私がローグライクゲームをおすすめするなら

ここ1,2年よくローグライクゲームをプレイしていますね。
1回のプレイが短く、リプレイ性が高いという内容は私のプレイスタイルによくマッチしています。

ということで、おすすめしたいローグライクゲームを紹介したいと思います。
選択の条件としては以下の通り。

  • 私がプレイしたことあるもの
  • 日本語版・日本語化が存在するか、英語でもルールがわかりやすいもの



なお、基本Steamで販売されているゲームとなります。
※コンシューマに移植されているものも含む




アクションよりのローグライクゲーム。ランダム生成されるダンジョンを下へ下へと進む。
大まかにはゼルダの伝説に似ている。
出てくるアイテムやステージ、選べるキャクターなどが多く毎回新鮮な気持ちでプレイ出来る。
そういった意味では非常に長く遊べる。ただグラフィックが人を選ぶかも。
無印のThe Binding of Isaacは難度高め。Rebirthの方がバランスとれているので推奨。
DLCを導入すると難易度が増す。なので遊びつくした人向けであり同時に買う必要はない。




一方こちらはSLGよりなローグライクゲーム。
宇宙船の艦長となって各種ランダムイベントを切り抜けながら極秘データを運ぶのが目的。
アクション要素が低いので(ゼロではない)ゆっくり考えながら進むことが出来る。
そのかわりプレイヤーの操作テクニックでなんとかすることがまずできない。セオリーを覚えないとバンバン死ぬ。運が悪ければ最初のステージで死ぬ。
そんなこんなで難度高めであるが宇宙ローグライクSLGというのは独特であり魅力的だと思う。
なお、公式では日本語サポート外。有志による日本語化は存在する。




ローグライク+リズムゲームという移植のコラボ。
曲のBPMに合わせてアクションする必要があるのが最大の特徴。
なんどかプレイすれば感覚はつかめると思う。BPMに合わせるのはそれほど難しくはない。
このゲームの最大の特徴はBGMかと。リズムゲームですし。
どのBGMもとにかくいい!ちょっとプレイして気に入ったらサントラも買うことをおすすめ。
ちなみに私のお気に入りBGMは4-3。




ローグライク+カードゲーム+アクション+TRPGとごった煮なゲーム。
それでいて各要素が上手い具合に絡んでいるおり、独特なプレイを楽しむことが出来る。
アクション部分はボス戦を除けばそれほど難しくはない。
ただし他のローグライクゲームに比べるとリプレイ性が低い気がする。
おそらくDLC購入しないとプレイ条件の選択が大きく増えないからかと。




メトロヴァニア系アクションのローグライクゲーム。
広大な城の内部にいる4体のボス+ラスボスを倒すのが目的。
最大の特徴はキャラクターの引継ぎシステム。
自キャラが死ぬと引継ぎ先を3人の候補から選ぶのだが、職業や特徴はランダム。
有利な職業・特徴を持っている場合もあるし、操作に支障をきたすレベルのキャラだったりもする。
遠くがぼやけて見える「近視」とか、視覚に変化が出るのはつらいねぇ・・・
とはいえ、職業や特徴とは別にアイテムや基礎能力のパワーアップがあるので序盤苦労したとしてもだんだん楽になってくるはず。





この中からどれが一番おすすめ?と言われるとちょっと難しい。
それぞれ違った切り口で楽しめるゲームなのでプレイヤーの好みに左右されそうな気がします。

個人的にはFTLが一番好み。この中では一番難しいと思うけどその分クリアした時は爽快。
でもプレイ時間を見るとThe Binding of Isaac: Rebirthがぶっちぎり。1回のプレイ時間が丁度いいんだと思う。
音楽ならCrypt of the NecroDancer。アレンジアルバムも一緒にどーぞ。
ゲームマスターとの会話を楽しみたければHand of Fate。TRPGとか、ゲームブックとかそんな感じ。
そこそこの難易度で比較的クリアがしやすいRogue Legacy。とっつきやすい。


カレンダー

<   2016年3月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ