トルネコの大冒険 不思議のダンジョンをプレイ

先日「私がローグライクゲームをおすすめするなら」という記事を書きましたが、ローグライクゲームの超有名タイトル、

「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」

を未プレイであることに気が付きました。
おー、ちょうどいいやー。プレイしてみよう。



ということで初代スーパーファミコン版を購入してプレイ開始。
「不思議のダンジョン」のクリア、つまり地下27階にある「しあわせの箱」を取得して帰還を目指します。

初見の感想はだいぶやりやすくなったローグだなぁ、と。
コントローラでの操作や分かりやすいユーザインターフェイスはとっつきやすいですね。
一番なのは敵やアイテムがドラクエの敵・アイテムに置き換わっていること。分かりやすい。




そんなこともあって割と簡単に地下20階ぐらいまではいけるようになりましたが、そこでつまりました。なかなか先に進めない。
これは私の「出てくるモンスターは可能な限り倒す」というプレイスタイルがよろしくなかったようで。

ちょうど地下20階あたりからモンスターを倒すよりも逃げて先に進んだ方がいいみたい。敵が強すぎる。
トルネコはアイテムの持ち帰りと初期装備選択、そして武器防具強化という要素があるので、強化しまくった武器防具を装備して挑めば逃げなくても済むのでしょう。
今回はクリア第一なので強化はせずに逃げまくって対処しました。




しあわせの箱

そしてなんとかしあわせの箱入手。
この時は数種類の杖を持っていてモンスターの対処が上手く出来たってのが大きかったかと。
ラリホーの杖、メダパニの杖、もろ刃の杖+弓矢など。
ハラヘラズの指輪を持っていて食料の心配しなくてもよかったも大きいです。

帰還は特につまるところなし。不要な戦闘を避けてどんどん上の階へ向かう。
地下20階まで戻れれば一安心。地下10階まで戻れば事故らない限りほぼ問題なし。
地上へ帰還、そしてエンディング。


全体的にほんわかしたやさしい雰囲気・イメージは久しぶりにドラクエやったなぁと思うところです。
※正確には外伝ですけど




「不思議のダンジョン」クリア後に挑戦できる上位ダンジョン「もっと不思議のダンジョン」はパス。
全てのアイテムが不確定名になり、戦略練り直しが必要。苦労しそうだ。
そもそも「しあわせの箱」を取れたのもアイテム運に恵まれたところがあったと思うし・・・

より本来のローグに近くなるって意味ではいいのですが。


カレンダー

<   2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ