学校であった恐い話 をプレイ:その3

学校であった怖い話をプレイ中。
前回は1週目完了です。

現状。

1話目 2話目 3話目 4話目 5話目 6話目 最終話
1週目 新堂 誠 荒井昭二 風間 望 細田友晴 岩下明美 福沢玲子 黒木先生
2週目 荒井昭二 風間 望 細田友晴 岩下明美 福沢玲子 新堂 誠 -
3週目 風間 望 細田友晴 岩下明美 福沢玲子 新堂 誠 荒井昭二 -
4週目 細田友晴 岩下明美 福沢玲子 新堂 誠 荒井昭二 風間 望 -
5週目 岩下明美 福沢玲子 新堂 誠 荒井昭二 風間 望 細田友晴 -
6週目 福沢玲子 新堂 誠 荒井昭二 風間 望 細田友晴 岩下明美 -


青の部分がプレイ済み。最終話は識別用に簡単な名前をつけておきました。
1週目の最後は、黒木先生が7人目を殺害してしまった話だったので単純に「黒木先生」。

今回は2週目のプレイです。
7話分一気にいきます。





2週目最初は荒井。
彼の話は地縛霊に関するもの。この学校のある場所には地縛霊がいるんだとか。
その場所は焼却炉。ということで焼却炉にまつわる話がスタート。

ダイエットに夢中な真由子という女生徒。ある日何もないところで転んで骨折してしまう。
それ以降彼女の身体は急激に老化したような変化を見せる。シミ・シワが増え髪の毛も抜け病院に入院。
ある日病院を抜けだして登校するが変わり果てた真由子の姿を見て同級生は驚く。
真由子はその同級生の髪の毛を皮ごとはいだ上に焼却炉に投げ込んでしまう。
おいおい。


学校であった恐い話

その後、その焼却炉はやけどする生徒が多発する危険な焼却炉となってしまった。



・・・この話でいう地縛霊は単純に焼却炉に投げ込まれた同級生、ってことでいいのかな?
それとも「何もないところで転んだ」時点で、真由子はそこにいた地縛霊の影響を受けてしまったのか?
この辺が若干不明。

冒頭の選択をもっとそれっぽい内容にすればもっと分かりやすい話だったのかもしれない。





2人目は風間。
とっておきの怖い話をしてくれるとのこと。
今度こそ期待できるのか?


学校であった恐い話


・・・。
あまりにもあんまりなのでもっと詳しい内容を話してもらうよう食い下がる。
「絶対後悔しないか?」と念押しされたので後悔しないから聞かせてくれと頼む。




学校であった恐い話


学校であった恐い話



・・・・・・。
結局「校長先生の銅像は、夜中ひとりでに動く」以上のことを彼から聞くことは出来なかった。
次の人の話を聞こう。



3人目は細田。
彼の話はもちろんトイレ関連。絶対にトイレに行かない男、「竹内さん」の話。
大はともかく、小という意味でもトイレにはいかないらしい。
実際にはトイレに行っている。ただ、それが立入禁止の旧校舎なので誰も気が付かなかった、というわけ。

ただ、何故旧校舎なのか。
彼が旧校舎の個室トイレから出てきたそこにいたのは・・・




学校であった恐い話

植物。というにはあまりにも形容しがたい物体。
明らかに顔がついてるじゃないですか。竹内さんは自分のクローンを作るために旧校舎のトイレでこの植物を育てていたらしい。
クローン完成の暁には片方は授業・片方は遊びなど、自分がもう一人増えた場合によくあるだろう楽しみ方を考えていた模様。

まぁそんなうまい話にはワナがあるわけでして、植物の本当の目的は人間を養分にすること。
最終的に竹内さんはその植物に取り込まれてしまったとのこと。




4人目。岩下。雨と傘に関する質問がされたのちに話がスタート。
立花ゆかりさん、という少々控えめな性格の女の子の話。
彼女には塚原君という好きな人がいた。ただ好きな人というより憧れの存在。遠くから見れればそれでよかった。
ただ・・・塚原君は見た目は良いがモテて当然、と考えているスケコマシ野郎である。

ある雨の日、傘を忘れた塚原君がゲタ箱の所で雨宿りをしていた。立花さんが自分の傘を差し出したのをきっかけに2人は付きあいはじめる。
しかし、自分はモテて当然と考える塚原君、1週間ほどで彼女に飽きてしまう。
立花さんは当初悩んだものも塚原君の心情の変化を受け入れる。
また元の、遠くから見れればそれでよい憧れの存在に戻った。

しかしチャンスは再度訪れる。雨宿りをする塚原君。それを見かけた立花さん。
2人が出会った時と同じシチュエーションが発生。立花さんは少し迷うも再度傘を差し出した。

塚原君は今までの非をなんとか取りつくろうといいわけをしつつ、キスをしようとする。
突然のことに驚く立花さん。キスを拒み、塚原君を突き飛ばした。
塚原くんも驚く。そしてキレる。暴言吐きつつ立花さんを蹴飛ばす。
彼女は雨の中、その場でいつまでも泣いていた。


何か昼メロっぽいなぁ。が、ここから一気に急展開。



梅雨時期なのでまたもや雨。
彼が「何故か」ロッカーに置いてあった青い傘をさして帰宅する途中、目の前に立花さんが現れた。

気まずいながらも一緒に帰る途中「キスをしてくれる?」という立花さんの問いかけに対しキスを拒否。すると・・・


学校であった恐い話


学校であった恐い話

立花さんの逆襲。
彼女は塚原君の唇を噛み切った。


学校であった恐い話

そして青い傘を口の中に思いっきりねじ込んだ・・・・



あー、このゲームの痛い話はダメ押ししてくるのがキツイ。
次に行こう。





5人目は福沢。
女子水泳部にある開かずのロッカーの話。

たぐいまれな水泳の素質を持ちながらも心臓麻痺を起こし水死してしまった瀬戸さん。
その後瀬戸さんが使っていたロッカーを使うと水泳中に突然誰かに足を引っ張られるらしい。
いつしか誰も瀬戸さんのロッカーを使わなくなり、開かずのロッカーと化した。

そんなロッカーがほんとに存在するのか、実際に確かめるという。



学校であった恐い話

女子水泳部の鍵をピッキングする福沢。「こういうの得意なんだ」と言われても。



学校であった恐い話

開けるロッカーを選択。最終的に「何か」は出てくるんだろうけど、いきなりの登場はご勘弁いただきたいところ。
最初の選択肢はないだろ、と「一番右」を選択。何もない。
「右から5番目」とかこんな中途半端なところにもないでしょ。

・・・・・・。







学校であった恐い話

でたー!!!!!
※ホラー感たっぷりの画像なのでモザイクかけました。あしからず。

ロッカーを素早く閉める。
福沢が「もう一度開けてみたい」というので、怖いもの見たさで開けることにする。
さて、どうなることやら・・・・ん、開かない。
2人がかりで開けようとしてようやく半開きになったところで内側から閉められた。
・・・・・なんかいるわ。

さすがにこれ以上開けようとはしない。「開かずのロッカー」の存在がほぼほぼ確かめられたところで話は終了。





6人目は新堂。
先に言ってしまうと彼の話は今回の最終話の前置きみたいなもの。
話は図書館にあるという呪われた本。当然見に行くことに。
彼が持ってきた薄汚れた本の表紙に手を置け、というが怪しいので拒否。
代わりに新堂が手を置く・・・・・そして本で殴られた。

「なんと、この本で殴られた奴が呪われるっていうやつでな」

と言われる。ひでぇ。
この話の前後を考えるとそもそもこれが呪いの本というのも本当かどうか疑わしい。

そして呪いから逃れるため、と称して新堂からの質問攻めにあう。
最後の質問の後、後頭部を殴られて気を失い最終話へ。






最終話。
気がつくとそこは新聞部の部室。手足を縄でテーブルにくくりつけられており動けない。
新聞部の先輩の日野がいる。他の語り部もいる。

そして日野がこの集まりの真の目的を話しだす。


学校であった恐い話

主人公(坂上)への復讐。それが目的。
そして毒を飲まされる。毒はカプセルでコーティングされており、溶け出すまで5時間はかかるという。
それまでに解毒剤を飲めば良い。解毒剤の入ったアンプルのうち1つは床に落ちて割れてしまったが、もう一本がこの学校のどこかにある。探すしか無い。


学校であった恐い話

アンプルの探索が始まった。残された時間は4時間。
現在11時なので夜中の3時までに探さなくてはいけない。

旧校舎が怪しいと見て旧校舎へ移動。旧校舎はこのゲームにおける象徴的存在だ。
しかし電気もない旧校舎、明かり無しで行くのはほぼ不可能だった。
明かりが必要。明かりは・・・・宿直室にあるとみた。夜間の見回りで懐中電灯の類を使うだろう。
宿直室に向かうも鍵が閉められていて入れない。中にいるだろう先生に声をかけても反応なし。
鍵が必要だ。


鍵は・・・やっぱ職員室だよね。職員室を調べて鍵を入手。その鍵を持って宿直室へ向かう。
宿直室を開けると先生は・・・殺されていた。新堂がナイフを手に襲いかかってきた。

選択肢は3つ。
ふところに飛び込むか、謝るか、逃げるか。


突飛もない行動をすることでこの場を切り抜けられるかもしれない。謝ってみよう。
誤り倒してアンプルの場所を聞き出そうとする。新堂は「家来になるなら考えてやってもいい」という。

家来になって油断させてなんとかするパターンだろこれ。
よし家来になろう。



学校であった恐い話

・・・・ゲームオーバー。最終話終了となってエンディングが流れる。

一応最終話を聞いた(?)ことになっているようだがいやこれダメだろ。死んでるし。
もう一度トライだ!




最終話2回目。

職員室から鍵を入手、宿直室で先ほどと違う選択肢を選んだところ新堂を捕まえることが出来た。
柱に縛り付けておく。明かりとなるだろう懐中電灯も見つかった。
この状態で旧校舎に向かうも、広すぎて探索出来ないとのこと。
んー。しらみつぶしに探すか。


美術室で風間の襲撃をかわして新堂と同じように捕縛。
この様子だと他のメンバー全員取っ捕まえる必要がありそうだ。
ひたすら校内の探索を続ける。



学校であった恐い話

トイレ。トイレといえば細田。きっとどこかのトイレにいるに違いない。
トイレを探そう。




・・・と考える人を逆手に取ったのか、トイレの探索対象はやたら多い。
トイレは1階から4階の4箇所、女子トイレと男子トイレ、そしてそれぞれに個室と相当な数の場所を調べる必要がある。
そして時間切れ。



学校であった恐い話

またしてもゲームオーバー。
一筋縄にはいかない。攻略サイトを見れば簡単だと思われるが極力ヒントは見ない方向で進めたい。
とりあえず今の段階ではこのまま2週目終了とし、3週目に進むことにする。

いずれかのタイミングで腰を据えてじっくりやります。




少し心残りながらも2週目終了。
この最終話を初見でクリアするのはほぼ無理でしょ・・・アイテムの場所とかしっかり記録しておかないとダメだ。
判断誤るとすぐゲームオーバーになってしまう。

2週目プレイの中で印象的だった話は文句なしに最終話。
次に挑戦した時はクリアするぞ!



その4 へつづく


カレンダー

<   2015年7月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ