ConsoleCam:画像や写真をレトロゲーム風にするiPhone用アプリ

ConsoleCam


ConsoleCam(iTunesが開きます)というiPhone用のアプリが期間限定無料となっているので使って見ましたが、なかなか面白かったです

アプリ自体は画像や写真を各種レトロゲーム風に加工するもの。
スーファミとかマスターシステムとかコモドール64とか。

ということで、手持ちの画像・写真でいろいろ加工してましたが、まーこれが楽しいのなんの。




ConsoleCam

例えばこのBioshock Infiniteのスクリーンショットを加工してみます。
これはゲーム序盤で見る巨大なカムストック像。




ConsoleCam

アプリを起動して写真を選択後、「っぽく」したいコンソール(ゲーム機/オールドPC)を選択。
言語は英語ですが、操作はなんとなく解ると思います。

今回はApple II風の画面にしてみましょう。
選択したコンソールによっては更にコンソールが持つ画面モードの選択になります。
Apple IIだと更に4種類。
その4種類の中からHigh Resolution(monitor)を選択しました。
※画面解像度280x192で同時発色6色。




加工後の画像は以下の通り。

ConsoleCam

おおお、非常に「それっぽい」です。
元の雰囲気は残しつつ、レトロな、いかにも当時のゲームのように加工されています。

加工は選択したコンソールや元の画像によって出来が結構左右されます。
特に元にする画像が重要ですね。
頑張ってもそれっぽくならないときは多々あります。
試したなかで比較的良好だったのはゲームのスクリーンショットでした。



続いて↓この画像を加工してみましょう。


ConsoleCam

The Elder Scrolls V: Skyrimからレイクビュー邸。


まずはメガドライブ風にしてみます。




ConsoleCam

こうなりました。
地面や、岩の表現が絶妙です。
メガドライブの洋ゲーでこんな感じの画面よくあったような気がします。





ConsoleCam

続いてゲームボーイ風。

・・・ゲームボーイ版Skyrimだよ!
4色という限られた色数ですが、元の画像の雰囲気は損なっていません。
個人的にはおすすめの加工ですね>ゲームボーイ風




実写も試してみます。

ConsoleCam

以前米国行った際に食べたハンバーガーの写真。
味やら量やら、「ザ・アメリカン!」という感じでした。良くも悪くもw。





ConsoleCam

スーファミ風。
多少ドット荒くなっていますが、あまり元の写真と変わらなかったです。
実写でスーファミ、ということで当時のサウンドノベルの背景のような雰囲気が、ある、かな?





ConsoleCam


バーチャルボーイ風。
飛び出してきそう!



尚、ファミコン風は選択できるのですが、どの画像試しても暗めで潰れ気味の画像になってしまい、しっくりくる加工になりませんでした。
もともとそういうものなのか、何か設定が悪いのかは不明。
とはいえ、ファミコン風に関しては「ファミ魂カメラ(iTunesが開きます)」という別のアプリがあるのでそちらでOKですね。



また、今回私が使ったのはセールで無料になっていたフル版ですが、無料版もあるようです。
無料版は機能限定ですが、そこそこ変化が大きいものが用意されているので、それなりに遊べると思います。
ゲームボーイ風は無料版に含まれてますよ!


カレンダー

<   2013年8月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ