メモリーカードアダプター入手につきPS版リターン・トゥ・ゾークに再挑戦

少し前にPS版リターン・トゥ・ゾークをプレイしていました
あの時は最終バトル直前で先に進めなくなるという事象が発生。原因はPS3のPS1互換の問題と思われ。
解決方法としてGOG.comにて購入した英語DOS/V版をクリア、とかなりの変化球プレイでした。


そんなこともすっかり忘れていた先日、秋葉原で中古のメモリーカードアダプターを発見。
こいつがあればPS3とPS1/PS2間でセーブデータのやり取りが可能となります。
つまりPS3で諦めた最終バトルに再挑戦出来るということ。

箱なし本体のみで3500円とそれなりのお値段でしたが、ものは試しと購入しました。



メモリーカードアダプター

こちらがメモリーカードアダプター。
USBケーブルで接続します。

セーブデータの読み書きは至って簡単。
PS3にメモリーカードアダプターを接続すればメモリーカード管理から操作が可能。



リターン・トゥ・ゾーク

仮想メモリーカード内にあるリターン・トゥ・ゾークのデータをコピー。
リターン・トゥ・ゾークのセーブアイコンはゲーム中の会話アイコンなのだが・・・・不気味だこれ。

それでは実機でプレイしましょう。



本来はここでPS1を使うべきなのですが、すぐに準備出来なかったのでPS2でプレイします。
過去にPS3でNG加えてPS2のPS1互換でもNGだったソフトがあったので、リターン・トゥ・ゾークもダメかもしれません。

とりあえずやってみます。NGならばPS1を発掘しましょう。
さくっと起動してデータロード。さっさとシタデル城に向かいモーフィウスとご対面。
以前はここで最終バトルである「サバイバル」が開始されませんでした。

さて、今回はどうなるでしょうか。





リターン・トゥ・ゾーク

・・・・おお!サバイバルが開始されました!
モーフィウスも日本語で喋ります。
問題無くゲームを進めることが出来ます。


ということで以前クリアした時と同じ解法でサバイバルをクリア。
エンディングムービーが流れ始めました。もちろんムービー内容は変わりません。字幕も英語のまま。
そのかわり字幕の説明が日本語吹き替えとして流れます。

が・・・・相変わらず何言ってるか分からねぇ・・・・。
特にエンディングムービーの曲は音量が大きめなので余計に聴き取れません。
ほぼ何言っているかわからないままムービー終了。
確実に聞こえたのは最後のルーパーのセリフぐらい。そもそもそこはBGMがない。




最後にスコア表示。


リターン・トゥ・ゾーク

満点です。
これで当初プレイしていたPS版をクリアすることが出来ました。よかったよかった。

しかし、メモリーカードアダプターの本来の用途(実機セーブデータをPS3へ)とは逆の使い方になりましたなぁ。


カレンダー

<   2017年7月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

アーカイブ