Air Conflicts: Pacific Carriersをプレイ

先日海外から注文したPC版Air Conflicts: Pacific Carriersが届いたのでプレイ中。

内容を紹介したいと思います。
今のところプレイは日本軍側。

まず全体的なゲームの雰囲気を。


ゲームの内容は太平洋戦争を舞台としたフライトアクション。
これはトレーラームービーや、パッケージの雰囲気の通り。

ゲームモードは史実に沿ったキャンペーンモードと任意の敵と戦闘が出来るインスタントバトル、そしてチュートリアルのトレーニングモード。
サバイバルモードってのもありますがまだ未プレイ。
自軍の空母を守りぬく内容らしい。

使用できるのは基本的に艦載機で、戦闘機・艦爆・艦攻とひととおり選択可能。
日本軍側であれば零戦、九九式艦爆、九七式艦攻が選択出来た。
確認はしていませんが、彗星や天山も使えるとか。

兵装もある程度変えることが出来る。
雷装・爆装(800kg, 250kg, 60kg)など。

グラフィックは最近のゲームなのでそれなりにきれい。
日本軍を選択すれば戦闘中やミッション説明などのボイスは日本語。




次にキャンペーンやミッションの内容を。

キャンペーンは日本軍側、アメリカ軍側両方あり、どちらも特定の空母の艦長のストーリーとして話が進んでいく。

日本軍側であれば赤城。
赤城が参戦していない戦いはミッションに出てこない。例えば珊瑚海の戦いとか。

ただ、瑞鶴の表示もあったので(ただしグレーアウトして選択できない)、赤城の次は瑞鶴としてプレイするんじゃないだろうかと予想。
赤城と瑞鶴ならば、有名な戦闘は大体カバーできますし。



一方アメリカ軍はエンタープライズが選べたのは確認。

キャンペーンは大きく5つの戦闘にわかれており、それぞれの戦闘で数ミッションをプレイする。
ミッションは必須のものと任意のものとがあり、任意のものはプレイしなくてもキャンペーンが進む。
が、任意のミッションもプレイした方が当然面白いし、プレイに厚みが出る。



基本的に難しい、詰まるミッションはほとんどないのですが、任意ミッションのWatchTowerミッションがちょっと分かりづらいかも。
WatchTower(見張り塔)ミッションは空母の見張りとなって敵影を見つけるミッション。
偵察機を飛ばすのではなく、空母の見張り台から探す。
・・・・・・ええ、ちょっ地味なミッションです。
ただ、敵影の発見で次のミッションにつながる(艦船発見→飛行機飛ばすとか)ので、頑張って探しましょう。

敵影は艦船だったり飛行機だったりするので、全体的に見ないとダメ。
ズームしっぱなしで海上ばっかり探してたら、飛行機を見落としました。

海面見ているとクジラがいたり、遭難者がいたりすることも。



戦闘部分について。



まず操作はキーボード、Xbox360コントローラ、ジョイスティックが選択可能。
キーボードの操作は難しいので、Xbox360コントローラかジョイスティックを使うことになるでしょう。

更にそれぞれアーケードモードとシミュレーターモードが存在。
アーケードモードは操作感重視になっており、かなり軽快な挙動が可能。
具体的にはピッチングとローリングにアシストがかかってる感じ。
ヨーイングの操作はアーケードモードにはない。2軸操作。

シミュレーターモードは逆に実機に似せた挙動。
こちらはヨーイングもある3軸操作。

アーケードモードのあとにシミュレーターモードで操作すると、重さを感じる。
どちらがいいかは好みでしょうね。
サクサク遊びたければアーケードモードのほうがいいでしょう。操作しやすいし。
私は昔買ったジョイスティックを引っ張り出し、アーケードモードを選択。
「フライトアクション」を遊びたかったのでシミュレーター要素は不要。
ただ、アーケードモードにもヨーイングは欲しかったなぁ・・・



で、戦闘部分ですね。

ドッグファイト、要は機銃ですが、オートエイムがついてます。
なので当てるのは楽。
そのかわり若干固いような気がします。私の射撃がヘタクソなせいかもしれませんが。
オートエイムを無効に出来るかは未確認。

次に急降下爆撃。
急降下爆撃は普通に狙って当てればまぁあたるかと。
急降下中に爆弾の投下予想地点も表示されます。(機種・兵装によっては出ない)
アーケードモードなら引き起こしも楽。

水平爆撃。
普通に投下してもあたらないので、ボタンを押して水平爆撃用の照準に切り替えます。
なるべく水平を保った状態で、照準を見ながら投下。
進入方向、水平状態を保てばだいたい照準で狙ったところにあたります。
逆に言うとその辺がずれると当たらない。

まぁ、水平爆撃は急降下爆撃で代用出来るので無理に使う必要はない。


雷撃。
当初は全くあたりませんでした。
あたらない、というか投下しても魚雷が作動しない。
「不発だ」とか日本語ボイスで言われます。
魚雷は高さとスピードが一定の範囲内でないと投下しても作動しません。
画面にガイドが出るので、高さとスピードを合わせましょう。
高さやスピードが合わないときはガイドが赤くなります。

高さは合わせてたのですが、スピードに気づきませんでした。





全体的な感想ですが、今のところは可もなく、不可もなく、というところですねぇ。
ちょっと爽快感・達成感にかける気がします。

まだプレイも始まったばかりで、操作もやっと慣れてきたところだからでしょうか。
雷撃・爆撃もやっと上手く当てられるようになったところですし。
難易度もあまり高く無いように思えるので、少しあげてみます。



そう言えば今のところ基地攻撃・都市攻撃が主で航行中の艦船への攻撃は少ないですね。
弾幕をかいくぐりながら逃げまわる敵空母めがけて急降下爆撃、とかいうミッションがあることに期待。


カレンダー

<   2013年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ