ゲーム(家庭用)の最近のブログ記事

Deadliest Warrior: Ancient Combat

先日Fairytale Fightsというゲームをプレイした話をしましたが、その際もう1本ゲームを買ってたんですよ。
それが「Deadliest Warrior: Ancient Combat」。
もともとは海外のTV番組で、

バイキングとサムライが戦ったらどっちが強いの?

みたいな架空の闘いをシミュレーションしたもの。それをゲームにしたのがこれ。
番組内では戦士たちが使用する武器について実験・考察したり、識者からの意見を参考にしたりして闘いを再現。
最終的にどちらが勝者かを判定します。

これは燃えるね!そういう妄想するよ!
こういったコンセプトのゲームやコミックは国内でもたくさんありますし海外も考えることは同じなんだなぁ、と。


Wikipediaを見ると番組は3シーズン分製作されたようで、そのうちの1シーズン目はDVD化されています。英語のみ日本語なし。
シーズン2とシーズン3は現在ストリーミングのみで提供。
シーズンが進むに連れて対決のムチャクチャ度が上がっているのでシーズン1しかDVDが無いのが悔やまれます。


と、本編も興味津々ですが今回はゲームの話です。

Deadliest Warriorのゲームはいくつか種類があって

  • Deadliest Warrior: The Game
    TVシリーズをモチーフとした武器格闘
  • Deadliest Warrior: Legends
    上記の続編。キャラを過去の英雄に変えたもの
  • Chivalry: Deadliest Warrior
    Chivalryの拡張パック



となっています。

購入した「Deadliest Warrior: Ancient Combat」はDeadliest Warrior: The GameとDeadliest Warrior: Legendsを2つセットにしてDLCを追加したいわゆるコンプリートエディションみたいなもの。
Deadliest Warrior: The GameもDeadliest Warrior: Legendsも基本的なシステムは一緒です。
違いについては後述。



海外もの武器格闘ということで当然四肢断裂などのゴア表現があります。
従って今回も画像はゴア表現入りなのでそのつもりでー。

Fairytale Fights

先日Fairytale Fightsというゲームを買いました。ジャンルはアクション・プラットフォーマー。
2009年にPS3/Xbox360で発売されたソフトなのでちょいと前のゲームです。
気になっていたソフトなのですがなんやかんやで買わずじまいでしたが、最近たまたまPS3版を見かけたので買ってしまいました。

内容は赤ずきん、白雪姫、(ジャックと豆の木の)ジャック、(裸の王様の)王様ら4人の童話の主人公が失ってしまった「童話の主人公としての名声」を取り戻す、というもの。
操作可能出来るのも当然その4人です。


最大の特徴は血みどろスプラッター・ゴア表現上等で血の雨が降るゲーム、ということ。
カートゥーンのような2等身キャラクターが斧などの物騒な武器を片手に「文字通り」敵を真っ二つにしていきます。
いや〜これぞ洋ゲーという感じです。そりゃ当時気になっていたわけですよ。
とっくの等にプレイしていておかしくないはずなんですが、今の今まで未プレイでした。


詳しいゲーム内容やプレイした感想を以下に述べます。
カートゥーン風ですがゴア表現ありのスクリーンショットを使用しますのでそのつもりで。

GW中は出かけたり、家の掃除したり、ファミコンなどレトロゲームのの整理をしたりしていました。
そんな中プレイしていたゲームが初代アサシンクリード(PS3版)。

初代は過去にPC版をプレイ済み。
では何故もう一度やるのか?

理由は2つ。

  • PC版は英語版だったため、ストーリーを完全に把握し切れていない
  • 「アサシン無双」プレイがしたい


PC版をプレイした時のストーリー把握度合いはいいとこ50%というところか。
あらすじレベルでの理解はしているものの、細かい部分は追いきれていない。
これを日本語版でやり直すことで補おう、というつもり。


しかしこの理由はどちらかというとおまけみたいなもの。
本当にやりたかったのは「アサシン無双」プレイ。




当時からステルスアクションしなくても普通に強いって言われてたんですよ。
特に相手の攻撃に合わせて実行する「カウンター」がえらい強力。
カウンター取れれば大体一撃で相手を殺せる。カウンターを繰り返せばあっという間に死体の山。



アサシン無双

こんな感じ。倒れているのは全部敵(衛兵)。8割はカウンターでしとめたかと。

とはいえ常にアサシン無双ができるわけでもなく、ある程度はステルスアクションが必要。
ただ正面切って暴れてもいい、という選択肢があることは攻略(?)の幅が広がったかな、と。
要は堂々と表から入ってアサシン無双してもいいわけで。

そんなもんだからこのゲームの印象的な武器であるアサシンブレードの利用頻度が・・・・低い。


・・・・情緒もへったくりもないですな。
いやでもこれはこれで面白いんですよ。

先日発売日や具体的な価格、サービスなどが発表されたNintendo Switch
発表された各種ソフトも魅力的ですが、個人的に気になったのは以下の2点。

  • リージョンフリー
  • ファミコンやスーパーファミコンのなどのソフトを月替わりで配信し、オンラインプレイにも対応させる



前者は単純に洋ゲーがプレイしやすくなるという点から。洋ゲー好きとしては嬉しい仕様です。
後者はレトロゲーム好きなら見逃せない内容かと。
バルーンファイトやマリオブラザーズの対戦・・・いや協力プレイがオンラインで楽しめるようになるのでしょうか。


ということで私がオンラインプレイしてみたいファミコンソフトを列挙してみたいと思います。
ファミコンだけでもあれやこれやとそこそこの量になったのでスーパーファミコンはまた別の機会に。
例によってだいぶ偏っていますのでそのつもりで。

先日「私がローグライクゲームをおすすめするなら」という記事を書きましたが、ローグライクゲームの超有名タイトル、

「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」

を未プレイであることに気が付きました。
おー、ちょうどいいやー。プレイしてみよう。



ということで初代スーパーファミコン版を購入してプレイ開始。
「不思議のダンジョン」のクリア、つまり地下27階にある「しあわせの箱」を取得して帰還を目指します。

初見の感想はだいぶやりやすくなったローグだなぁ、と。
コントローラでの操作や分かりやすいユーザインターフェイスはとっつきやすいですね。
一番なのは敵やアイテムがドラクエの敵・アイテムに置き換わっていること。分かりやすい。




そんなこともあって割と簡単に地下20階ぐらいまではいけるようになりましたが、そこでつまりました。なかなか先に進めない。
これは私の「出てくるモンスターは可能な限り倒す」というプレイスタイルがよろしくなかったようで。

ちょうど地下20階あたりからモンスターを倒すよりも逃げて先に進んだ方がいいみたい。敵が強すぎる。
トルネコはアイテムの持ち帰りと初期装備選択、そして武器防具強化という要素があるので、強化しまくった武器防具を装備して挑めば逃げなくても済むのでしょう。
今回はクリア第一なので強化はせずに逃げまくって対処しました。




しあわせの箱

そしてなんとかしあわせの箱入手。
この時は数種類の杖を持っていてモンスターの対処が上手く出来たってのが大きかったかと。
ラリホーの杖、メダパニの杖、もろ刃の杖+弓矢など。
ハラヘラズの指輪を持っていて食料の心配しなくてもよかったも大きいです。

帰還は特につまるところなし。不要な戦闘を避けてどんどん上の階へ向かう。
地下20階まで戻れれば一安心。地下10階まで戻れば事故らない限りほぼ問題なし。
地上へ帰還、そしてエンディング。


全体的にほんわかしたやさしい雰囲気・イメージは久しぶりにドラクエやったなぁと思うところです。
※正確には外伝ですけど




「不思議のダンジョン」クリア後に挑戦できる上位ダンジョン「もっと不思議のダンジョン」はパス。
全てのアイテムが不確定名になり、戦略練り直しが必要。苦労しそうだ。
そもそも「しあわせの箱」を取れたのもアイテム運に恵まれたところがあったと思うし・・・

より本来のローグに近くなるって意味ではいいのですが。

ストIIダッシュがプレイしたくなりました、という話を以前しました。
その後買ったはずのプレイステーション版「カプコンジェネレーション・第5集〜格闘家たち〜」を捜索。

・・・・したんですが全然見つからない。



プレイステーションは比較的まとめてあるのですぐに見つかると思ったのですが・・・。
ちなみに一番散らばってるのはメガドライブとスーファミ。意図しない所からソフトがひょっこり出てきたりする。


あきらめずに捜索を続けたところ、ようやく見つけることができました。



カプコン レトロゲーム コレクション

「カプコン レトロゲーム コレクション」の方を買ってた。見ての通り冊子形式。
プレイステーションのソフトなのでCDケースのつもりで探していましたよ。そりゃあなかなか見つからなかったわけだ。


これでようやくストIIダッシュがプレイできます。

最近PCゲームをあまりやプレイしていないことに気づきました。
そもそもSteamのサマーセールで買ったゲームにほぼ手をつけていないや。

かといってゲームをプレイしていないわけではなく、代わりにプレイしているのが題名にもあげた家庭用ゲーム機。


まずはスプラトゥーン。新マップ・新しいブキ等が定期的に導入されるので飽きないんですよ。
あとこの夏ずっとプレイしていた「学校であった怖い話」。去年はロマサガ3プレイしていたので、スーファミ稼働率は去年に引き続き高いことに。

また、お姉チャンバラ1と2が安価に入手できたのでプレイしてましたね。
最新作であるお姉チャンバラZ2 ~カオス~もプレイしたいんですが、PS4のみのリリースなのでPS4買わないと〜。

スーファミで昔やり足りなかったソフトの再プレイやPS2導入でゲームプレイの選択肢が広がった結果、家庭用ゲーム機の稼働率が上がったのかもしれません。
昔やり足りなかったソフトはまだまだあるので、今後も稼働率は高いのかな。



そんな中、先日SteamにてBesiegeを購入。そちらのプレイが開始されるかもしれません。
オリジナル攻城兵器作成ゲームとして気になっていたんですよ>Besiege


・・・・・サマーセールで買ったゲームは・・・・・そのうち・・・・

VCダックハント

何気なしにバーチャルコンソールのサイトを見ていたらダックハントを発見。
スマッシュブラザーズ最新作でダックハントが隠しキャラクターとして参戦したからでしょうね。


うちもブラウン管テレビが無くなってだいぶ経ちます。
ブラウン管テレビの購入は出来ても、それなりに場所も取るのでこの手の光線銃ゲームはプレイをほぼ諦めてました。



が、上記の通りバーチャルコンソールで復活。

うぉぉぉおおお!これは買いじゃあ!!



・・・・何?Wiiリモコンが必要?買ってまえ!!
センサーバーはWii Uのゲームパッドで代用できるらしい。






環境が用意できたのでいよいよプレイ。
あー、ブラウン管現役で光線銃ゲームやってたころ思い出しますわー。



VCダックハント

初プレイはラウンド11でゲームオーバー。犬は相変わらず腹立たしい。




クレー射撃もプレイしてみる。



VCダックハント

当時はクレー射撃あまり得意じゃなくてほとんどプレイしなかったんだよなぁ。




基本はファミコン版の移植ですが、光線銃を使うゲームなのでそっくりそのまま移植にはなっていません。
私が感じた大きな違いは以下2つ。



  • 照準が表示可能
  • 命中判定用の画面明滅表示がない




照準は消せます。消せるのに気づいたのは上記のプレイのあと。
照準が無ければきちっと狙う必要があるので、ゲーム難度はかなり上昇するでしょう。
言い換えればオリジナルと同じ難易度。

・・・・思い出した。当時、クレー射撃をプレイしなかったのは光線銃のエイミングが間に合わなかったからだ。
画面から消えるのがカモより早く、2発同時に的が出るんで1つ当たったとしてももうひとつが間に合わなかったんだよなぁ。

照準消してプレイしましたが、ゲームパッドを置く位置が悪いのか上手く狙えない。
テレビの前にゲームパッドを設置するための空間が皆無なのが大きな問題だ。
そのうちセンサーバーも買ってこよう。



命中判定用の画面表示ですが、当時はそれと発射音で「弾の発射」を感じていました。
光線銃のトリガーを押すと「バン!」という音と画面の明滅が発生。
いかにも画面に向けて撃ってます、って感じがしたんですよ。

今回それが無いのでちょっと物足りなさを感じます。
特にうさばらしで犬に向けて乱射する時。
このクソ犬!笑ってんじゃねーよ!!!(トリガー連射)




とはいえ、プレイ環境を揃えるのが手間だった光線銃シリーズがバーチャルコンソールで出来るようになったのは喜ばしいことで。
ダックハント以外のシリーズも出て欲しいですね。

スプラトゥーン購入

スプラトゥーン買わないの? 面白そうじゃん 」

と知人に言われる。
スプラトゥーンはノーマークでしたが、上記の知人のコメント及び発売してからの人気っぷりを見て気になりました。

ニュース記事見たり、公式サイトみたり、CMみたり等しているうちに「やりたい度合い」が加熱。
店頭のお試しプレイをやってみたら思った以上にプレイしやすくこれはいいものだと判断。購入しました。

ジャンルはTPS。
4vs4で戦うってところまではよくある内容ですが、勝敗はマップ上を塗った面積で決まること、イカ形態になってアクションが増えることなんかが他のTPS/FPSと違うところですね。



このゲームで気になる所は「操作」と「対戦」かと。
私がプレイした限りでは以下のような感じ。


  • 操作

ゲームパッドでのジャイロ操作は思った以上にやりやすい。
大きく動かす必要はなく、手首をちょこっと捻るぐらいの操作でOK。微調整もやりやすい。
ただし、振り向き・急旋回などをジャイロで行うは難しいようで、その辺はスティックの併用がいいみたい。
キーコンフィグは今の所出来ない。ボタン配置は慣れるしか無い。



  • 対戦

勝敗はインクばらまいてより多くの床面積を塗ったかどうか。視覚的に分かりやすい。
※レギュラーマッチの場合。一定ランク以上で参加できるガチマッチのルールは別

撃った分だけ自軍のインクに染まっていく様はとても気持ちがいいです。
もちろんただばらまけばいいのではなく、効率のよいやり方や武器に沿った戦略、相手の倒し方はあるでしょう。
それら活用すればより楽しいプレイが出来るでしょうし、勝率も上がるでしょうね。

・・・あれだ、幼少のころタンスにベタベタシール貼りまくったり、家の壁・床にクレヨンで落書きしまくって楽しいのと同じだわ。




みためはライトでポップな雰囲気の対戦型TPSですが、奥は深く対戦の戦略は熟考が必要です。
まずは武器特性・マップ・立ち回り等を覚えたいと思います。
週末行われたフェスはパン派。パンはちゃっちゃと食えるのがいいね。


なお、現在ゲーム中で愛用している武器はN-ZAP85。
名前と見た目ですぐ分かりました。NES ZAPPER(海外のファミコン光線銃)じゃないですかコレ。
スーパースコープも是非お願いします。

先日秋葉原にてWii U 購入しました。

中古のプレミアムセットが箱なし傷ありで19000円程度。
ちょうど手持ちの予算と合うお手頃な中古。


・・・うぉおぉぉおお!よっしゃ買うぜぇ!と商品を手に取るも少しだけ躊躇する。
そもそももう少しでMortal Kombat Xの発売じゃないですか。それに他のゲーム(高2→将軍)もやってるし。
しかし秋葉原での一期一会をないがしろにして泣いたことも数しれず。
次の機会を待っていたらいつまでたっても買えないかもしれない・・・

と、多少悩みましたが最終的には「い・い・か・ら 買ってしまえ!」と。
半分衝動買いですね。



これでようやく昨年9月に購入したベヨネッタ2がプレイできるようになりました。
このままプレイしないまま塩漬け状態かと思いましたよ。

Wii Uの初期セットアップを行ったのちにプレイ開始。

カレンダー

<   2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ