マイコンソフト製のアップスキャンコンバーター

10数年前、マイコンソフト製のハードウェア製品は憧れの一つでした。
主にアップスキャンコンバータ。
ゲーム機の画面をPCのモニタに表示して、きれいな画面でプレイ、ってのがなかなかそそられる内容。
マイコンBASICマガジンことベーマガ内の同社広告は毎回楽しみでした。



が、マイコンソフト製のハードの価格は非常に高い。
XRGB-1とか3万ぐらいしたような。
半分業務用みたいなもんでしたし。
当時学生だった私には夢のまた夢でした。





で、先日秋葉原行った際にゲームハリウッドでマイコンソフト社製のアップスキャンコンバータのデモを見る。
FRAMEMEISTER(フレームマイスター)という製品でHDMI出力が出来るそうな。
※コンポジット・S端子・D端子などの入力をHDMI出力出来る



・・・・これ買えばファミコンなどのレトロゲームをHDMI出力できちゃうじゃないですか!
ファミコンをHDMI出力、という響きにはなかなか惹かれるものがあります。
元が元なので劇的な変化は期待出来なくとも。

しかし相変わらずマイコンソフト社のハードはお値段高いようで。
FRAMEMEISTER(フレームマイスター)は定価38,640円(税込)。
今なら買えないお値段ではないものの、それでもちょっと躊躇しちゃう価格ですね。



他のアップスキャンコンバータであればお安く手に入るようですが、やはり買うなら憧れのマイコンソフト社製アップスキャンコンバータだなぁ。


カレンダー

<   2012年8月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ