バルログを倒すことが一つの壁だった:ストリートファイター2

不定期ゲーム昔話の時間です。

中学校のときぐらいですかね~スト2(ストリートファイター2)ブームがやってきたのは。
単体のゲームセンターは近くにありませんでしたが、街中心部のスーパー内ゲームコーナーがその地域では主なプレイ場所でした。


私の持ちキャラは春麗。
選んだ理由は当時愛読していたマイコンBASICマガジン(通称ベーマガ)で春麗が使いやすいと書かれていたから&具体的な攻略方法が書かれていたから。


攻略といってもいわゆる投げハメの仕方ですが・・・・
まだ対戦は流行っておらず、CPU戦で誰がまず最初の7人倒せるか、というほんと出た当初のお話です。



もっともそのゲームコーナーに筐体は2つしかなくて、筐体の端から端まで50円玉が並んでいることもしばしば。


といってもほとんどのプレイヤーは最初の7人倒せません。ボーナスステージ(車壊し)の後のブランカ、ガイル、ケンあたりにやられます。



さて、私の出番です。前述の通りCPU戦攻略は投げハメ。とにかくレバー入れっぱなし中パンチで固めて投げろとかかれてました。といっても全員にそれが通用するはずも無く、他の人と同様後半の誰かでやられます。
とりあえずブランカは早めに出て欲しかった。



そのうち最初の7人倒すプレイヤーが現れます。みんな画面に釘付けです。
四天王が出てきます。バイソンはみななんとなく倒せますw


が、バルログで散る。
バルログスピード最速だし、受けるダメージ大きし、金網登るし。
攻略パターンが確立されるまでは大体そこで皆終わりでした。
7人倒せるようになった私も同様。投げハメ効かないし。

ちなみに攻略に関する情報源は基本ベーマガ。ゲーメストはまだ知らなかった。



そのうちバルログ倒すプレイヤーが現れます。運の場合もあり実力の場合もあり。
次はサガット。サガットは皆それほど苦労して無かった覚えがあります。
タイガーショット読んで飛び込めばいいので。
唯一の注意はタイガーアッパーカットですが、きちんとかわす・防御すれば反撃チャンスです。


ということで最後のベガまで行きます。ギャラリーも大興奮です。







が、ダメ・・・っ!!



バルログのときと一緒で適度なスピードと特徴のあるジャンプからの攻撃・受けるダメージの大きさにあっけなく敗退です。
しかしそのうち何とか倒すプレイヤー現れます。
歓声があがります。エンディングです。どのキャラ使っていたかは忘れましたが私も早く自キャラ春麗のエンディングみたいなーと思いました。




さて、2,3ヶ月が経過してクリアできる人も多くなってきました。ゲームコーナーも拡大しました。
筐体の数も増えてプレイできる回数も増えました。
他のスーパーのゲームコーナーにもスト2が導入され、プレイヤーが分散しだしたので50円玉が並ぶこともなくなりました。



私はまだクリアできてなかったんですけどね。四天王のどこかで負ける。
あるときかなり惜しいとこまでいってベガに負けました。
基本コンティニューはしませんが、そのときに限ってはかなり悔しかったので泣きのコンティニュー。


もう一度ベガに挑戦。投げハメは投げ返される場合が多いも効くときもあるのでとにかく投げてみる。

開始直後はベガがジャンプする場合が多いので空中投げも狙う。

サイコクラッシャーアタックはバックジャンプしてレバー下+中キックで踏む。




泣きのコンティニューと執念のプレイが功を奏したか、なんとかベガが倒せました。
そして初めてみるエンディング。
コンティニューしたので1コインじゃないですが、「クリアした!ベガ倒した!」という感動はなんともいえない感動でした。



その後1コインクリアも何とか達成。


そうして続編スト2ダッシュの発売情報が流れ、対戦も流行りだして格ゲーにズブズブハマっていくのでした・・・




ちなみにスーファミ版スト2が出たときは親に頼みこんで買ってもらい、普段はプレイしないテクニカルなキャラを思う存分プレイ。ダルシムとか、ザンギエフとか。
休日一日使ってスクリューパイルドライバーの練習したのはいい思い出です。


カレンダー

<   2010年2月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ