1/35 SU-85Mを作る:その7(完成)

SU-85M製作中。今回で完成です。
残りは足回りの汚し及びと牽引ワイヤーの作成など。


まずは牽引ワイヤーを作成します。
キットに金属製のワイヤーが付属していますが今回は使いません。
代わりに手芸用の毛糸を使います。

毛糸を使った理由は加工がしやすいから。
加えて牽引ワイヤーを2本作りたかったので。



1/35 SU-85M

毛糸を水溶きボンドに浸したのち乾燥。毛羽立ちがなくなり適度な硬さになります。

必要な長さに切ったあと両端にキット付属の金具部分を瞬着で取り付け。
オキサイドレッドのサーフェイサーを吹いて下地を作ります。
金具部分は余剰なのか2本分、つまり4つあります。それも2本作ろうと思った理由の一つです。



1/35 SU-85M

サーフェイサーによる下地作り完了。
あとは普通にブラックやダークブラウンなどで塗装します。
金具はそのままだと前方のフックに引っ掛けられなかった(太すぎて入らない)ので、一部削る。

削った個所をフックに通して取り付け。そのあと削った箇所をパテで埋めて再塗装。
鉛筆でところどころ光沢を付ける。

この作業をもう1本分実施。



1/35 SU-85M

ということで牽引ロープはこんな感じになりました。






次は足回りの汚しです。またピグメント使った表現全般も実施します。
まずはピグメントをアクリル溶剤に溶いて履帯に塗ります。



1/35 SU-85M

作業途中の状態。塗っては乾かすを繰り返す。使うピグメントも複数。
大体塗れたところで車台に接着。もちろん車台下半分にもピグメント塗布済み。
車台上部もところどころピグメントをのせて表情をつけていきます。





最後に予備燃料タンクから燃料が垂れた跡の表現を実施。
これは無くてもよかったのですがオイルや燃料の表現をやってみたかったんですよ。
AKインタラクティブのAK084エンジンオイルを使用しました。



1/35 SU-85M

雑誌の作例見ながらえいやっ!と塗装。
それっぽい感じになりました。






最後に全体をもう一度見直して気になるところを微調整。
これで完成です!





1/35 SU-85M

上記写真はクリックで大きくなります。以下同様。





1/35 SU-85M

逆側。





1/35 SU-85M

後ろ。





1/35 SU-85M

前。





1/35 SU-85M

真横。





今回は完成までかなり時間がかかってしまいました。
天候が芳しくなく作業が遅滞したというのもありますが、ちょいちょい手を加えてたってこともありますねぇ。
どう作ろうかと考えてた時間も長かったかもしれません。砲塔どうしようとか、デカールどうしようとか。

でもその分満足のいく仕上がりになったと思います。
ウェザリングは予定通りいつもよりきつめになりましたし、ファレホやエンジンオイル専用塗料などの使用、毛糸での牽引ワイヤー作成など新しい内容も盛り込めました。


次はもうちょっと早く作れるようにしたいですね。


カレンダー

<   2020年2月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ