンドレスとピナフォーは正確な区別があるんでしょうが、ちょっと調べ切れないので割愛。



・・・・ほう、エプロン部分は真っ白じゃなくて外枠付近が赤いんですね。ふーん・・・



で、結局アリス マッド ネス リターンズのアリスの衣装の作りはよく分からないまま終了。
いいや、まだそこまで(エプロン部分)までたどり着かないので課題事項。

以前、アリスインナイトメアのフィギュアに球体関節入れて可動フィギュアにしたことありましたが、今回ちょっとアリス: マッドネス リターンズ準拠でフィギュアを作ってみようかと。

一応2012年の早い時期に公式のフィギュアが出るはずですが、ちょいとチャレンジしてみようかな、と思いまして。



作るのはもちろんアリス。既存のfigimaを改造します。
もう1ヶ月半前ぐらいからぼちぼちいじってます。
ゆっくりつくってます。




で、現状こちら。



figma 鶴屋さん文化祭Verベースにその他パーツ組み合わせてパテ盛ったり削ったり。
まだまだ作りかけで、撮影用に髪の毛黒く塗ってヴォーパルナイフ急遽こしらえてようやく「アリスかな?」という感じです、ハイ。
まったくそっくりは私の技量だと無理。
出来る範囲のfigma流用アレンジアリスアクションフィギュアを目指します。



顔が鶴屋さんまんまという話がありますが瞳書けるほどまだ器用じゃないのでもうこのままいっちゃいます。
その他頭身考えると別のフィギュアをベースにした方がいいんじゃないかとか、エプロン部分をどう表現するかとか、ヴォーパルナイフ以外の武器どうしようとか、懸念点山積みです。
あ、ブーツも未着手ですね。



かなーり、ゆっくり作るつもりです。
懸念が多くてゴールもゴールまでの過程もまだぼんやりとしているのでどうなるか自分でも分かりませんです。
途中挫折・・・・はなるべく無いようにするつもりですがなんとも。



でも、苦労はあるとはいえ、何か作るのはやはり楽しいんですよねぇ~。

カレンダー

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ