ゲーム用PCの最近のブログ記事

通知方法がアレで何かと話題になるWindows10の無償アップグレード。
うちのWindows7も「今or後でアップグレード」と通知してきます。
はいorYesじゃないんだから>今or後

・・・でもWindows10を使ってみたい、という気持ちはある。
ということで手持ちPCのうち1台をWindows10にアップグレードしてみました。



アップグレードしたのはゲーム用PC。その名の通りゲームプレイが主たる目的のPCです。
また実施したのはアップグレードではなくクリーンインストール。
これはクリーンインストールの方がより安定するらしいということと、ちょうどハードウェアまわりを変更しようと思っていたため。
DAW用PCをパワーアップした際にあまった480GBのSSDが使用されず放置状態だったので投入します。

そもそもゲーム用PCのシステムディスクである120GBのSSDの空き容量がもうほとんどありません。
残り10GBもない。こちらと交換します。
不要ファイルを消せば必要な要領は確保できると思いますが、容量アップさせれば根本解決になりますので。
その他の環境は変更なし。



手順としては以下の通り。

  1. 必要なバックアップを取る
  2. 120GBのSSDを外し、480GBのSSDを取り付け
  3. Windows7をインストール
  4. Windows10にアップグレード
  5. Windows10をクリーンインストール



Windows7からWindows10にアップグレードした後でクリーンインストールします。
Windows10のクリーンインストールはWindows7のプロダクトキーを入力すれば直接実行可能という話もありますが、初回だったので確実な手段を選択しました。

Windows10インストール後は使いやすくするためにひたすらカスタマイズ。
音声アシスタントのCortanaはオフ。スタートメニューもデフォルトで表示されているものはほぼ削除して利用頻度が高いものに入れ替え。
その他気になる部分は随時調べてカスタマイズ。

ソフトウェア関連も当然インストール。何はともわれSteamから。
ゲームも前環境でプレイしていたものをインストールし動作を確認。セーブデータもSteamCloudによって引き継がれた。
こういう時にSteamCloudの恩恵を感じる。



そんなところでWindows10のセットアップ完了。もっとトラブルまみれになるかと覚悟していましたが思ったよりはスムーズでした。
クリーンインストールが功を奏したのか、カスタマイズで使いやすくなったからなのか。
インストールするソフトウェアが限られているのも関係してそう。




ただアップグレードすることで何かメリットはあったのか?と言われると微妙。
もちろん良くなった部分はあります。でもWindows10じゃなきゃダメ!という部分は皆無。
懸念していたトラブルもこれから発生するのかもしれない。

そのへんを考慮して他のPCはWindows10にしない予定。
特にDAW用PCは安定環境が欲しいのでしばらくWindows7のままでいいです。

Geforce GTX Titan 購入

Geforce GTX Titan、何とか購入出来ました。
メーカーはPalit。争奪戦に出遅れたのでメーカー選択の余地はなし。

で、ベンチマークを早速計測。
これが一番の楽しみですよ。

ベンチマーク計測時の構成は以下のとおり。

  • CPU
    Intel Core i7-3770
  • メモリ
    G.SKILL 8GBx2
  • HDD(SSD システムドライブ用)
    Intel X25-M(G2) 120GB
  • OS
    Windows 7 Ultimate 64bit



グラフィックボードは既存のGeForce GTX 580、そして購入したGeforce GTX Titanを使用しどのくらい変化が出るかを見ます。



使ったベンチマークソフトは以下の通り。

  • 3Dmark
  • バイオハザード 6 ベンチマーク
  • ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編



バイオハザード6ベンチマークは解像度1920x1200、全ての画像設定を最高設定で、ファイナルファンタジーXIVベンチマークは解像度1920x1200、画像設定は最高品質です。

新しい3Dmarkを試す

昨日、新しい3Dmarkがリリースされたようで。
今までの3Dmarkにあったナンバリング(3Dmark「11」とか)が外れてますね。
今後新作出たらどうするんだろう。
「3Dmark 2015年版」、とかになるのだろうか。


さて、4gamer.netの記事からダウンロードして早速試す。
試したPCのスペックは以下の通り。

    • CPU
      Intel Core i7-3770
    • マザーボード
      ASUSTek P8H77-V
    • メモリ
      G.SKILL 8GBx2
    • VGA
      GeForce GTX 580


結果。

3Dmark結果



本命のテストとされるFire Strikeはやはり重いですね。
Combined Testの時はフレームレート10切ってました。



さて、VGAはそろそろ交換したいと思うのですが、交換するとしたら近いうちに出ると予測されているGeForce Titanにしたいなぁ、と思っています。

お値段も性能も化物クラスらしい、といううわさ。

3連休にゲーム用の新PC買ってきました。
当初の予定通り、CPUをCore i7-3770にしてその他揃える。

ざっとこんな感じ。

  • CPU
    Intel Core i7-3770

  • マザーボード
    ASUSTek P8H77-V

  • メモリ
    G.SKILL 8GBx2

  • HDD
    Western Digital WD30EZRX 3TB





大体5万円。

OSを入れなおして、環境整えて、まずやることはベンチマークの計測。
以前グラフィックボードを取り替えた時の計測結果を残してあるので、これと比較しましょう。



その時はいろいろなベンチマークを試してましたが、今回はちょっと時間なかったので3DMarkのみ。

新PC組むよ!

ゲーム用PCを新調しようと思います。

現状(Corei 7 860/Mem8GB/GTX 580)でもゲームプレイには支障ないですが、来年新作シムシティが出ることを考えるとCPUをCore i7 860からパワーアップさせたいなぁ、と思いまして。



少なくともシムシティ4ではグラフィックよりCPUやメモリの方が重要で、あまりにも巨大な都市を作るとフリーズしたり、そもそも都市がセーブできなくなったりする問題があったはず。

実際シムシティ4プレイしてた時は巨大都市作るのを諦め、都市をいくつか作り、役割を分散して作ってました。

シムシティというゲームの特性上、新作シムシティでもCPUやメモリが重要なのは変わらないようが気がします。




と、いうことで、主にCPU強化を目的として新PCを組みます。

CPUはCore i7-3770の予定。
グラフィックボードは現在のGTX580を流用したいと思います。
現状グラフィックで困っていないのでここは買い換える必要が無いとみた。
来年nVidiaの新しいグラフィックボードが出るという噂もあるそうですし。

グラフィックボード買わないので安くおさえられそうです。
ケースや電源も現在のものを流用。
残りのメモリ、マザーボード、HDDを加えたとしても6万弱、というところでしょうか。





可能であれば連休中に組みたいなぁ。

さて、あと3ヶ月もすればホリデーシーズンとなり、例年どおり大作ラッシュが始まります。
現在目をつけているのはElder Scrolls V: SkyrimBattleField 3


Skyrimは後からゆっくりプレイ出来るかもしれませんがBattleFieild 3はバンバンプレイして兵種・マップ・武器特性を覚えていかないといかない。



で、これらのゲームをやるにあたって少々不安なのがゲーム用PCのスペック。
そろそろ、Core-i7 860はきついのかな~と思う次第。


もちろん高画質にしなければ全然のりきれますが、せっかくだから俺は赤の扉を高画質でのプレイを選ぶぜ!となるわけです。
それがPCでプレイする楽しみの一つでもありますしね。



CPUチェンジするとなるとマザーボードごとチェンジで、OSも入れ直しになるでしょうね。
うう、めんどくさい・・・・




なお、他の選択肢としてVGAをSLIにしてしまう、という選択肢はあり、これならOSの入れ直しも必要ないのですが、対処療法的でしかない。
そもそもSLI対応タイトルじゃなきゃ恩恵受けないし、電力消費もアレですし、そもそもマザーボードがSLI対応してないしししししし。




IntelもnVidiaも新しいモデルが予定されてるという話ですので、実際にゲームが出た後あるいはIntelかnVidiaの新モデル発表後でもいいのかもしれない。



もうちょっと頑張れ!Core-i7 860!
テストで一回クロックアップしてみましょうかしら。

昨年ゲーム用PC新調した際にシステムドライブをSSDにしましたが、ここしばらくSSDを使っていたことを忘れてました。


つまりSSDの恩恵を受けるような使い方をしていない、と。

確かにWindowsの起動は速いんですが、起動した後はあまりHDDのスピードと変わってないような・・・・



なんでだろ?と調べてみたら答えは明白、SSDから起動するアプリケーションほとんどインストールしていないから。
そういえばSSDの寿命伸ばすため&容量不足回避のためにゲームはHDDにインストールしてたんだっけ
Intelの120GB買いましたが残り100GB近く余ってますし。

OS以外で一番効果が体験出来るであろうソフトウェア(今回の場合はゲーム)をHDDにインストールしてたんじゃあ意味ないですね。



ゲームによってはSSDにもインストールするようにしよう。
ぱっと思いついたのはThe Elder Scrolls IV: Oblibion+グラフィック強化系Mod。
テクスチャ読み込み速度上がればスピードアップが体感できそう。

GeForce GTX 580 各種ベンチマーク結果

GeForce GTX 580のベンチマークとりましたので結果をお伝えします。

まず環境。

  • CPU:Core i7 860(定格)
  • メモリ:2GBx2
  • OS:Windows7 64bit
  • システムディスクはSSD(Intel)/アプリはHDDにインストール(WD Caviar Green)



これにグラフィックカードが:

  • GeForce GTX 280(従来)
  • GeForce GTX 580(今回購入)

という構成。



また、使ったベンチマークソフトは、以下のとおり。

  • 3DMark06
  • 3DMark11(Performance)
  • FF14ベンチマーク(High)
  • S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat ベンチマーク(1920x1200/Extream)
  • DiRT2 ベンチマーク(1920x1200ですべての項目をHigh)
  • H.A.W.X.2ベンチマーク(1920x1200ですべての項目をHigh/8xAA)


で、結果。


ということで先週NEWPCのパーツ買ったわけですが、これがねぇ、うまく動かなくて・・・・・
いつものように結論を先に述べるとCPUがきちんとマザーボード上で認識していませんでした。

つうか、最近のマザーボードはBIOSの微調整なんてそれほど必要ないと思っていたのだが。

バイオショックはいいゲームですね。
ストーリーに引き込まれて土日久しぶりにゲーム漬けになって昨日クリアしてしまいました。

が、しかし、画質設定全てをHigh Qualityにしたらフレームレートが激減するときがあってゲームプレイに支障きたすことが判明。

いろいろ工夫して画質とフレームレートのバランスは得られたものの、いよいよゲーム用PCパワーアップの必要性を感じた。
PCのパワーアップが必要です。

カレンダー

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ