DTM/DAW用PCのグラフィックカードを交換した

DTM/DAW用PCのグラフィックカードを交換しました。
理由はグラフィックカードの性能が各種プラグイン描画の足を引っ張っていると思われたため。

最近はEQにもアナライザーがついていたりしてプラグインも頻繁に描画します。
それをいくつも立ち上げてパラレルで見ていたりするとたまに描画が追いついていないのがいたりするんですよ。
ひどい時はそのままフリーズします。


発生している上記の問題がグラフィクカードに起因しているとは断定できていません。
ただし現在使用しているグラフィックカードはGeforce 210。チョイと昔のローエンドですね。
210用として提供されているドライバは342.01となっており、若干古いものです。
更新もこれ以上無いかもしれません。



ということで一番怪しい部分を・・・・ということでグラフィックボード交換に至ったわけです。
※前もそんな理由で交換している

買ってきたのは以下のグラフィックボード。


gt710


Geforce GT 710です。
ローエンドからローエンドの変更ですが、世代は大幅に変わっておりパワーアップが期待できます。
GPUのメモリも512MBから2GBに。
ドライバも比較的新しいのものが利用可能です。

Geforce GT 1030という選択肢もあったのですが、予算オーバー。
予算5000円で考えてましたので、10000円ほどする1030は対象外となりました。



交換による効果ですが、現象が頻繁に起きるわけではないのでしばらく様子をみてみることとします。
とりあえず今は安定してマス。このまま何も起きなきゃOK。

グラフィックカード(GPU)の利用状態を可視化ソフトなどで事前に確認しておけばよかったなぁ。
実は違う原因だったりして・・・・長年使っている電源とかむちゃくちゃ怪しい。
考えうる要因ひとつひとつ潰していくしか無いですね。


カレンダー

<   2017年5月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ