Brutal Legend クリア

メタラー用ゲームのBrutal Legendさくっとクリアしてしまいましたので感想を。

購入時に述べたように単純にゲームとして見るといろいろと不満があるところもありますが、「Brutal Legend」というライブに参加したと考えればむちゃくちゃ燃えます、ハマれます。


もちろん私は後者の方。
ちなみに買ったのはXbox360版です。


良い点。

メタラー大喜びでお約束要素満載のゲームジャンル:メタルといってもいいくらい最初から最後までメタル三昧で楽しませてくれること。
これにつきます。

世界感、キャラ、ストーリー。ほんとメタルのジャケットで描かれているアレそのものです。
そしてBGMがやたら豪華。メタルゲーなのでBGMもメタルなのは当たり前としてラインナップが凄すぎです。

車で移動する際にBGMが流れますが収録されている曲の中から自分の好きなBGMを選べます。
例えばJudas PriestやBlack Sabbath、Megadethの曲をかけながらメタルワールドを爆走するわけですよ。これは楽しい。
収録されている曲は英語版Wikipediaの該当ページを見れば分かります。
DragonForceのThrough the Fire and Flamesが収録されているのはもはやお約束なのか。


多少の不満点はあってもメタル好きなら間違いなく楽しめるゲームです。




で、その不満点ですが、

  • 複数のゲームジャンルが混ざっており、システムの理解まで時間がかかる
  • プレイ時間が短い
  • サブミッションの種類が少ない


このゲームはGTAみたいなオープンフィールドなワールドで斧とギターで敵をぶち殺すバリバリアクションゲーム・・・・・と思いきや、メインストーリーの前半とラスト以外の戦闘はRTSチックな戦闘(StageBattle)となります。

かつ、主人公はヒーローユニットとしてその軍団の中にアクションゲームの要素を持ったまま混ざれるのでどのようにすれば思い通りに戦闘を進められるか理解するのに結構時間がかかりました。
もともとこのゲームの難易度は押さえ気味に作られているようで、適当にやっていてもStageBattleはクリアできます。

プレイ時間は6~7時間ぐらいでした。もうひと展開ぐらい欲しかったです。
最後はえ、これで終わり?あっさりだな~と思いました。

クリア後残ったサブミッションで遊べますが、そのサブミッションの種類はあまり多くありません。
というか3,4種類のミッションがワールドのあちこちに散らばってるだけ。RPGのかったるい経験値稼ぎみたいです。











・・・。





ま、細けぇことはどーでもいいんだよ!




とにかくメタラーは買えば楽しめます。不満点なんでどーでもいいです。
クリアはしましたがシステムやストーリー展開は分かったのでこれを踏まえたうえでもう一度プレイしなおしてもいい。より楽しめそうだ。

日本語ローカライズは・・・・して欲しいが・・・・・可能性低いと思われ。


ちなみにラスボスDoviculusの持つギターは左右ダブルネックのクアッドネックギター。
V字のダブルネックです。


カレンダー

<   2009年11月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ