ノーティ・ベア パニック・イン・パラダイス さっそくプレイ

ノーティ・ベア パニック・イン・パラダイス タイトル

ノーティ・ベア パニック・イン・パラダイス、プレイ開始しました。


現在までの感想は、


「普通に遊べるタイトルになってる! 前作とはなんだったんだろう・・・・・忘れたい」

という感じ。
前作での悪い点はほぼ直されました。
プレイにストレスを感じることもなく、くま惨殺を思う存分楽しめます。


ちなみにざっとゲーム内容を説明すると、仲間はずれにされたノーティが他のくまに復讐するゲーム。
ありとあらゆる残忍な方法を使いくまを「処刑」していく。

でも、出てくるキャラクターはみなぬいぐるみなんで血はでないよ!体から飛ぶのは全部綿だよ!

・・・・ジャンルとしてはクライムアクション、でいいんだろうか。



続編ではありますが、前作をプレイしている必要はないです。
ただ、基本スタイルや出てくるキャラクターが一緒なので覚えは早いかもしれません>前作プレイ



ざっと前作との変更点を。

  • マップが非常に広くなり、種類も増えた
  • 倍率がなくなった
  • 武器が増えた
  • コスチュームが増えた
  • 武器やコスチュームのアンロック方式が変わり、組み合わせも自由になった


茂みに隠れる、威嚇、サポタージュ、トラップをしかける、などは変わっていません。
作業的な感じ、バランスの悪い難易度などは改善されたといっていいと思います。

マップが広がって種類が増えたのが一番ですね。前作はマップ少なすぎました。
コスチュームと武器の好きな組み合わせが出来るようになったのも大きいです。
装備によって能力も変化します。
コスチュームが部位ごとに分かれているので、組み合わせはほぼ無限大です。
コスチューム・武器集めがリプレイ性を高めていると思います。


あと、ノーティは銃器を装備できなくなりましたが、前作でどうだったか忘れました・・・・
確か前作だとノーティも銃器装備できたはずなので、ここも変更点だと思います。



相変わらず「ぬいぐるみのくま」という設定なので血はでません。
綿が飛び散ります。
グラフィックの雰囲気も相変わらずカートゥーンな感じ。

フィニッシュシーンも相変わらず。増えてます。
なたで首飛ばしたり、キャンプファイヤーに放り込んだり、バットで撲殺したり・・・・
といってもあくまでぬいぐるみですよ!ぬいぐるみ!




ゲーム中、少し分かりづらい点について書いておきます。



  • 各ミッションクリアの目標



各ミッションクリアの目標は、全部で4つあるうち基本くまを処刑することだけです。
あとの3つはオプション。コイン一定以上あつめるとか、くまを指定回数トラップにハメるとかは達成出来なくてもクリアできます。
また、ここの目標はプレイごとに変わります。 組み合わせが難しければリトライして変更。

なお、くまの処刑は単純にぶっ殺せばよい、というものではありません。
それがOKなのは最初のミッションだけ。
それ以降は条件がついています。

例えば3番目のミッションの目標は、

Find a cool party costume and punish Goober in the wood.



訳すと、「かっこいいパーティ用コスチュームを手に入れて、茂みでGooberを処刑しろ」

この場合、適当なくまを捕まえて茂みに連れ込み、そいつのコスチュームを奪った上で(やり方は後述)、Gooberを捕まえて茂みで処刑する必要があります。

プレイ前、あるいはミッション選択時に目標の概要が出るので、理解してから挑みましょう。

なお、2番目のミッション(Puddingを始末)の条件は、マリオのパックンフラワーみたいな植物の前でObject KillすればOK。Puddingが食われます。
Object Killについては後述。



    • コスチューム強奪とObject Kill


敵のくまを捕まえ、そのまま茂みに連れ込むとコスチュームの強奪&処刑ができます。
強奪後はそのくまに変装したことになる(Disguised)ので、敵のくまから怪しまれることはありません。
ただ、強奪したコスチュームによっては変装とならないときもあるようです。

この強奪でコスチュームがアンロックされるため、珍しいコスチュームを見たら捕まえて茂みに連れ込みましょう。
・・・・なんか表現がいやらしいw。



Object Killは手持ちの武器ではなく、マップ上に配置された固定物を使っての敵くま処刑です。
バーベキューコンロでくまBBQ、電話機で殴打など。
前回でもありましたが、今回は数が増えてます。
上述のパックンフラワー似植物もその一つ。

ミッションクリアの目標として、特定のObject Killを要求するミッションが多いようです。



  • KillとInsanity



くまの始末方法は大きくわけて2つです。
手持ちの武器でぶっ殺すKillと、威嚇などで正気を失わせ、自殺させるInsanityです。

Killは、まぁ楽ですね。捕まえればいいので。
捕まえるときは背後から捕まえる必要があります。敵くまの視界は右下のレーダーを参照。
なみにくまによっては背後からでも捕まえられないのがいるようです。 忍者系のくまがそうでした。

問題はInsanityの方。普通に威嚇し続けてもInsanity状態にはなりません。
威嚇以外にもInsanity状態にする方法は多数あります。
殴られたり、オブジェクトが壊された音を聞いたり、他のくまの死体をみたり。
それらさまざまな「恐怖体験」が一定値を超えるとInsanity状態になるようです。

特にKillするところを見るのが一番のようで、複数の敵くまの前でKillするのがInsanity状態にてっとり早く持ち込めます。
Killシーンを見る+死体を見るのコンボは大きいです。
その他、細かく、いろいろなことをして敵のくまを怖がらせましょう。

また、コスチュームでも変わりますので、よりInsanityさせやすいコスチュームを選ぶのも手。




と、このへんをおさえておけばまぁまぁスムーズにゲームを進められると思います。







なお、タイトル画面に、

A good bear is a dead bear

「よいくまとは、死んだくまのことだ」
とかいう謎のメッセージが。
メッセージに従ってXを押します。すると・・・









A good bear is a dead bear


ズガーン!!!とショットガン発射。
このメッセージがPress Startより目立つのがまたw。




ロード中にも同じメッセージと意味深な画面が。

ロード画面


あー、もう何が起きるかだいたい予想付きますねぇ・・・



ここでXを押すと、

ロード画面

手に持ってたナイフを投げるっ!




ロード画面

そしてヒットぉ!

ロード中なんどでもナイフを投げられます。
よいくまとは、死んだくまのことさ・・・・・




ゲームプレイの雰囲気やも紹介したいですが、ちょっと長くなったので後日!


カレンダー

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ