Carmageddon: Reincarnation パブリックベータリリース!

Carmageddon: Reincarnation

よりによってバレンタインデーにリリースされたCarmageddon: Reincarnationのパブリックベータ。
早速プレイしてみましたが、ほとんど製品版といってもよい完成度です。




Carmageddon: Reincarnation

画面からPre-Alpha(プレアルファ)の文字が消え、Betaが表示されるようになりました。




私が気づいた範囲で、プレアルファとの違いは以下の通り。

  • Career modeの追加

いわゆるシングルプレイモード。
一度に3レースづつプレイが出来、3レースの合計スコアが一定を超えていれば次がアンロックされる

Carmageddon: Reincarnation

なお、3レース終わっていなくてもスコアが超えていればアンロックは可能。



  • Multiplayerへの対応

いわゆる対戦モードですね。



  • ゲームモードの追加

今までは単純にライバルカーをぶっ壊せばOKでしたが、今回はゲームモードによってレースクリアの条件が変わります。
以下抜粋。

  1. Classic Carma
    「ライバルカーを全部ぶっ壊す」「通行人を全員殺す」「普通にレースを完走する」のいづれかを実行する。要は従来どおりのモード。
    普通に考えればライバルカー破壊が一番早い。

  2. Checkpoint Stampede
    ランダムにマップ上に現れるチェックポイントを通過すれば1ポイント。全部で10ポイント取得する。
    ライバルカーをぶっ壊せばそのライバルカーのポイントを奪い取ることが出来る。自分が壊されるとポイントは奪われる。
    チェックポイント通過を狙いながらも、場合によってはライバルカーからの強奪を狙うのがよいかと。

  3. Death Race
    全てのチェックポイントを通過して決められたラップ数を走破するいわゆる普通のレースモード。
    ライバルカー破壊でラップ数を奪える模様。普通にレースとしてプレイしてしまったので気づかなかった。

  4. Ped Chase
    ランダムに選択された特定の通行人を殺せば1ポイント。全部で10ポイント取得する。
    Checkpoint Stampedeと同じようにポイントの強奪が存在で、攻略も同等。

  5. Car Crusher
    ライバルカーを特定回数破壊する。FPSにおけるデスマッチモードに近い。


まだプレイしていないのですが「Fox 'n' Hounds」というモードもあるようです。
Fox 'n' Houndsプレイしました。レース中1台がFox(狐)となり、一定時間逃げ切れば勝ち。
Hounds(猟犬)ならFoxのライバルカーに体当たりすることでFoxになれます。逆鬼ごっこですね。

それぞれのゲームモードの初回プレイ時には説明もあるので、そちらもどーぞ。



  • アイテム種類の増加

対通行人、対ライバルカーともに増えてます。使い勝手も比較的よい。
Anvil Lancher(鉄床発射装置)が見た目にも威力にもいい感じ。
元ネタはMinecraftかアメリカの鉄床飛ばし大会か。



  • ゲーム開始前のロード時間が短縮された

個人的には半分ぐらいになったと思います。というかプレアルファの時は長すぎた。



  • その他もろもろ

AchievementsとかLeaderboardsとか。グラフィックオプションも増えた。
レベルも増えていると思われる。マップは変わっていないかな?
BGMも増えました。





一番気になるだろうCareer modeについてもちょこっとお話ししておきます。

最初のマップは初代CarmageddonのBleak City。
ゲームモードはClassic Carmaなので、ライバルカーぶっ壊せばOKです。
通行人全滅は狭いマップもあるのでそちらで実行するのをおすすめします。
普通にレースをするのは・・・・DeathRaceモードでも出来るので・・・


初っ端に一台ぶっ潰してスコアに余裕をもたせるのが私のCarmageddonプレイにおける定石。
最初のカーブでライバルカーが一斉に減速して密集状態になるので、そこにフルスピードで突っ込んで破壊を狙います。
たまに狙いが外れて自爆する場合もありますが。というかスクリーンショット取ってた時は自爆しました。



Carmageddon: Reincarnation

初代プレイした方はご存知と思いますが、このマップにはフットボール場があります。
比較的狭いエリア内に通行人(というか選手)が密集しているボーナスステージ的エリア。
もうここは行くしかないでしょ。



Carmageddon: Reincarnation

初代とは比べ物にならないほど美しくなったフットボール場、と選手。
このスクリーンショットだと選手ほとんど見えないですけど。
初代はマップが3Dでキャラは2DのDoomみたいな表示でした。フルポリゴンになったのは2から。


このあとはみなさんご想像の通り。




Carmageddon: Reincarnation

うむ。
いつものCarmageddonである。




その後適当に暴れてスコア&アイテム稼ぎ。
自車のパワーアップに使う特別なトークンが落ちていることもあります。金色に光っているのですぐ分かるかと。
最初のマップでは出てこなくて、ゲームを進めると出てきたような気がします>パワーアップトークン

十分に満足したら体当たりおよびアイテムによる攻撃でライバルカーの破壊。
ライバルカーとは別にパトカーが出てくる場合もあります。
パトカーは他のライバルカーと比べて耐久力高めのような気がします。なかなか破壊できませんでした。



ライバルカー全滅で無事クリア。
クリア後はスコアの変化と通行人数がグラフにて表示されます。

Carmageddon: Reincarnation

そして次のレースへと続く。

Career modeは3レースが1セット。スコアが一定を超えていないと次がアンロックされないのは上述の通り。
レースクリア時にボーナススコアが加算されますがさくさく進めてしまうと思ったよりスコアが伸びません。
ので通行人殺害等でそれなりにスコアを稼いでおく必要があると思われます。
クリアしたレースでもトークン集めのためにもう一度プレイ、とかが必要かもしれません。




Early Access 版のゲームを購入することの楽しみの一つはゲームが出来ていく様子を体験することが出来る、というのをどこかで見たのですがまさにそれを感じていると思います。
今後製品版に向けて更なるブラッシュアップがされるでしょうね。
プレイ中落ちたり、急にモッサリしたりするのがたま〜に発生します。


カレンダー

<   2015年2月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
contents by leSYN情報発信所EXTRA 作成した曲等はこちらから

カテゴリ

アーカイブ