私がSLGをおすすめするなら

以前私がFPSをおすすめするならこれ!という記事を書きましたが、今回SLG(シミュレーションゲーム)でいってみたいと思います。

ただ・・・「SLG」という定義は幅が広い。Wikipediaのシミュレーションゲームの項目によると:

ウォー・シミュレーションゲーム
経営・育成シミュレーションゲーム
ロールプレイングゲーム(RPG)
実機シミュレーションゲーム
リアルタイムストラテジー(RTS)


となってます。
この中のカテゴリから絞ろうかと思いましたが、意外とネタ無くなることが分かったので一緒くたで。
ただあまりプレイしてないカテゴリは抜きました。実際には


経営・育成シミュレーションゲーム
リアルタイムストラテジー(RTS)
ウォー・シミュレーションゲーム


から選びました。

選んだ条件としては以下の通り

  • 完全日本語版であること
  • 私がプレイしたことあるもの


今回PC版が中心です。
で、選んだものは以下の通り:

    • シムシティ4(箱庭系)
    • カンパニーオブヒーローズ(RTS)
    • シヴィライぜーション4(ターン制シミュレーション)
    • トータルウォーシリーズ(歴史シミュレーション+RTS)
    • (私がプレイしたのはショーグントータルウォーとメディーバルII:トータルウォー)

    • Paradox Interactiveの歴史シミュレーション
    • (私がプレイしたのはハーツオブアイアンII)


うーん、初心者向けかというとちょっとそうではないですね。ハイ。

シムシティ4。コストパフォーマンス高いです。
箱庭系王道・情報が多い・MODが多い。
ということで長く遊べると思ってます。
唯一の難点は割とスペックが必要ということです。低性能PCでは結構きついです。
あまりにも巨大な都市作るとロードできなくなります。
にしても都市設計シミュレーションの元祖として十分に楽しめます。



カンパニーオブヒーローズはシングルが充実しているRTSとしてチョイス。
日本語じゃなくてもOKならば前々からお話している通りワールドインコンフリクト一押しですが。
マルチはやったことないので評価不可能・・・・すいません。
今買うなら拡張パックもひとまとめとなったカンパニーオブヒーローズアンソロジーをどうぞ。



シヴィライぜーション4も長く遊べるソフトですね。
リアルタイム製のないターン制のエイジオブエンパイアみたいなもんです。
コンシューマではシヴィライゼーション レボリューションとしてコンシューマ用に多少改良されたものが発売されています。



トータルウォーシリーズ。
私がやったのは初代ショーグントータルウォーとメディーバルII:トータルウォー。
洋ゲー版信長の野望みたいなものだと思ってください。国取り型のシミュレーションです。
戦闘は3DでRTSとなります。カタパルトやトレビュシェットなどで豪快に壁を崩すのは爽快です。



そして最後にParadox Interactiveの歴史シミュレーション。
十字軍の時代(Crusader Kings)、フランス革命・ナポレオン戦争のころ(Europa Universalis)、第一次大戦付近(Victoria)、第二次大戦から冷戦(Hearts of Iron)と約1000年分・いづれかの時代を選んで楽しむことができます。
その時代に存在したほぼ全ての国家でありとあらゆることが出来るのですが、ルールを覚えるのがむちゃくちゃ大変。自分の思うようにプレイできるまで時間がかかるのが難点ですが、歴史シミュレーションとしては最高峰の部類の入ると思われます。






最後に超番外編としてSporeを紹介しておきます。
シムシティを作ったウィル・ライト氏のゲームです。
生命誕生~進化~文明誕生~世界統一~宇宙脱出とかなりスケールの大きなゲーム、なんですけど一つ一つのフェイズが結構あっさりで、結局最後の宇宙フェイズで星取り合戦のゲームとなります。
わるくはないと思うんですが、長く遊べるゲームかというとなんともいえません。

あともう1つ!あつまれピニャータ!箱庭ゲームとしてかなりいい出来ですよ!



[2012/5/15]追加の記事を書きました。以下からどーぞ。
続・私がSLGをおすすめするなら


カレンダー

<   2010年4月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ