1/35 イタリア自走砲 M40 セモベンテを作る:その5(完成)

M40 セモベンテ完成しました。
残作業は履帯取り付けと足回りのウェザリング。
前回懸念としていたサビ表現の加筆は行わないこととしました。失敗したときの修正が難しいのと、現状でも何とかアクセントにはなっていると思ったため。


履帯は部分連結です。
取り付けたあとに塗装するのは難しいと判断したのでランナーのまま基本塗装だけ済ませておきます。
塗装前に履帯の押しピン跡を修正しておきます。目立つ部分のみ修正して全部は行わない。
このとき作業効率を考えて一部のランナーは切り離す。


M40 セモベンテ

ジャーマングレーで塗ったあとにサッとニュートラルグレーを吹きました。
ムラになってる部分もありますがウェザリングの過程で分からなくなるでしょう。



ランナーから切り離して履帯を取り付けます。切り離した跡はもちろん処理しておきます。



M40 セモベンテ

こんな感じ。

続いてピグメントを使って足回りのウェザリングを行います。
北アフリカ戦線なので濃い色のピグメントは少量に押さえ代わりに薄い色のピグメントを多めに。
薄すぎても効果が分からないのでその辺は上手く調整。

作業中に履帯は何度も外れました。最終的には外したまま塗装して処理。


車体上面もピグメント使って若干ホコリっぽくします。
シルバーで金属感の表現もやっておきます。

最後にマフラーのサビ表現。というかやるのを忘れてた。
そのまま塗装するのは難しいと判断したのでいったん外す。
ルクスのときはサビ表現が明るすぎた感があったので暗くすることを意識しました。



その他気になる点を微調整し、アンテナを仮のものから本番用に取り替えて完成!





M40 セモベンテ

上記写真はクリックで大きくなります。以下同様。



M40 セモベンテ

反対側。



M40 セモベンテ

後ろ。



M40 セモベンテ

前。



M40 セモベンテ

真横。



今回最大の「敵」は天気でしたね。
8月後半あたりから天気の良くない日が多く思うように塗装が進みませんでした。本当はもっと早く終わる予定だったのですが。

また、履帯を取り付けたまま塗装するってのがどうも私には合わないようだ、ってことが分かりました。
その他外せるものは外したまま作業するのが私には合うみたいです。


カレンダー

<   2016年9月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ