ゲーム(レトロ)の最近のブログ記事

昨年AD&D ヒルズファーをプレイし、全ての職業をクリアすることが出来ました。
それによりいろいろ分かったことがありますのでTIPSとしてまとめておきます。

まずは各クエストのプレイ内容一覧。
攻略のつもりで書いていないので省いている部分もありますがクエスト進行の役に立つはずです。


  • クエストまとめ


戦士:クエスト1
戦士:クエスト2
戦士:クエスト3

僧侶:クエスト1
僧侶:クエスト2
僧侶:クエスト3

盗賊:クエスト1
盗賊:クエスト2
盗賊:クエスト3

メイジ:クエスト1
メイジ:クエスト2
メイジ:クエスト3

ライオン・キング欧州NES版を購入

先日の続き。
「NESも含めて最後に発売された公式のファミコンソフト」を再調査した結果、

Disney's The Lion King 欧州版

が公式で一番最後じゃないかという結論になりました。
それでは実物を確認してみようじゃないか、ということでeBayにて購入。


今回は購入した「Disney's The Lion King 欧州版」の紹介です。
まずはパッケージ表から。


ライオン・キング欧州NES版

普通のパッケージです。左下の「B」はPAL-Bであることを示しています。
PAL-A / PAL-Bの話はWario's Wood欧州版の記事を参照ください。




裏側。


ライオン・キング欧州NES版

裏面は英語・・・・と思わせておいて説明書きの半分はオランダ語。
今回はオランダ語版を購入しています。オランダ語版を選んだ理由は特になし。たまたま。

欧州版NESソフトは言語や地域の違いで細かい型番違いがあります。
今回のDisney's The Lion King 欧州版であれば以下の7種類。

  • NES-KL-ESP(スペイン)
  • NES-KL-FRA(フランス)
  • NES-KL-HOL(オランダ)
  • NES-KL-ITA(イタリア)
  • NES-KL-NOE(Nintendo of Europe/ドイツ?)
  • NES-KL-SCN(Scandinavia/ノルウェー・フィンランド・スウェーデン+デンマーク?)
  • NES-KL-UKV(イギリス)


発売地域や言語の違いですね。

数年前に「NESも含めて最後に発売された公式のファミコンソフト」を調べたことがあります。

ファミコンなら「高橋名人の冒険島IV(1994年6月24日発売)」ですが、海外版であるNESまでまぜた場合どうなるんだろう?と思いまして。
その時はWario's Woods(ワリオの森)欧州版が1995年Q1(1月〜3月のどこか?)発売で一番最後、という結論でした。



が、しかし。



最近調査しなおしたらWario's Woods(ワリオの森)欧州版より後に発売されたソフトがあることを確認。
もちろん非公式ではなく公式のもので。



ということでで再調査の結果、NESもファミコンもひっくるめての公式ソフトで一番最後に発売されたのはこちら。

  • Disney's The Lion King 欧州版
    1995年5月25日発売



ライオン・キングですね。
Wario's Woods(ワリオの森)の際にも述べましたが、1995年というとプレイステーションやセガサターンが発売された翌年なんですよ。
プレイステーション1994年12月3日/セガサターン1994年11月22日


NES版は欧州でのみ発売されたようですが、スーパーファミコン版であれば国内でも発売されています。
他にもメガドライブ版・ゲームギア版などが国内発売されていたようです。





なお、公式で最後のソフトの調査として参考にしたのはこちら


List of Nintendo Entertainment System games [英語Wikipedia]



以前使用した「List of last games released on video game consoles」の方は無くなってました。
最近は非公式ソフトのリリースも珍しくなくなってきたので項目の意味が薄くなってしまったのかもしれません。
国内でも8bit MUSIC POWERやキラキラースターナイトDXが発売されてますし。





この「Disney's The Lion King」、eBayにて購入しました。
ブツは届いているのですが、まだ開けてません・・・続きは後日。

→続き

AD&D ヒルズファーをプレイ。今回はメイジ最後のクエスト、つまりこれで全職業終了です。
何とか今年じゅうに間に合ったぞぉ・・・・・

そんな最後のクエストはギルドで休息を取った時に始まりました。



AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー

「魔法の店の鍵の掛かった扉」の夢をみる、という特殊な始まり。何かの暗示だろうか?

それ以外の情報もとくに無いので魔法の店へ向かう。
営業時間に行ってもこれといった情報はなかったので時間外に忍び込んでこっそり情報収集。


ClueBookを見るとメイジ最後のクエストは2種類の始まり方があるようで、序盤の内容が異なる模様。
今回は「魔法の店の鍵の掛かった扉」の夢をみましたが、もうひとつの場合は「本屋」の夢をみるようですね。
どっちの夢を見るかはランダム。最終的なゴールは同じ。



AD&D ヒルズファー

魔法の店で「ストーンマスター」と掘りこまれた奇妙な形のつるはしを見つけた。
つるはしといえば岩切場。岩切場に向かう。

AD&D ヒルズファーをプレイ:11

AD&D ヒルズファーをプレイ。メイジ2つ目のクエストにチャレンジします。
ギルドマスターに話しかけて仕事の依頼を受ける。

AD&D ヒルズファー

「『暗黒の邪悪』についての古代書」という書物を探してほしいとのこと。
またひねりのない名前というかありきたりな名前というか・・・分かりやすいですけど。



早速交易所に向かいます。


AD&D ヒルズファー

本は本屋でどーぞ。この交易所に書物を取り扱えるような商人がいないようです。
中世を舞台にした一般的なRPGの世界では書物の取り扱いに専門的な知識が必要とされる場合も多いですね。

本屋はヒルズファーの町の左下、魔術師の塔の近くにあります。
ただし他の店のように何か購入・情報入手が出来るようにはなっておらず、ダンジョンなどと同じような形態になっています。
つまり時間内に情報を得て出口から出ないと赤い羽根飾りにつかまる。営業時間があるようだが店舗としての営業はなく施錠の有無のみ。
時間外に行けば鍵の解錠を余儀なくされるので営業時間内に行くべきでしょう。


ということで本屋で宝箱をあさっていると見知らぬ男が近づいてきた。


AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー


ここにも例の古代書を持ち込んだ男がいたようです。というか店員だろこれ。
魔法関連の書物を取り扱っていないことが分かると男は魔法の店に向かったらしい。

AD&D ヒルズファーをプレイ:10

AD&D ヒルズファーのプレイも最後の職業となりました。
最後はメイジ、つまり魔法使い。
AD&D的にはマジックユーザー。


なんでマジックユーザーじゃなくてメイジなんでしょうね?
国内のユーザに分かりやすくということかな?
AD&Dユーザを対象としているならマジックユーザーのままでも良かったと思うのですが。


AD&D ヒルズファー

例によってキャラクターを新規に作成。
おにぎり具材シリーズ最後の名前は「めんたいこ」。


いつもどおりギルドに向かいます。
場所は城の南東にある行き止まり。


AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー

イカ墨の入手が最初のクエスト。
交易所の商人が情報を知っているそうなので交易所に向かいます。



ギルドの名称ははメイジギルドじゃなくて魔法使いギルド。ややこしい。

ニンテンドークラシックミニをプレイ

ニンテンドークラシックミニ

先週うちにも届いたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(以下ニンテンドークラシックミニ)。
特徴や感想は色んなサイトで詳しく述べられていると思うので、簡単に私が感じたことをまとめておきます。



  • 真っ白だ

今持ってる本体って大抵が黄ばんでいるじゃないですか。加えて傷だらけ。
なので真っ白で傷ひとつない本体に特別な雰囲気を感じます。


  • コントローラの小ささは意外と気にならなかった

スーパーマリオブラザーズや魔界村、忍者龍剣伝なんかもさほど問題なくプレイ出来ました。
今のゲーム機と比べて使用するボタンが少なく、コントローラの大きさは影響しなかったのかもしれません。


  • 接続ケーブルは長いほうが良さそうだ

付属コントローラのケーブルは今のゲーム機と比べてそれほど長い方ではありません。
且つ、リセットボタンがゲーム中断/メニューに戻るになっているとなると本体は手元にあった方がよいと感じました。
そうなるとHDMIや電源替わりのUSBケーブルはそこそこの長さがあったほうがよいと思われます。

もちろんコントローラのケーブルを改造して対応するのもあり。実施している方もいる。




こんな感じです。
個々のゲームについては久しぶりのプレイでも割とサクサク進めました。
ソロモンの鍵の攻略も覚えてましたし、忍者龍剣伝も危ない箇所は何となく覚えている。鳥の出現ポイントとか。
体が覚えちゃってる状態なんでしょう。当時を思い出します。


しかし、思い出すのは良いことばっかりではなく、



ニンテンドークラシックミニ


この手の絶望的状況も思い出すハメになりました。
ダメージ受けてノックバック→変な場所に張り付く→打開を試みるが更に変な場所に張り付く→どうにもならない



NES版の入手については引き続き検討中。
海外でも品薄状態なので今購入するのは難しいでしょう。
供給が落ち着いたころに買おうと思います。

AD&D ヒルズファーをプレイ。
今回盗賊最後のクエストとなりますが、その前にあるアイテムを入手しておきます。

それはチャイム・オブ・オープニング。解錠用の特殊アイテムで、ノックの指輪に用に一発解錠出来て複数回使用することが可能。
最強の解錠アイテム。



・・・・いや、もう鍵付きの宝箱多すぎなんですわ!

解錠もだんだん難度上がってきてます。合鍵が壊れる可能性も上がります。失敗してワナ発動しダメージ受ける時も多々あります。HPが0になれば当然死んでしまうので解錠の失敗が大きなリスクとなっています。
苦労して岩切場までついたのにワナのダメージで死亡、もう一回移動からとかもう泣けてくる。

回避方法としてノックの指輪があります。実際今まではそれで何とかなりました。
しかし盗賊のクエストは8割いや9割鍵付きなので圧倒的に購入費用が足らない。
じゃあもうチャイム・オブ・オープニング入手しちまえ、ことになりました。


チャイム・オブ・オープニングは老魔術師の迷宮の秘密の部屋の宝箱にある。
この情報は酒場や交易所で教えてくれる場合がある模様。




ということで・・・・・



AD&D ヒルズファー

チャイム・オブ・オープニングを入手。入手した瞬間の写真はとり逃しましたので持ち物の画面で。
持ち物(左ステータス画面の時間表示の上)の中にチャイム・オブ・オープニングが表示されていますが、文字通り音の出るチャイムだったのか。
TIME:6PMの6の上が合鍵、その隣がチャイム・オブ・オープニング。更にその隣がロッド・オブ・ブラスティング。


いやこれそうだよね!音楽室とかにあるウィンドチャイムにしか見えない。
実際に音も鳴るのだろうか?音が鳴るんだとしたら解錠のたびにキンコンキンコン鳴らすわけで隠密活動にはむいてなさそうだ。

幸いこのゲームはそこまで厳密な設定は無いので安心して使用できる。
ただし何回か使うと壊れてしまうらしい。どの程度使えるかは不明。
念の為ノックの指輪も買い込んでおく。



さて、本題のクエストを開始。
マスターに話しかけると、別の盗賊集団がギルドの縄張りを荒らしているとの情報を得る。

AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー


邪魔なこの集団を街から追い出すため、彼らの計画を探るのが今回のクエストの目的。
まずは彼らが最近犯罪を犯した「魔法の店」に忍び込んで何かしら情報が無いか調査。

店主に聞き込むんじゃなくて、忍びこむのね・・・

AD&D ヒルズファーをプレイ:8

AD&D ヒルズファーをプレイ。盗賊2つ目のクエストを開始。

盗賊ギルドのマスターに話しかけると「ちょうどおあつらえ向きの仕事がある」とのこと。


AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー


つまり、僧侶ギルドがもっているアミュレットを入手しろ、ということ。
「ギルドの正式メンバーにむかえられる」といっているが、前回のクエスト完了時にギルドの一員だと言っていたのは試用期間だったのだろうか?
盗賊ギルドだけにメンバー加入の審査は慎重なのかもしれない。



酒場で情報が得られる、とのことで適当な酒場に入る。


AD&D ヒルズファー

この盗賊が連絡が途絶えた盗賊なのだろう。
街には4箇所下水道がある。情報に従って北西の下水道に向かう。

AD&D ヒルズファーをプレイ:7

AD&D ヒルズファーをプレイ。
戦士、僧侶、とプレイしてきましたが、今度は盗賊に挑戦してみます。
新たなキャラクターはこちら。

AD&D ヒルズファー

ハーフリングの盗賊「おかか」。
盗賊にするならホビットやハーフリングなどの種族を選ばざるを得ない。




盗賊ギルドは街の南東、魔術師の塔の近くにあります。
マスターに話しかけると「ギルドメンバーになるには簡単な仕事をいくつかこなす必要がある」と言われる。


AD&D ヒルズファー

AD&D ヒルズファー


最初の仕事は毒キノコを見つけること。
毒キノコ。いかにも盗賊ギルドらしい内容じゃないですか。
魔法の店で詳しい情報を聞くと、目的の毒キノコは下水道に生えているらしい。

カレンダー

<   2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ